beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地域絶滅寸前の富山湾産ハマグリ集団(改訂、追加)

3年前に書いたブログ記事「地域絶滅寸前の富山湾産ハマグリ集団(その一)」を読み返して気がついたが、その続きを書くつもりだったのがなぜか実行されていない。
http://beachmollu.exblog.jp/4326146

ファイルを探してみたら原稿のワードファイルが見つかったので、冒頭部分は再録となるが、全部を掲載する。また、新しく見つけた情報も書き加えて、富山のハマグリ情報を網羅しておく。
........................................

富山湾にハマグリが生息しているという事実を知ったのはごく最近のことである。地元に住む富山県立植物園の大原氏から富山市の神通川の河口の砂浜に打ち上げられたサンプルが送られてきたことから、それまではあきらめていた日本海のハマグリ集団についての興味に俄然火がついたわけである。

ネットで調べたら、富山湾の西部に朝日貝塚という縄文時代の史跡があって、ハマグリの殻が出土しているとあった。かつて富山湾の沿岸でハマグリが漁獲されていたことの証拠品がこの貝塚のある氷見市の博物館に保管されていたというのはラッキーであった。朝日貝塚(富山県、氷見市)
http://www.city.himi.toyama.jp/~60400/bunkazai/2-kaizuka.htm

潮汐の干満差が小さくて干潟の発達することが期待できない日本海にあるだけでなく、沿岸部に大陸棚の発達が弱く、いきなり深海に落ち込むような富山湾である。全国的なハマグリ集団調査の対象地の一つになるとはまったく想定外の出来事であった。

富山湾は蜃気楼で有名である。蜃気楼という名前は、「蜃」と呼ばれる大ハマグリが沖合で「気」を吐いて、空中に「楼」(高い建物)を出現させると考えた中国人の想像からきていると言われている。現地に出かけて調べてみたら、富山湾にかすかに生息しているハマグリは、今まさに蜃気楼のような幻として消える状態に陥っていた。

日本海のハマグリ集団について調べることは、対岸の韓国南部海岸のハマグリ類集団との遺伝的交流を解明することを目指すことにもつながる。韓国の黄海側沿岸にはシナハマグリの集団が分布しているが、南部にはハマグリに限りなく近いそっくりさんがいて、それがシナハマグリであるかそれともハマグリであるかの判別が、形態的にも、分子集団遺伝的にも難しいのである。

大原氏は海岸などで植生を調べて見回っている間に神通川の河口の浜辺で打ち上げられたハマグリのみならず、西に数十キロ離れている射水市の富山新港の建設現場でも浚渫土砂の中に出現していたハマグリなどの殻を見つけている。しかし、今回(2006年8月)の訪問時に現場に案内していただいたときにはすでに貝殻を見つけることができる状態ではなかった。そのために、神通川以外の場所で見つかったハマグリのサンプルはわずかな数しか残されていないのが残念なことである。

<漁業資源としての富山湾のハマグリ>

富山市の漁協で聞いたところ、コタマガイは対象種であるが、ハマグリは漁業権対象になっていない。また、コタマガイと同所的なチョウセンハマグリは富山湾に分布していないようである。漁協の職員のほとんどが神通川河口にハマグリが生息しているということを認識していなかったが、参事の○○さんから詳しく聞いた話から判断すると、昔から時化のあとで、数は少ないが生きているハマグリが打ち上げられていたそうである。また、死殻は現地に行ったときにも浜辺に破片となって散乱していた。

神通川の河口付近には干潟らしき場所はなく、このような場所でもハマグリ(の稚貝)が生育できるのかと驚いた。河口沖には小さな砂州があり、干潮時に海鳥がたむろしていたが、その手前は岸辺から急な深みになっていて,歩いてわたることはできない。漁協の参事さんによると、この付近では水難死者が頻発していて、誰も海に入らないということであった。漁業者も入らないし、海水浴をする場所でもないので、ハマグリにとっては幸運な聖域となっていたのかもしれない。しかし、打ち上げられる数はとても少なく、大原氏が拾い集めた死殻は一回の採集で10に満たないし、生きているものは滅多に見つかっていない。

富山湾西部の氷見市沿岸では地形的に複雑になっていて岩礁海岸もあり、豊富な漁業資源に恵まれている。市内の魚市場と漁協に隣接している道の駅、海鮮館には定置網でとれたさまざまな魚とともにイワガキやサザエなどが山積みされていた。ここで聞きとった話をまとめると、氷見市の海岸ではかつて(10年以上前)ハマグリは漁獲されていたが、近年では海岸の工事で生息場所は消滅しているので、まったく漁獲されていない。すなわち、朝日貝塚から出土した殻と比較するための現生の貝殻は入手不能であり、また、分子集団遺伝の情報を得るための生きているサンプルが入手できなかった。海鮮館で販売されていた産地表示のないハマグリはシナハマグリであり、現地産のアサリとしてあったものはコタマガイであった。

富山湾の東側には黒部川などがあるが、これらの河口でハマグリの生息を期待することは無理であろう。富山市に隣接する射水市にあった潟の中に生息していた集団は、新港の建設で(あるいはそれ以前に)消滅している。結局、富山湾に注ぐ主な河川の中で神通川だけでハマグリが奇跡的に残っていたわけである。しかし、これも河川改修、河口部での浚渫などが計画されているので、消滅して幻となるのは時間の問題かもしれない。

<富山湾とその環境>

富山湾の地形は特徴的である。海岸沿いには浅い部分がほとんどなく、急に海底に向かって落ち込んでおり、海底地形は非常に険しい谷(あいがめ)と尾根が多い。湾の大部分は水深300m以上にも及び、一番深い部分は1,000mを超える。海底が深く地形が複雑なため、冬の日本海北部で起こる荒波は富山湾内に入っても速度を緩めないまま海岸に押し寄せる。天候に関係なく襲うこうした波は「寄り回り波」と呼ばれ、海岸を浸食している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

富山湾では太平洋側の県から比べると1/3から1/6にあたる550種類ほどの貝が知られています。富山湾で最も多いのは砂浜ではヒメカノコアサリ、フジノハナガイ、カバザクラ、バカガイ、サルボウなどであり、近くに磯や波消しブロックがあるとコシダカガンガラ、レイシ、ムラサキイガイなどの岩場を好む貝が多くなります。また、富山県は急流の川が多く、カワニナやタニシなどの川の貝の殻も流れ着きます。
出典:富山湾の魚貝類(http://www.tsm.toyama.toyama.jp/public/t-nature/gyokai.html)

富山県の河川流域の気象・水文特性 http://www.nihonkaigaku.org/04f/i041016/t6.html
(2004年度 富山県立大学秋季公開講座 温暖化による水環境の変化 能登勇二)
「神通川は非常に大きな河川で、その流域面積は2720km2、小矢部川は667km2である。また、神通川は富山市を流れていることから流域内の人口も多く、富山湾の水環境に及ぼす影響についても大きいものがある。一方、小矢部川は高岡市を流れており、流域内の工業出荷額も高い河川である。」

月刊「聖母の騎士」 10.環境からみる私たちの社会 第46回
ヘドロの海、ささやかな要求 金沢大学経済学部助教授 碇山 洋
http://www.seibonokishi-sha.or.jp/kishis/kis0202/ki10.htm

海からのMessege http://www.mrr.jp/%7Ejf9hjs/ (抜粋)
黒部川には関西電力(株)の九つの発電所、取水のため、本流をせき止める4つのダムもある。
出し平ダムは排砂ゲートをもつ全国最初のダムで、1985年9月完成した。―(略)― 出し平ダムは稼動以来6年間排砂ゲートを使わなかった。そのため、黒部川本流に流れる土砂と落葉などが溜まり、かつ、有機物がヘドロ化してしまった。出し平ダムはあまりにも早い土砂の堆積に耐えきれず、1992年12月11日排砂ゲートを開き、46万立米の土砂を排出した。まず、下流域のイワナ・ヤマメ・アマメなどが棲息できず、漁獲量は極端に少なくなった。川の石にはカワヒビミドロ(川藻)が付着し、鮎の餌も生えなくなった。河口の富山湾では漁獲が激減し、その影響はことに底魚(ヒラメ、カレイなど)に現れた。本来の流水に伴う石や砂が流れない河口沿岸は極端な浸食に悩まされている。魚介類はヘドロの堆積で棲みつかず、沿岸漁民は漁獲の減少を訴えた。


黒部川排砂ダム被害支援ネットワーク http://homepage2.nifty.com/haisa/index.html

連携排砂の一部報道に対する国土交通省黒部工事事務所の見解
http://www.kurobe.go.jp/kenkai/top.html

<朝日貝塚から出土したハマグリ殻と神通川河口の現生ハマグリの比較>

朝日貝塚(富山県、氷見市)
http://www.city.himi.toyama.jp/~60400/bunkazai/2-kaizuka.htm
朝日貝塚は、富山県氷見市朝日丘に所在する縄文時代前期から中期(約5,000年~3,000年前)を中心とする遺跡である。大正7年(1918)7月、臨済宗国泰寺の別院誓度寺の寺院建築工事中に、貝層や土器片等が出土して発見された。
 遺跡の活用を図り、見学者の便をとるために、昭和30年、遺跡の保存舎を建て、埋め戻してあった住居床面を再現して保存してある。
 保存舎の地点では深さ約2mまでの間に、厚さ15~30cmの貝層が上下二層確認された。これらの貝のほとんどは、ハマグリ・アサリ・アカガイ等、海で採れる種類のもので、シジミ、カラスガイ等、川や湖にいる種類のものはわずかであった。

..............................................................
追加情報 富山県のハマグリ情報

小竹(おだけ)貝塚
縄文時代前期(約6,000年~5,000年前)の富山市の海岸沿いは縄文海進で形成された潟湖が広がっていました。小竹貝塚は、その潟湖べりに形成された日本海側最大級の貝塚です。 本貝塚に廃棄された貝類はヤマトシジミが主体で、オオタニシ・サザエ・ハマグリ等も含まれます。
考古学からみた富山市の歴史~縄文時代~
http://homepage2.nifty.com/kitadai/center/rekishi/jyoumon/jyoumon.htm

富山市の貝 (1994) 富山市科学文化センター 収蔵資料目録 第7号
Meretrix lusoria ハマグリ
  浜黒崎 1980.10.16 (2) 布村昇 (1988年の目録と重複)
  岩瀬浜 1992.03.12 (1) 宮本望 シナハマグリタイプの色彩
  八重津浜 1992.03.08 (1) 宮本望 シナハマグリタイプの色彩
上のほかに詳細不明サンプル3点あり、上の3つの採集地点は神通川の河口付近の海水浴場

藤井昭二 (1992 ) 海底林と海水準変動―富山湾周辺を中心に―
URBAN KUBOTA No. 31
http://www.kubota.co.jp/urban/pdf/31/pdf/31_7.pdf
富山県氷見市の十二町潟などに見られるハマグリを含む自然貝層について記述されている。

小池裕子 (1982) 日本海北陸地域産ハマグリ類の貝殻成長分析. 第四紀研究, 21:273-282
この論文で扱われた富山県のハマグリ類
  十二町潟の自然貝層(富山県、氷見市)チョウセンハマグリ(主体)、ハマグリ
  雀森貝塚(富山県、氷見市) 同上

神通川は4大公害病の一つ「イタイイタイ病」が発生した不幸を背負っている。
http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=119
関連Webサイト
■ イタイイタイ病とは(富山県厚生部健康課)
http://www.pref.toyama.jp/sections/1205/qa/qa1400.htm
■ 四大公害裁判の教訓(環境白書/環境省)
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/honbun.php3?kid=148&serial=1122

上の富山県の説明の頁はリンク切れ(サイト内で抹消されている)。気になったので県のHP内検索を行って調べた。

定例記者会見[平成21年5月25日(月)] 知事による質疑応答の回答

○記者
 5月といいますと、イタイイタイ病が当時の厚生省から公害病に認定されて41年になるのですけれども、汚染源の復元も進んでいますし、それから後世への取り組みの推進もスタートしておりますけれども、やはり患者認定という問題が残っているのではないかと思っていまして、今後も20年は患者が出続けるといわれている中で、認定が厳しすぎるのではないかという指摘もあるのですが、そのあたりについて知事は、あらためてですが、どのようなお考えをお持ちでしょうか。

○知事
 これは確か今年の1月も同じようなご質問をいただいたような気もしますけれども、私も知事になりましてから、このイタイイタイ病の問題は大事な県政の項目の一つでありますので、過去の経過も調べましたけれども、認定審査会では本当に日本を代表するそうそうたる方々がメンバーになって対応されていますし、その判断のメルクマールは、今は環境省ですが当時の環境庁、国として示された見解、それも別に役所の人が勝手にやったということではなくて、当然日本を代表するようなその道の権威の皆さんが議論して示された基準でありますので、それに沿ってきちんとしっかり対応されているのだと思います。ただ、そういうことについての信頼が失われないように、今回も、あらためて裁決を見直すというか、あらためて議論してほしいということになったことについては、認定審査会の方で公正に結論を出してもらえればと思います。


東京新聞:イタイイタイ病 過去形では語れない:社説・コラム(TOKYO Web)から一部引用する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2008051202010572.html
 公害病は風化しない。イタイイタイ病の患者は、今もまだ増え続けている。体内に蓄積されたカドミウムが、いつ発症の引き金を引くか、分からない。決して「過去」のものではない。

 富山県によるイタイイタイ病の認定には、汚染地域の居住経験、成年期以降の発症、尿細管障害、そして、骨粗しょう症を伴う骨軟化症の「四条件」が必要とされている。だが、骨軟化症の検査のために傷んだ骨を削り取ることもあり、老いた患者には、あまりにも負担が重い。

[PR]

by beachmollusc | 2009-12-09 19:15 | Meretrix ハマグリ
<< シマサルナシ採取に再突撃 甲浦のハマグリ漁 >>