beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

塩見川の氾濫

日向市の塩見川には小倉ヶ浜の河口から海水が潮汐の満ち干に応じて出入りしています。

宮崎県の雨量と河川水位の情報は下のURLのサイト内にあります。
http://kasen.pref.miyazaki.jp/mobile/index.html
塩見川のデータは1時間ごとに出ていますので、氾濫の危険が迫る前に状況を把握できます。

縁開橋 塩見川 日向市 塩見
--------------------------------------------------------------------------------
データの色替え表示は警報基準値を超過している事を表します。
水防団待機:黄色 2.10m
はん濫注意:橙色 2.70m
避難判断:ピンク色 3.10m
はん濫危険:赤色 3.30m
--------------------------------------------------------------------------------
10/07 10:40 更新  現在水位
↓ 1.90m
--------------------------------------------------------------------------------
10:00 2.02
09:00 2.13
08:00 2.16
07:00 1.96
06:00 1.50
05:00 1.24

午前中に水防団待機水位をわずかに超えましたが、これは満潮の時間帯でした。
その後、潮が引いて水位は下がっています(下向き矢印)。
午後の最干潮時間までは下がる傾向が続くと思われます。

しかし、雨量はこれから増えそうなので、夕方の満潮に台風が接近し、低気圧による海面上昇と東から岸に向けて吹く強風による「寄せ」で日向市の沿岸水位はドンドン上昇し、これからの雨量によっては塩見川の氾濫が起こるでしょう。

雨量情報
--------------------------------------------------------------------------------
日向気象 日向市 塩見
10/07 10:50 更新
現在雨量
時間 7mm
累計 43mm

市役所の防災担当者が、こういった状況判断が出来るような基礎知識を持っていて、単純なマニュアル式の受身でなく、的確に状況を判断した上、必要が起これば避難勧告などの対応がとれることを祈っています。

細島の験潮所で記録されている海水面の変化は下のURLにあります。
http://www.jma.go.jp/jp/choi/graph.html?areaCode=215&pointCode=198705
最新の画像をダウンロードしてみました。
e0094349_1110374.jpg

データを見ると、潮位偏差(天文潮位との差)が高い方に数十センチとなっています。つまり、平年よりも高い水位がベースになって潮位が変動しています。
(天文潮位:過去に観測された潮位データの解析をもとにして計算した潮位の予測値)

験潮所は波が静かな湾内にありますので、実際に起こる高潮のピークを控えめに記録します。

細島港内の験潮所で記録された過去最高の高潮は1954年12号台風、9月13日18:39とされています。

台風のアーカイブを見たら、12号は鹿児島南部に上陸し九州の中央部を真っ直ぐ北向きに縦断したコースを取っていました。9月13日の夕方の高潮は台風が日向の西を抜け関門海峡から日本海に抜け出た頃でした。その位置に台風の中心があれば風は東南東から(沖から湾口に向けて吹いていた)はずです。
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/195412.html.ja
過去の潮汐グラフが描ける「高精度計算サイト」でグラフを出してみたら、満潮時間に一致していました。
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi
e0094349_11435223.jpg


小倉ヶ浜と塩見川の河口近くで平年より水位がかなり高い状態が続いています。そこに台風の高潮が重なるので、十分に注意することです。これは宮崎県南部でも同様で、平野部の河口周辺で氾濫が起こる可能性が高まっています。

追記  7日20時30分

18号台風は宮崎県をかすめて東に去りつつあるようです。日向市は強風圏から外れたままでした。海岸に高潮の影響はあるでしょうが、陸上で風雨の影響は軽微で済んだと思われます。豪雨にならなかったので満潮時に塩見川では氾濫水位まで上昇しなかったのは幸いでした。

台風の中心が東側にある時は、西側にある時に比べて、その影響が弱いのが普通です。大型で強い台風でしたが、今回のコースは宮崎県にとって運よく東側であって、暴風はほとんど影響なしでしょう。風が終始北寄りで、海岸平地は九州山地によって風の陰となったようです。この場合、大雨になりません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-07 11:16 | 日記
<< 空振りが二発 ジャスミン台風 >>