beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

仏川内の浮石探し

家の脇を流れている奥野川(塩見川の支流)の向こう岸には林道、仏川内(ホトガウチ)線が走っていて、この舗装林道で山を越えると、山口そして本谷の集落に出ます。
e0094349_8335764.jpg

15年前に木製ガードレールとして日本で最初に設置されたのが、この林道とそれに続く小原・永田線だったようです。昨日の浮石探しのついでに、全線を走って見て確認しましたが、木製ガードレールは奥野河川プール脇にあるものだけでした。歩測してみたら約80mで、施工記録と合っていました。

平成06年  木製防護柵設置工事 発注者:日向市役所農林水産課
林道仏川内線 和光コンクリート工業 C2土中 80m

河川プールの所の小原橋(市道)の横が林道の始まりのようですが、ここに林道標識はなく、上流での産業廃棄物反対の看板があるだけです。(林道脇は家庭からの粗大ゴミの捨て場に利用されています)
e0094349_8381498.jpg

ガードレールは一部、約10mが欠損していますが、失われた支柱も含めて修復されていません。
e0094349_8401170.jpg

また、川に下りられるところに人が通れるような切断部があります。設置後に切断されたようです。
e0094349_8422280.jpg

壊れた部分を見ると、コンクリート支柱の構造がわかります。
e0094349_8405852.jpg

重たい丸太を上下2本支えるのでがっちりしています。丸太はボルト止めで、木が腐ったら簡単に取り替えることができるはずです。ただし、丸太の太さと長さは設計規格に合っていないといけないようで、間伐材の利用という掛け声に整合していないようです。おそらく、国土交通省のガードレール規格を決めている(何とか協会という天下り機関)の「お仕事」つくりで、きめ細かな規制をかけるため、林道のような、もともと必要がほとんどない場所で、低コストで実効的なガードレールをつくることができないのでしょう。

80mの終点から先は、金属製のガードレールが下が崖になった場所にあります。
e0094349_852137.jpg

木製ガードレールが一時的に流行っただけに終わったようなのは、意味の無い規制(大型車が衝突しても跳ね返す能力を持たせる)を特に必要のない状況に当てはめ、建設コストが増大しているためかも知れません。

仏川内には昔は集落があり、今でも墓地だけ残っているそうですが、そこまでの通路が藪になっているので行って見ていません。林道に案内看板があります。
e0094349_8571341.jpg

山の上に「浮石」というモニュメントのような物がある、という話が佐藤忠郎著「郷土の地名雑録」にありました。
e0094349_9221154.jpg

その手がかりを探していたら林道の支線の入り口に小さな目立たない方向指示の案内を見つけました。
e0094349_8591826.jpg

1.5キロ先、ということで、未舗装作業用道路を登ってみました。1km先の峰の上に送電線の鉄塔があり、そこまでは何とか(ガレ場で車体の腹を数回こすりながら)走行できました。残り500mは、自分の車では無理と判断し、方向転換できる場所に止め、歩いて探索を続けました。しかし、その先は枝道が複雑になっていて、案内標識も無く、峰の上は鉄塔しか見つからないで、結局浮石のありかはわからずじまいでした。

峰の上から日向市方面が遠望できましたので、写真はやや不鮮明ですが紹介します。まず、細島港と小倉ヶ浜の方面です。
e0094349_965899.jpg
e0094349_97861.jpg

日向市の市街地もみえましたが、その手前の麓で高速道路の谷を渡る橋や山の斜面を削りとった場所などが見えました。
e0094349_991844.jpg
e0094349_992711.jpg

山の斜面を大きく削り取った広場が見えましたが、これは何のためでしょう。
廃棄物処理と関係あるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-16 09:11 | 日記
<< 大正時代の地図 コブハクチョウのその後 >>