beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜の平岩港

小倉ヶ浜の最南部の岩礁部に平岩港があり、そこから消波ブロックが沖に向かって伸びています。

この港が漁港ではないことに気がついたのは最近のことです。しかし、岸壁に係留されている船はすべて漁船のように見えます。港の位置から見て砂が航路から港内に流れ込むことは避けられないようです。

地域再生計画というタイトルで平岩港の防砂堤の建設を国庫補助するという情報がありました。

地域に密着した港づくり(港整備交付金、農林水産省関係  平成17年度∼21年度(5ヶ年)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiikisaisei/dai3nintei/302toke.pdf

平岩港の堤防建設の理由が述べられています。

平岩港は、小倉ケ浜南端に位置しており、小型漁船の基地として利用されているほか、隣接する小倉ケ浜を中心としたこの一帯は、海水浴・磯遊び・サーフィンなどの海洋性レクリエーションが盛んであり、若者を中心として賑わっている。また、小倉ケ浜は、全国的に有名な「ハマグリ碁石」の材料であるチョウセンハマグリの産地でもある。漁船は3トンクラスの小型船を中心に現在35隻係留されているが、台風等の荒天時には隣接する小倉ケ浜海岸からの砂が港内へ堆砂し、埋塞して航行が出来なくなるため、近隣の重要港湾である細島港への避難を余儀なくされている。

(目標2)平岩港の防砂堤の整備により泊地浚渫コストの縮減を図る。(年間浚渫量12,000m3→約4,000m3)

浚渫費用の具体的な数字を探しましたが出てきません(1立方メートルあたりの単価がわかれば計算できるでしょう)。

建設ネットで出されていた下の落札情報はこれに関すると思われます。

北部港湾事務所 平成19年度港交付金第9-51-1号 防波堤工事 平岩港平岩地区
入札日 2007年9月13日 予定価格 11,228,572円
落札業者 宮前建設  落札回数 1 回落 落札金額 10,600千円【落札率:94.4%】

さて、この建設費用(多分、これは一部だけ)に見合った浚渫コストの「縮減」は達成されるのでしょうか。文書ではこの重要なところでシランプリですね。

35隻の小型漁船が係留されているという記述がひっかかリます。今年の3月に港内で海水を汲んだときに撮影した写真を見てください。この数字は2~3倍のサバを読んでいるのでしょう。
e0094349_20452862.jpg


小倉ヶ浜は遠浅海岸であって、港に砂が流れ込まないようにするためには防波堤(防砂堤?)をドンドン沖に向かって延長させることになりそうです。そして堤防のおかげで波が静穏になる部分に砂が溜まり、それが広がって、堤防のさらなる「延長」をもたらすことになるかもしれません。さらに、強い台風が来れば、この防波堤が壊れ、その災害復旧事業が見込めます。つまり、土木建設業者の仕事は終わりがなく、地域の基盤産業である「土建化」に大きく貢献すると思われます。

今朝の小倉ヶ浜南部ではサーフィン大会を控えているらしく、旗が並んでいました。
e0094349_19561839.jpg
e0094349_19563395.jpg

平岩港の方で浚渫砂を積み上げたらしい場所にまだ重機がありました。
e0094349_1956498.jpg

かなりの数、弱ったチョウセンハマグリが打ち上げられています。
e0094349_19582749.jpg
e0094349_19583913.jpg

最近、二枚貝の天敵であるツメタガイ(ホソヤツメタ)の卵塊(砂茶碗)の打ち上げも増えています。
e0094349_19595015.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-11 20:00 | 海岸
<< 干潮の朝、GIビーチにて ゲンノショウコ >>