beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

木製ガードレール

今朝の散歩道は自宅前の広域基幹林道、塩見谷・土々呂内線につながっている未舗装で未完成の「ふるさと林道」小原・永田線です。

最近、この道の草刈がなされ、歩きやすくなりました。永田は小原から山越えして国道327号線に出たあたりの集落であって、この林道が完成していれば、自宅から国道に出る近道となったはずです。幹線林道も同様に草刈されて、草で道幅が半分になっていた状態から、小型車がすれ違う広さになりました。これらの草刈は失業対策事業だったようです。

宮崎県及び県内の市町村では、現下の雇用失業情勢に対応するため、「ふるさと雇用再生特別基金」及び「緊急雇用創出事業臨時特例基金」を活用し、地域における継続的な雇用機会を創出する事業や、離職を余儀なくされた方に対する短期の雇用・就業機会を創出・提供する事業を行っています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/shoko/rodo/chiiki_koyo/page00167.html
平成21年度市町村緊急雇用創出事業特例基金事業一覧から:
日向市 林道及び市有林等美化整備事業
市内全域の林道の除草・ゴミ収集等を行うとともに、市有林の防護柵の維持補修・鳥獣被害の防止・周辺の草刈や下払いを行い、健全な育林を進め森林資源保全を行う。3,900(千円) 3(人)

この林道には木製のガードレールが要所要所にあります。
e0094349_12271998.jpg

この林道は奥野の集落付近で途切れたままです。地主がごねたかどうだかで建設途中で中止され、そのまま10年以上放置されています。

木製ガードレールはひむか神話街道の林道などにも施工されていますが、日向市内の林道:仏川内線で第1号の延長80mが建設されたようです。それに続いて小原・永田線で1994-1998年にかけて、のべ629 m建設されたという実績が記録されています。
e0094349_12273086.jpg
e0094349_122737100.jpg

途中に作業道の分岐があって、沢に沿って山中に登って行けます。
e0094349_12274427.jpg
e0094349_12275135.jpg

小原側の始点から中断された終点まで約400mです。この終点は谷間になっています。林道を延長するならば、橋を架けるか、谷間をカーブさせて周辺を削り取ることになりそうです。
e0094349_12275952.jpg

永田側でも同じようなガードレールを見ることが出来ます。

未完成の林道に放置された木製ガードレールからは使用された木材の腐食、耐久試験のデータが取れそうです。木材(間伐材の杉ではなくて松が使われている?)が腐っても、新しい丸太に取替えできるというのが売りです。また、金属のガードレールよりも森林の背景になじむと主張されています。

宮崎県に設置された木製防護柵の評価  その3  約10年間使用したビームの静的曲げ強度 2006 日本木材学会大会研究発表要旨集 加藤英雄 (森林総合研)、長尾博文 (森林総合研)、井道裕史 (森林総合研)、軽部正彦 (森林総合研)、原田真樹 (森林総合研)、金丸和生 (和光コンクリート)、張日紅 (和光コンクリート) :宮崎県日向市の林道仏川内線(1994年施工)の木製防護柵ビームに関するレポート

この仏川内林道の木製ガードレールをそのうち見に行くつもりです。 

木製ガードレール ウッドGr(日本木製防護柵協会)の施行実績 1994-1998
http://www.wood-gr.jp/index.html

平成06年  木製防護柵設置工事 発注者:日向市役所農林水産課
林道仏川内線 和光コンクリート工業 C2土中 80m

平成06年 木製防護柵設置工事 発注者:日向市役所農林水産課
ふるさと林道 小原~永田線 内山建設 C2コン中 54 +172 m
平成07年
ふるさと林道 小原~永田線 河野建設 橋梁用 18
ふるさと林道 小原~永田線 河野建設 C2土中 28
平成08年
ふるさと林道 小原~永田線 河野建設 C2土中 85
ふるさと林道 小原~永田線 内山建設 C2土中 44
ふるさと林道 小原~永田線 内山建設 C2コン中 84
平成09年 ふるさと林道 永田~小原線 黒高組 C2コン中 44
平成10年 林道永田~小原線1工区 内山建設 C2コン中 100

和光コンクリート工業の製品案内の頁
http://www.wakocon.co.jp/products/woodgr/index.html
http://www.doboku-kenzai.com/d/iae/iae_index.html

<日本で最初に木製ガードレールを開発したのは宮崎県日向市の和光コンクリート(金丸和生社長)。金丸社長の父、和光会長(68)の生家は林業。安い外材に押されて郷里の山が荒れるのを見て心を痛め、間伐材のガードレールへの利用を思いついた。
  98年、国交省の「防護柵設置基準」が改正され、それまで「鋼材」と限定されていた材料の規定がなくなったのを機に、本格的に開発に取り組んだ。>

特許庁長官表彰受賞

 木製ガードレールが防護柵設置基準に適合したという情報は全国に広がり、問い合わせが相次いだ。地場の林業振興に役立ててほしいという開発当初の目的から各地域の会社に特許実施権を付与し、生産を委託する形で木製ガードレールの普及を図ることにした。現在では日本木製防護柵協会(事務局:和光コンクリート工業)を設立し、北は東北から南は沖縄まで約30社が加盟している。
 同社ではこの木製ガードレールのほか、環境型護岸用ブロックなども開発し、全国60社以上に特許実施権を付与している。こうした特許実施権を積極的に付与し、知的財産を有効活用する姿勢が評価され、特許庁から2004年度知財功労賞の特許庁長官表彰を受賞した。
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/renkei/renkei_h17/company/072.html

特許庁長官の表彰にもかかわらず、下のURLではこの会社の特許(発明)が認められず、不服審判を求めて敗訴した判例があります。裁判所の文書は「本当に、マジ」難解です。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20071005103227.pdf
tokkyo.hanrei.jp/hanrei/pt/7345.html
種別 拒絶査定不服の審決 審判請求日 2005-06-09  確定日 2007-10-16
事件の表示 特願2002-39009「木製防護柵」拒絶査定不服審判事件〔平成14年11月8日出願公開、特開2002-322622〕について、次のとおり審決する。
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由
第1.手続きの経緯・本願発明
本願は、平成14年2月15日の出願(国内優先 平成13年2月21日)であって、平成17年4月21日付で拒絶査定がなされ、これに対し、同年6月9日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものである
  (中略)
第4.むすび 
以上、本願発明は、刊行物1発明及び刊行物2記載の技術から当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものである。
よって、他の請求項に係る発明について検討するまでもなく、本願は、拒絶されるべきものであるので、結論のとおり審決する。

平成15年までの木製ガードレールの施行実績記録は全国各地にありますが、その後のデータが見当たらないのはなぜか、不思議に思っています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-14 12:39 | 日記
<< コブハクチョウのその後 白鳥がやってきた >>