beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向市塩見地区の時代変化

佐藤忠郎著「郷土の地名雑録」には出版時(1985年)までに撮影された日向市周辺の写真があるので、それと現在の様子と見比べることが出来る。

まずは身近な大字塩見、奥野と小原(コバル)の二箇所を紹介したい。

本の80頁に日向地誌の情報として、明治初年に奥野の戸数70余り、小原15戸とある。

小原は奥野区に含まれているが、1985年の奥野区の総戸数は165とあった。ここでは100年あまりで戸数は倍増していたことになる。

現在、小原の戸数は多分20くらい(同じ敷地に複数世代の家が別々にある)で、奥野はよくわからないが、日向市の人口統計では奥野区として小原を含んで285世帯、721人となっている。

今年9月1日時点で、住民基本台帳の統計として、日向市全体は27,475 世帯 64,602 人。 1985年当時の日向市の人口は59,163人であったが、これは東郷町との合併の前年に58,666人となっていた。

本の80頁に掲載された「塩見奥野」という写真と現在を見比べてみよう。
e0094349_14565517.jpg

e0094349_14313612.jpg

奥野の中心部を東西に走る道路が曲がる場所であるが、左手にあった酒屋さんが現在は温熱療法の施設となっている。道路の先のほうにある倉庫は現在でも昔と変っていないように見える。右手に建設業者があるのが現在を象徴させているが、その先行きはどうなるであろうか。

次に6頁にあった「塩見小原の集落」の写真であるが、このキャプションとして「畑から土器片が出土する」と書いてある。全国遺跡地図 45 宮崎県、の中に「小原遺跡」と書いてあるが、これであろう。集落のどこかに教育委員会による遺跡表示の杭があったような気がする。(見つけたので写真を追加、10月3日)
e0094349_82354.jpg

土器片の散布地だったらしいが、耕地で現れたものは耕運機で粉々にされたらしい。
e0094349_14572684.jpg

e0094349_1438462.jpg

撮影アングルが一致していないので良くわからないが、あまり大きな変化は認められない。農地、特に水田は1980年頃までに圃場整備が終わっていたはずである。小原の集落に専業農家は少なく、日向市の中心部に車で15分の位置にあるので、街に出て働いている世帯が多いようである。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-02 14:52 | 日記
<< 金ヶ浜の砂鉄 郷土の地名雑録 >>