beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日豊海岸をユネスコのジオパークに

ユネスコの世界遺産構想と似た、地球科学にウエイトを置いた「世界ジオパークプログラム」があります。1998年に世界ジオパーク・ネットワーク構想が始まり、世界で500箇所の認定を目指してプログラムが進められているそうです。日本にはその候補地となる日本ジオパークの認定が現在までに25箇所あります。
http://www.geopark.jp/

日本で最初の「世界ジオパーク」が正式に認定されました。
 2009年8月22日に中国泰安市で開催された世界ジオパークネットワーク事務局会議において審議が行われ、以下の 3つのジオパークが世界ジオパークネットワーク加盟ジオパークとして正式に認定されました。
洞爺湖有珠山ジオパーク
糸魚川ジオパーク
島原半島ジオパーク
 

ユネスコの支援するジオパークは次のことを行います:
1.次世代のために地質遺産を守る(保全)
2.地質景観や環境問題について広く大衆を教育し、地質科学に研究の場を提供する(教育)
3.持続可能な開発を保証する(旅行:ジオツーリズム)


下のURLにはこのプログラムについてのQandAがあります。
http://web.mac.com/japan_geoparks/JGN/q&a1.html
世界遺産と異なり、観光資源としての地質構造を重要視しています。

宮崎県の北部から大分県南部にかけての自然は、特に海岸部で、国内有数の景観美と地質的多様性を誇っています。しかし、観光面での認知度は国際的には問題外で、国内的にも極めて低いでしょう。日向市が観光振興計画を進めるための委員会が行った、観光業者などの関係者にアンケートをとった結果を見ましたが、日向市には見るべきものが無い、という答が出ていたのは苦笑するしかありません。

日向市の市役所サイトには、実に立派ですが、よく見ると、うたい文句だけの観光振興計画があります。
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/office/keikaku/kankou/keikaku.pdf
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/office/keikaku/kankou/gaiyo.pdf

日向市の馬ヶ背をはじめとする柱状節理の岩礁海岸は日本一と言ってよいだろうし、礫岩が集積した大御神社の「サザレ石」は外に見られない特異的な存在であり、小倉ヶ浜の砂浜海岸とその北に続く日豊のリアス海岸の見事なコントラストは、都市部からすぐ前にあって、アクセスのよい観光資源です。これらの存在を、地球科学的に掘り下げた情報を出してアピールし、教育と観光に活かす努力がまったくなされてこなかったのはなぜでしょうか。

日本国内では地球科学教育の軽視が自然災害に対する防災思想をゆがめ、繰り返し発生する自然の脅威にコンクリート構造物で対処し、山から海まで柔軟な防災の仕組みを取り入れることを忘れ去ったような現状をもたらしました。

日本は地球科学的な多様性と美しい景観を誇るべき国土を持っていますが、住民は見慣れた景色として慣れ親しんでいても、その価値をきれいに忘れています。それどころか、自然を損ねる景観破壊事業は極めて熱心に行われているのが現状です。このようなコンクリートで固められた奇天烈な箱物文化の状況はすでに世界的に知れ渡っていますから、このままでは日本の自然景観にあこがれて観光旅行に来る外国からの旅行者は期待できません。

宮崎県の北部、日向市を中心にして、工夫と努力と情報発信を続ければ、国際的なジオパーク、観光拠点として認知されることは夢ではないでしょう。そして、国際的な認識が深まれば国内でも見直されるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-13 11:31 | 評論
<< ヒメバカガイの打ち上げ シマサルナシ採取に再突撃 >>