beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

目八譜の朝鮮濱栗、特に碁石介とノキタ濱栗

国内では唯一の産地となっている日向市の特産、はまぐり白碁石について、日向市の後援で毎年開催されている「日向はまぐり碁石まつり」は今年で21回目でした。

2009年、第21回「日向はまぐり碁石まつり」、11月7日(土)・8日(日)に開催。
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/goishi/index.html

原料となる半化石のチョウセンハマグリがすでに枯渇しています。ナマの貝殻はそのままでは使えないし、碁石の原石を切り出せるような大型の殻に育つには長い年数が必要となります(年令と成長の関係は貝殻の断面を磨いて年輪を読み取れば分かるはずですが、日向市産の貝について詳しく検討されていない:碁石まつりの実行委員会なり日向市から、例えば九州大学の小池研究室に依頼して明らかにするべきですが、なぜ実行していないのだろうか)。

李 善愛 (2002) 非日常的資源利用のための戦略 : 日向灘ハマグリ碁石を事例に
宮崎公立大学人文学部紀要 9(1) pp.1-13
--------------------------------------------------------------------------------
Abstract
ハマグリ碁石は宮崎県日向市の伝統産業のひとつである。その歴史は約100年に至っている。しかし,原料となるハマグリは採りすぎによって日本国内での供給が難しく,その不足分はメキシコや東南アジアなどの海外から買い入れて補っている。また,囲碁人口も年々減っているのが現状である。そのため,関係業者はインターネットをとおして国内市場を含めて海外の碁石市場を開拓している。さらに毎年,囲碁大会を開き,囲碁への関心を呼び起こすことにも力を入れている。本稿では,日向灘のハマグリ碁石をとりあげ自然の生物体の資源化過程と,「伝統文化」の生成について歴史的な視点から考えてみたい。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110000482987

食材としてハマグリを使った後に残る貝殻は、色々な形で利用され、JR日向市駅構内の売店、日向市内のハマグリ碁石の里、そして道の駅などで、お土産として、殻の加工品がいろいろと並んでいます。

貝覆い(貝合わせ)という昔の貴族の遊びを現代版の余興にした取り組みが千葉県我孫子市相島芸術文化村を中心にして各地で行われています。
http://aijima.jp/4kaiawase.html
相島芸術文化村の大きな活動のひとつが「貝合せ」です。1995年日本貝アート協会が設立され、現在本部は相島芸術文化村に置かれています。
日本貝アート協会の目的は、雅の伝統を現代に伝え、貝絵を描くとともに伝統の貝合せの遊戯を広く伝えようというものです。伊勢、七尾、横浜、浜松等日本各地の美しい歴史ある場所の講師たちと一緒に普及活動を行っています。
 貝絵教室では、古典的題材とともに草花や鳥などの自然や日常生活に登場する事物をテーマとして創作活動を行っています。


熊本市博物館の歴史展示室では、細川氏の時代の貝覆いを見ることが出来ます。
http://webkoukai-server.kumamoto-kmm.ed.jp/web/jyosetu/rekisi/kwaiooi_tanpopo.htm

大分県では地元産のハマグリの殻を素材にして手作りの貝合わせを製作販売している工房があります。
http://huji.hinamaturi.lolipop.jp/
そのほか、貝合わせに関する情報はネット上に多数あります。

目八譜の7番、朝鮮濱栗の項には日本各地から集められた地方名が列挙されています。

国会図書館サイトの写真から、この7番、朝鮮濱栗の項を抽出したものを4枚に分けて下に示します(画像は見やすくしてあります)。
e0094349_11335640.jpg
e0094349_1134324.jpg
e0094349_11341038.jpg
e0094349_11341694.jpg

説明の冒頭で「三才図会」の記述を(観文介譜から)孫引き引用して、朝鮮国に多いので朝鮮ハマグリと呼ばれるという意味の解説がありました。

観文介譜とは:
堀田正敦(まさあつ)著 18世紀末頃成 小野蘭山写 1冊 (財団法人東洋文庫蔵) 本書は介類 (貝類) 213品の記事を諸書から集録したものです。
http://www.ndl.go.jp/nature/img_r/t02/t02-001r.html

(和漢)三才図会まで追跡しないとチョウセンハマグリの名称の由来を確認できないということが分かりました。しかし、恐らく朝鮮半島には生息していないチョウセンハマグリが朝鮮国に多いという記述は謎です。

新原色韓国貝類図鑑(2001年、〇貝類博物館発行)には、韓国産のハマグリ、シナハマグリと並んでMeretrix lamarckii、つまりチョウセンハマグリの学名が付けられている貝殻の写真が掲載されています。しかし、これは殻の形態的な特徴(外套線湾入が浅く、殻の腹縁が丸いこと)からハマグリに同定されるべきものです。矢倉和三郎と同じく、大きい貝での見誤り(ハマグリとチョウセンハマグリは大きくなるとよく似た輪郭となる)をやってしまったようです。下の画像はその写真の部分です。
e0094349_11374474.jpg

とにかく、チョウセンハマグリの和名の由来はさらなる宿題となってしまいました。

さて、朝鮮濱栗のリストの最後にあったノキタ濱栗「筑前福岡ニテ野北濱栗ト云」ですが、これに関して目八譜では詳しく説明され、最後に紫色の殻が図示されています。

その記述から(朝鮮国ノ産ナリト云モノ未見)と書いてあるので、朝鮮産のチョウセンハマグリを手元に持っていなかったことが分かります。

著者、石寿の手元にあった、図にある野北濱栗は3寸余りとあるので、10センチくらいの貝殻でしょう。さらに記述には5寸に近いものを持っているとあり、4寸以上のものは「貴珍」としています。

チョウセンハマグリで12センチを超える殻の標本を筆者は実物を見ていませんが、下の文献では日向市産と思われる13センチ近い殻が線画で図示されています。

鈴間愛作 (1991) 日本最高級品囲碁石日向はまぐり談 -延岡市理学博士 宿屋 寿先生をしのんで- 福井市立郷土自然科学博物館 研究報告38:85-88
http://www.nature.museum.city.fukui.fukui.jp/shuppan/kenpou/38/38-85-88.pdf

さて、野北ハマグリの現状はどうなっているのか、こちら芥屋の大門放送局、というサイトがあって、現地から2007年にメッセージが出ています。下はその引用です(サイトの管理者がメールアドレスも住所も公開していないため、引用の了解は得ていません)。

芥屋大門(けやのおおと)は日本最大の玄武岩の洞穴で、福岡県糸島郡志摩町の糸島半島の先端にあります。その芥屋大門より私たちの自給自足生活の一端を発信します。
  
ノギタハマグリ(野北蛤) (1),(2), (3)  
http://www1.ocn.ne.jp/~keyaooto/heya16.html
2月17日、九大・糸島会主宰の地域資源再発見塾に出席しました。私はこういう塾があることを初めて知りましたが、今回は第13回でした。九大の松隈明彦先生の「貝類から見た糸島の自然」という講義があるというので、散歩の時拾っていた貝殻をいくつか持って行きました。

持参した貝はどれも特別珍しいものはなかったのですが、1つ「ノギタハマグリ(野北蛤)」と呼ばれるものがありました。以前夫が海水浴場の浜辺で拾ってきたもので、殻は分厚く、殻長(かくちょう=横幅)10センチもある大きいハマグリです。ノギタハマグリとは言っても、実は「チョウセンハマグリ」のことで、芥屋と野北を繋ぐ幣の浜(にぎのはま)に昔から住んでいるので、特別にこう呼んでいるのだそうです。白い碁石の材料になる宮崎のハマグリもチョウセンハマグリですが、特別に「ヒュウガハマグリ(日向蛤)」と言うのと同じです。 (以下、略)


この記事では、野北の海岸でシナハマグリが放流されたことに関連した情報探索が報告されています。

現地を筆者が訪れたのは2007年7月で、上のネット記事が掲載された直後でした。(糸島半島の北部にある芥屋(けや)はサーフィンビーチですが、砂浜はかなり急傾斜で丸石が転がっている場所もあり、貝類の打ち上げも乏しく、調査にならない海岸でした。)
http://beachmollu.exblog.jp/6025183

芥屋から野北の海岸を見て歩いた結果分かったことは、チョウセンハマグリの生息環境としてあるべき遠浅の砂浜は消えていることでした。芥屋の大門放送局のメッセージにもありましたが、沖合いで海砂採取が盛んだったようですので、それが砂浜環境を改変し、地域特産の野北ハマグリを消滅させたのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-08 11:39 | Meretrix ハマグリ
<< 甲浦のハマグリ漁 目八譜のハマグリの一つ、ワケビ... >>