beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

浦富(うらどめ)海岸、鳥取県:岩美町

11月4日の海岸めぐりの最初は鳥取砂丘海岸の東にある浦富海岸でした。

山陰海岸ジオパークジオサイトマップの解説によると、浦富海岸エリアは「岩美町大谷から兵庫県境にかけて東西15kmの海岸で網代から田後の間は海中公園に指定されています。黒雲母花崗岩を主体とし、多様な海岸地形と規模が造りだす美観・絶景は山陰海岸の代表と言えます。」

岩礁海岸が基本地形であって、そのくぼんだ場所にポケットビーチとして砂浜海岸が点在しています。

浦富の砂浜は、日本海では珍しく、離岸堤なしでサーファーが波を楽しめる海岸です。この砂浜にハマグリが生息しているらしい話がネット上にあったので、現地で打ち上げ貝殻の有無の確認をしてきました。

結果は予想通り、少ないながらチョウセンハマグリ幼貝の二枚揃った殻が1対、そして大小のハンペラも少し見つかりました。そして困ったことにハマグリの殻長32ミリの左殻が1個ありました。殻の特徴が熊本辺りのものに似ているので、もしかしたら砂浜でハマグリの放流をやっていたかもしれません(ハマグリの成育できる場所ではありません)。

ここではナミノコガイのフレッシュな両殻そろいの打ち上げが目立ちました。次の機会にナミノコガイの集団を採集するつもりです。鳥取県の海岸は以前の砂浜海岸の貝類調査で抜けています。

砂浜の西側に海の家の集落のようなところがあって、その付近にはカモメ(セグロかウミネコか判別できません)が群れていました。
e0094349_1542233.jpg

この海岸でカモメたちのほかに群れていたのはサーファーです。
e0094349_155923.jpg

e0094349_1552692.jpg

日本海に低気圧が通過したばかりでかなり良い波が立っていました。

鳥取の海上保安署が離岸流について注意を促す看板を立てていましたが、これは「逃げ方」をイラストでわかりやすく示していたので合格です。メカニズムを間違えて説明した金ヶ浜の看板はこのような形に作り直すべきです。
e0094349_158860.jpg

ポケットビーチでは沖から打ち寄せる波浪の力で岸に向かって運び込まれる砂が堆積する傾向があります(だから砂浜ができます:河川の砂は無関係)。冬の時化で大量の砂が浜にのし上げ、場所によっては海の家が埋まる恐れもあるでしょう。ここでは、波の陰になる片隅に建物が固まっていて、中央部の海岸は砂丘のようになっていました。しかし、それでも、行政がダイスキなコンクリート階段護岸を造っていました。
e0094349_1513168.jpg
e0094349_1513831.jpg

上の写真のように中央部から西側(上)と東側(下)を見た様子でわかりますが、護岸の下に敷設されたテトラポッドは埋没し、階段は東寄りの場所で下から埋まっています。砂を動かしている北西からの波が卓越しているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-08 15:15 | 海岸
<< ジムグリの幼蛇 新潟県十日町市のサルナシ園、結いの里 >>