beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリの殻の斑紋

今年出版された「肥後ハマグリの資源管理とブランド化」(内野明徳 編:熊本大学政創研叢書6, 成文堂、237頁)の中で、熊本大学の逸見さんが「第4章 ハマグリの生物学」を執筆されています。

ハマグリの殻に現れる斑紋について、この章では有明海の白川産と福岡県の加布里産のハマグリ集団について斑紋の出現率を比較しました。その結果、同じハマグリでも日本海と有明海で色彩模様の出現頻度が大きく違っていることがわかります(殻の形態にも有明海と日本海集団間で差異が認められます)。

分子集団遺伝学的な検討結果で両者は同一種のハマグリであることが確認されていますので、地理的に分かれている遺伝的に分化した集団というわけです。

殻の形態測定値でシナハマグリ、チョウセンハマグリ、そしてハマグリの3種の識別を試みても、異なる集団間でのバラツキ、同じ集団の中の個体によるバラツキが共に激しいためにデータポイントが重なり合う部分が大きく、さらに成長に伴った変化があるので、簡単ではありません。これについては別稿で詳しく説明します。

ハマグリ類の色彩と斑紋は極めて多様性に富んでいます。また、それはシナハマグリ、チョウセンハマグリ、そしてハマグリの3種の間に共通するものが多く見られます。つまり、色彩による種の判別もできません。ただし、種によって他種に見られない色彩型もありますので、それが出ている個体があれば識別できます。

ハマグリの色彩型には基本的に3つに分かれる地色とそれに上塗りされる複数の模様があります。これを最初に記載した論文は1937年に日本貝類学雑誌(ヴィーナス)に発表された天野景従:ハマグリMeretrix meretrix (Linné) 殻の斑紋の考察、VENUS 7(3), 151-158. でした。

天野が推察したように、ハマグリを含む二枚貝類の殻に現れている斑紋は遺伝形質のようです。異なる色彩の両親を選んで交配実験した結果はハマグリ類ではまだ発表されていませんが、アサリなど他の二枚貝類で実験的に検討された結果や自分で行ったナミノコガイ類の交配実験(未発表)で確かめられています。

多型の遺伝形質の遺伝様式が解明できれば、集団遺伝解析(遺伝子頻度、組成の集団間の比較)に使えるはずです。二枚貝のDNA情報はいまだに極めて乏しくて、カキ類やイガイ類を除けば無きに等しい有様ですので、殻を見るだけで遺伝子の発現状態を読めることは、研究を進めるための強力な武器となります。

天野の斑紋型の類型(変異)は実に細かに分類されています(下の図)。
e0094349_12234222.jpg

はじめに紹介した熊本大学の逸見教授は、吉田裕(1953)に準拠して熊本(有明海)と福岡(日本海)のハマグリを比較しています。その結果が表で示されているため、読み取りにくいのですが、簡単に言えば、ハマグリの日本海集団では殻の上に点々の模様が出る褐色の地色の個体が多数を占め、有明海では白地に複雑な模様が出る個体が多数となっていること、そして全体が濃い茶色(栗色)の個体が出る率は共に低い(白川32/265、約12.1%:加布里14/249、約5.6%)が、日本海側でより低い、といった差異が出ています。

吉田裕(1953) 浅海産有用二枚貝の稚仔の研究 水産大学校研究報告 3巻1号、1-106.
http://www.fish-u.ac.jp/kenkyu/sangakukou/kenkyuhoukoku/03/03-1-1.pdf

天野が調べた伊勢湾産ハマグリのデータでは、全体をまとめて栗色の個体の出現頻度が291/2751 で約10.6%です。また、吉田が記録した栗色個体の出現率は、羽田:5/265, 乙島:2/192,八代:6/54でした。

自分で集めた各地のサンプルでは、この栗色個体(まさに浜栗)の出現率は1割前後が多いのですが、日本海では極めて低い傾向が見られます。

柏崎産のハマグリは、調査を始めた当初は出てこないと思っていたものが、後でわずかに見つかっていますので、出現率は1%以下のレベルでした。シナハマグリでもこの色彩型は極めて低い出現率です。

チョウセンハマグリについては、栗色の出現率は鹿島灘では1%程度ですが他の海域では10%程度です。(益田のチョウセンハマグリではこの色彩の個体が大変目立っています)。

まだデータ整理が終わっていないので、ここでは詳しい説明を省きますが、色彩型の地理集団間の差異は分子集団遺伝の結果と似たような傾向を示しているような気がします。

ホームページ(左のコラムの中にリンクURL)の方では、以前からハマグリの色彩型について写真で説明していますので、そちらも参照願います。

日本の貝類養殖についてGHQから出されたレポートにあったハマグリの殻の色彩型分類を引用しておきます。(実用的には、この程度の類型化が使いやすいでしょう)
e0094349_13104085.jpg

(Cahn, A. R. 1951, Clam culture in Japan, Natural Resources Section, General Headquarters, Supreme Commander for the Allied Powers, Report 146, 103 pp.)
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-24 12:53 | Meretrix ハマグリ
<< 光るサナギ 島根県益田市の中須海岸 >>