beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリとチョウセンハマグリの殻の差異

日本海のハマグリについてその特徴を記述する前にハマグリとチョウセンハマグリの差異についてまとめておく必要を感じました。その原稿の初稿が出来たところですが、英語で書いていますので、読者層が専門家に限定されます。日本の一般読者向けに説明することも重要なので、このブログで簡略化して(今回の論文の趣旨は伏せたまま)説明しておきましょう。

ハマグリとチョウセンハマグリは共に成長に伴って殻の形態を変化させます。殻の輪郭の形で分類の識別イメージを作ると、成長段階で変化することを無視した場合に混乱します。博物館に収蔵された標本のなかに両種の誤査定がかなりあるのは、図鑑で見るような大きく成長した殻をイメージして絵合わせしたからでしょう。

両種がもっとも違って見えるのは、皮肉なことにごく小さい稚貝の時です。「稚貝が違います」という、誰かが大好きなフレーズです。そして成熟する前の大きさに育つと互いに似てきます。さらに大きく育ったものは同じ大きさで比べると良く似ていますので、特に大きいものだけ比較した矢倉は2種を同一種の変異とみなしたわけです。

大きさに無関係に、2種の間で明白に違っているのは殻の内側で外套膜と閉殻筋が殻の表面に付着した位置にできる痕跡です。套線湾入と呼ばれている切れ込み部分が違っています。これは大きさにほぼ無関係になっているのでdiagnostic、つまり識別のポイントとなります。このことは過去に出版された図鑑で明記されていますので新しい発見ではありません(それだけなら論文にならない)。

文章では分かりにくいことも図解すれば明白です。

ほぼ同じ大きさの、共に未成貝で同じ系統の色彩型(地肌は白、お尻が黒くて縦にギザギザの2本の帯)のものを2種間で比較してみましょう。この二つは、小倉ヶ浜の砂浜で、ほぼ同じ場所で、今年の11月15日に死殻として打ち上げられていたものです。ハマグリは塩見川と赤岩川の河口近くに生息しているようです。
e0094349_20455098.jpg
e0094349_20455973.jpg

殻の腹縁のカーブもかなり違います(ハマグリの方がより丸い)が、単独の標本を査定する場合に比較対象が無いと、識別を誤るほどの個体変異が共にあります。しかし套線湾入は明白に違うので、大きく切れ込んだらチョウセンハマグリMeretrix lamarckii(下の列、右)、閉殻筋の内側の付着痕とほぼ同じようなパターンであればハマグリMeretrix lusoria(上の列、右)です。

この差異が何を意味するかは論文に書きましたが、出版までの秘密ですので、質問されてもここでは回答しません。

上の例とは異なる色彩模様のハマグリとチョウセンハマグリの殻も見てもらいましょう。
下の4個はすべて小倉ヶ浜の同じ砂浜に打ち上げられていたものです(10月から11月)。
e0094349_817632.jpg

2種の識別を殻の外側表面だけで査定することは、この大きさでは極めて難しいことが分かってもらえるでしょうか。(ただし、見慣れてくると、チラッと見ただけで区別できるのは、人間の眼の識別能力のすごさです)
正解は左の列がハマグリ、右の列がチョウセンハマグリです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-27 20:49 | Meretrix ハマグリ
<< 山口県萩市のハマグリ GIビーチの変化 >>