beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

チョウセンハマグリの斃死、打ち上げ

昨日のお昼前、平岩の市会議員さんが小倉ヶ浜の南部で浜に打上げられたチョウセンハマグリを約80個持参して見えました。
e0094349_10283179.jpg

海岸線の波打ち際にかなり多数のチョウセンハマグリが打上げられていたので(小潮で朝に引き潮時間)、気になって集めて持ってこられたのです。先日来、まとまった雨が降った後に赤岩川がひどく茶色に濁り、耳川と塩見川も白く濁っていることと関連があるかどうか、ということを聞かれました。

サンプルには2個ほど大きい貝(成熟サイズ)が含まれていましたが、その他はすべて3才+の殻長が3~4センチの大きさで、2006年の夏生まれ、来年の夏に初めて繁殖群に加わって再生産できるものでした。成熟サイズになる前に大量斃死が起こることは好ましくありません。

持ってこられた時点で5個は殻を閉じる力を失っていましたが、残りはしっかり閉じていたので中を調べるためにボイルして殻を開かせました。

普段でも少数の打ち上げは見られ、その多くは寄生カニ(ピンノ)が入っていて身が痩せて弱っていることが多いのですが、今回はカニ入りは2割弱でした。オレンジ色はカクレガニのメスの卵巣の色です。
e0094349_1039664.jpg

e0094349_11124658.jpg

前に塩見川の河口で大きいチョウセンハマグリが打上げられた大量斃死でも、まとまった雨があった後で何らかの原因で弱ってから嵐の波で打上げられていました。今回も状況が似ていて、雨が何かを洗い流して川から海に影響を及ぼしている可能性が伺えます。
e0094349_11152792.jpg

殻を開けて中の軟体部を見ると、ほぼ全ての個体で、砂が殻の中に入り込んでいました。これは元気な貝では見られないことです。身がやせ細っている様子から見て、健康状態が悪いことは明白です。

このような打ち上げられた貝を海に戻してやっても、砂の中に潜ってゆく元気は無いでしょう。汀線付近に転がっている間に人が拾うか、カラスに突かれて食べられ、それでも残ったものはスナガニなどによって片付けられるでしょう。

小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの打ち上げが頻発しているのは水質汚染が関与している可能性が高そうですが、病気が流行っている可能性も否定できません。近年、アメリカではハマグリに近縁のhard clamが原生生物の寄生が蔓延して激減しました(最近では回復中のようです)。日本ではアサリが各地で斃死して激減しています。環境ストレスになる汚染などで、常在ウイルスや原生生物が共生関係から外れてホストの動物を死滅させることもありえます。真珠養殖のアコヤガイが大量斃死した事件もこれが疑われています。

小倉ヶ浜の打ち上げられて斃死するチョウセンハマグリについて、専門家による疫学的な調査が必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-26 11:26 | Meretrix ハマグリ
<< コブトリオ復活 藪蛇をつつく >>