beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

目八譜のハマグリの一つ、ワケビについて

ハマグリ類について古い産地の記録を探っているが、江戸時代に出版された有名な目八譜について改めて調べてみた。幸い、これは国会図書館のサイトで現物の画像が公開されている。

黒田徳米 (1961) 目八譜昭和同定録 貝類学雑誌(ヴヰナス)21(4) pp.365-388

<ハマグリ Meretrix meretrix lusoria
浜栗という字を当てておる。1から10まで;類型、個体の大小、色彩型等を取り扱い、そのうちには朝鮮浜栗(No.7)も含まれておる。ゴマハマグリ、コビトハマグリ、ゴイシハマグリ、アブラガイ、シロカイ、キハマグリ、シマハマグリ、ネジハマグリ、ワケビ(No.12)、等に分けられ、カニヒソミ(No.13)はハマグリであるが共棲ガニを主体として扱っておる。>


江戸時代の博物誌(国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/nature/cha1/index3.html
『 目八譜(もくはちふ)』 武蔵石寿著・服部雪斎ほか画 弘化2 (1845)、全15巻、江戸時代最大最高の貝類図譜で1,169品を収載しています。
国会図書館の貴重書画像データベースの検索URL:
http://rarebook.ndl.go.jp/pre/servlet/pre_com_menu.jsp
この中の目八譜の画像から、「ワケビ」の頁を見たら、黒田の書いた12ではなく、13番にあった。その画像と記述(下記)を見ると、このハマグリはチョウセンハマグリの稚貝であることが推定できる。

十三  ワケビ  啓家 〇沖濱栗  通称 〇丸濱栗 仝
〇啓家云一種、両頭相等シキモノヲワケビト云 一名津濱栗 即丹後ニ産スルハマグリ也
〇石壽云文蛤ト大同小異ニテ形園ク両袖少シ張出シ三角ノ趣アリ 紋彩光澤花蛤ニ異ル事ナシ 文理斑文変化極ナシ 大サ二分斗リヨリ寸半ニ至ル 寸余ノ者稀ナリ
e0094349_1115449.jpg

(元の画像を調整して読み取りやすくした)

図版の描写が極めて精緻であることが目八譜の価値を高めているが、このワケビの図7点は見事なものである。チョウセンハマグリの2~3才(殻長数センチ)の稚貝の形態的な特徴である左右がほぼ対称で、両端が張り出して三角形に近いこと、殻の表面には光沢がある殻被に様々な色彩型が見られること、などが綺麗に図示されている。
e0094349_1145188.jpg

上の写真は高知県東洋町、生見海岸産のチョウセンハマグリ稚貝に見られた色彩型。

チョウセンハマグリでは稚貝の成長に伴う顕著な形態変化が見られる。そして、親貝のみを見て知っている者が、形態も色彩も親と大きく異なる稚貝を見た時は同じ種であることが信じられないほどである。ちなみに、九十九里浜ではチョウセンハマグリの稚貝に固有名があったはずである(その名称をどこかで見たが、記憶していないので改めて探索中)。

目八譜の朝鮮浜栗(No.7)については後で改めて考察する。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-06 11:07 | Meretrix ハマグリ
<< 目八譜の朝鮮濱栗、特に碁石介と... 干しダイコン >>