beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サルナシの収穫と紅葉

雲一つ無い秋晴れの中、サルナシとウラジロマタタビの実を採取するべく、南郷から椎葉、日之影を回ってきました。同行して、おサルさんのように木に登って頑張ってくれたのは、ご近所の黒田さんでした。

樫葉から大河内に向かう度川・大藪林道は舗装工事が終わって、ダート部分はなくなっていました。その道沿いのサルナシの巨大なオス株をながめているのが黒田さんですが、さすがにこれには登れません。
e0094349_835515.jpg

結果的に、サルナシ、特にウラジロマタタビの実を採集するベストのタイミングは逃し、低地(標高200m台)の日之影の株は過熟状態で、地面に沢山落ちていました(実が大きく、鈴なりだったもので、期待していました)。ウラジロマタタビの収穫は数週間前にするべきでした。

それでも、樫葉と大河内の標高1000m前後のサルナシは、まさに完熟で、枝から採って食べてみたら甘くて適度な酸味があり、味覚は上々です。

写真は左の大きい実が日之影のもの、右が大河内のものです。
e0094349_833596.jpg

どちらもウラジロマタタビで、植物分類ではサルナシの亜種または変種とされていますが、ウラジロマタタビは2倍性でサルナシが4倍性という染色体数から見て、原種は南日本に分布するウラジロマタタビであって、北日本に分布域を広げたサルナシはそれから派生したものと考えた方がよさそうです。

樫葉オートキャンプ場に立ち寄ってみましたが、前の訪問の後に草刈がされ、管理棟前のススキが消えていました。前のブログで紹介した古い新聞などは消えていましたので、行政によって完全に無視・放置されているわけでなく、誰かが様子を見ているかもしれません。しかし、槙鼻峠で案内表示が道路脇に倒れたまま苔むしている姿が哀れです。
e0094349_843071.jpg

樫葉オートキャンプ場の施設は電気は止められていて使えませんが、水道は生きていますので、立派な炊事棟とトイレは使えます。炊事棟の調理台はベッドになる、と黒田さんが半分冗談を言っていました。また、大工さんとして、施設の建物を見て、税金がたっぷり使われていることを証言してくれました。

樫葉から大河内にかけて、三方山の周辺の自然林はすばらしい紅葉の最中です。黒田さんは美味しいサルナシの実をとって食べてから、紅葉を楽しみ、とてもご満悦でした。
e0094349_8485740.jpg
e0094349_849417.jpg

人工林の伐採後に放置された山腹で白いススキの穂が一面に見られた景観は皮肉にも美しいものでした。
e0094349_8542192.jpg

これで視界の中に荒れた伐採地や杉畠、そしてがけ崩れが見えなければ最高の景観となります。また南郷の神門から樫葉・大河内へのアクセス林道のボコボコ状態を修復すれば、一般車での観光ドライブも容易になります。日向市の市街地から車で1時間半程度で到達できる場所です。
e0094349_8574850.jpg

九州大学の演習林がある三方山の登山、樫葉の巨樹と滝、紅葉の鑑賞など、自然に触れて楽しめる所に立地したオートキャンプ場が見捨てられている状況はどうにかできないものか、と思われてなりません。渓流釣りがホビーの黒田さんはこの周辺一帯で釣り歩きを経験していますが、演習林の周りは禁漁です。

樫葉オートキャンプ場の利用には、樫葉にアクセスする林道沿いの度川上流での渓流釣りや川遊びがリンクされていれば利用者があったでしょうが、いくら立派な施設を建設しても、箱つくりだけで魂を入れない行政の取り組みは情けないかぎりです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-19 09:03 | サルナシとマタタビ
<< 良い波 キャタピラーの跡 >>