beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

山口県萩市のハマグリ

日本海産ハマグリ類の情報とサンプルを求めてネットサーフィンを楽しんでいましたが、時折思いがけないサイトに迷い込みます。

萩の博物館内の「いきもの研究室」のブログには海岸に打上げられた貝殻のNPO市民グループによる調査がありました。そこで、そのリーダーで学芸員の掘さんにメールを出してみたら、西ノ浜海岸に打上げられていたハマグリ類の殻を送っていただきました。
e0094349_955484.jpg

矢印を付けたチョウセンハマグリの稚貝には、二枚の殻をつなげる貝殻のヒンジが残っていましたので、これだけは割合最近まで生きていたものです。しかし、他の貝殻は殻の表面を覆う硬タンパク質の皮膜が消えているので、死んでからの時間が相当長いと考えられます。

萩市の西を流れる橋本川にハマグリが生息していたことは間違いないと思いますが、今でも残っているかどうか、怪しそうです。チョウセンハマグリは外海に面した西ノ浜に生息しているようです。

この博物館では、なんと、萩城内でヒメボタルの観察会の催しもやっていました。そのチラシのファイルです。
http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/hagihaku_kouza/rikusei.pdf

ナミノコガイのサンプル採集で訪れたことがある萩市の菊ヶ浜は松林が美しく、萩城は大変美しい城です。
昔の調査写真があったはずですがデスクトップ検索で出てこないので紹介できません(後で追加)。

菊ヶ浜の松林は、松の生理生態にマッチした疎林になっていて、ゆったりと松の木陰を散策できます。足元には砂の上に松葉が落ちていますが、余計な草木はほとんどなく、地元の人たちが正しく手入れしていることが分かりました。小倉ヶ浜でも塩見川河口のすぐ南のごく一部にそのような場所がありますが、大部分は植えっぱなしで、雑草を下草にしたジャングルになっている、松のストレス状態が見て取れます(木を植えることだけで満足している人たちが多いのでしょう:ふれあいの森という看板が泣いています)。

<萩市は、博物館の運営を市職員と、市民の有志からなるNPOとの連携でおこなうという画期的な方法に挑んでいます。>

NPO萩まちじゅう博物館の海洋班の皆さんが、「マンタの海流大冒険」展の展示物の製作作業をやっている記事を見ました。海岸で拾い集めた1800個の貝殻を大きな暖簾に組み立てて展示の背景にしていました。
hagihaku.exblog.jp の中で「いきもの研究室より」のカテゴリーで見てください。

宮崎市の「ひむかの砂浜復元ネットワーク」の皆さんも砂浜海岸に打上げられる貝殻の調査を続けています。打上げられた貝殻は、その近辺の海の中の様子を物語っているので、このような市民グループの継続的な活動で得られた試料を分析することは有意義です。また、副産物の装飾品としての利用も楽しめるでしょう。貝殻を集めて個人的にお宝にしてしまいこむだけでなく、このような楽しみ方をする人が増えることを期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-30 10:08 | Meretrix ハマグリ
<< インドネシアのハマグリと貝合わせ ハマグリとチョウセンハマグリの... >>