beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

インドネシアのハマグリと貝合わせ

今年最後のブログとなり、何を書くかと考えていたら、とても面白い本を持っていることを思いだしました。

インド洋と西太平洋の熱帯産貝類の多くは、大航海時代以降に西洋人の収集家などが集めた標本がヨーロッパとアメリカの博物館に渡り、そこで多くの学者によって分類されて種名(学名)が決められました。

18世紀後半にスエーデンのリンネが、現代の生物分類学の基礎である種の命名法(属名と種の名前の組み合わせをラテン語で表記)を編み出し、その後の分類学で継承されて今日に至っています。

リンネは彼の時代に集まっていた世界中の生物標本のそれぞれに名前をつけ、貝類でもごく普通の物の多くはリンネが命名しています。1758年にリンネが記載したインド洋産のVenus Meretrixというものがハマグリ類の総元締めとなっています。

博物学標本を集めて研究する趣味は江戸時代後半の日本でも盛んだったようです。前に朝鮮濱栗について紹介した石寿の目八譜が出た1845年の同じ頃にイギリスの大英博物館収蔵の貝殻を調べていたGrayがチョウセンハマグリを新種として、フランスの大学者ラマルクにちなんだ学名Meretrix lamarckiiとして1853年に記載しました。

ハマグリの方は、それより古く、RödingがVenus lusoriaという学名を1798年に付けました。ところがリンネのVenusという属はラマルクによって1799年に細分化されて、その後ハマグリ類はMeretrix属に含まれ、現在のハマグリの学名はMeretrix lusoriaです。この学名は、日本で貝合わせに使われていた貝を見てgameという意味のlusoriaと命名された逸話は有名です。

持っていたはずのラテン語辞書が見つからないので注文していた辞書(廉いポケット辞書です、本格的な辞書は高価)がたった今配送されてきたので早速チェックしたら、
lusor: player; gambler; humorous writer; joker とありました。言葉の性による語尾変化まで学習していませんので、これ以上のことはわかりません。

さて、このハマグリの殻はどうやって日本からヨーロッパに渡ったのでしょうか。18世紀のオランダはインドネシアを植民地とし、鎖国中の日本とは長崎で通商関係にありましたから、入手と運搬ルートはいくらでもあったでしょう。貝殻を入手したオランダ人が誰で、貝合わせを見学したのは何時、どこであったかについてまだ追跡していません。

オランダの植民地であったインドネシア諸島の東の端にある香料諸島の中心地、アンボン(当時はアンボイナと呼ばれた)にドイツ生まれのRumphiusというナチュラリストが17世紀の末に、現地の植物と動物の標本を集めてヨーロッパに送り続けていました。彼がオランダ語で書いて1705年に出版したAmboinsche Rariteitkamer (Amboina Curiosity Cabinet) にはアンボン周辺の海産動物が種類ごとに文章と図で示されています。

この本は1992年にE. M. Beekmanによって英語に翻訳されて出版されました。その67頁にはStella Marina Quindecim Radiorum (fifteen-rayed sea star) が記述されています。毒のある棘を持つ、12から14本の腕を持った径10数センチの珍しいヒトデ類であることなどが詳細に書かれていて、その図はありませんが、オニヒトデであることが即座に分かります。オニヒトデの学名Acnathaster planciはリンネが命名したものですが、Rumphiusが提供した標本が元になって記載されたのかもしれません。

Amboina Curiosity Cabinetの第30章Chama Laevis (smooth clam or gaper)にはハマグリ型の二枚貝が記述されています。その筆頭にハマグリ類の一種が出ています。
e0094349_148484.jpg
e0094349_1481950.jpg
e0094349_1482784.jpg

上の説明文と図解の中の(G)を見ると、日本のハマグリの「貝合わせ」について記述されていることが注目されます。アンボン周辺のハマグリの仲間は2,3インチで小さいが、日本(と中国、一緒にされています)の貝は手のひらの大きさがあり、内側に絵が描かれていてゲームに使われる、と詳細に書かれています。

Beekmanは、注釈で、この図の貝は(日本の)ハマグリMeretrix lusoriaだろうとしていますが、ハマグリには見えません。

このブログの筆者は、熱帯性海草も場の貝類調査で現地を訪問したことがあります。アンボンの町の周辺では海岸がほぼマングローブに覆われていて砂浜が乏しく、ハマグリ類は見ませんでした。Rumphiusの記述でも、これはアンボンには少なく、北に隣接するセラム島の北側の砂浜海岸で多く見られるとあります。

食べて味が良いこと、そして貝の中に寄生性のカクレガニが見られる(ガードしていると誤解しています)などRumphiusは具体的に自分が観察した詳細を書いているらしいので、図解された貝はBeekmanが推量した日本のハマグリではなく、現地産の別種のハマグリ類(種名はわからない)でしょう。Rumphiusが日本のハマグリの殻を手元に持っていたと考えるよりも、現地産の種を参照して執筆していたと考える方が自然です。

この本の中のハマグリ類の正体はともかく、リンネ以前の18世紀はじめの時代に日本のハマグリの貝合わせに関する詳細な情報が(オランダ経由で?)西欧に知られていたことは注目されてよいと思います。

300年も前に描かれたRumphiusのアンボン産貝類の線画は、それぞれの種の形態的な特徴がかなり簡略化されていますが、種の査定に困るようなものはあまり見かけません。

A: ヒレジャコ, B: シラナミ, C: シャゴウ, D: アラスジケマンガイ, E: リュウキュウアオイ, F: トゲナミノコガイ, H: シレナシジミ, K: マルオミナエシ 、以上の8つは査定された学名のままでよいでしょう(学名に相当する和名を付記しました)。

I: Mactra grandis (バカガイ属のインドタママキ) ?の学名が付けられた貝は、その形態的特徴からオオヒシガイであろうと思われます。
 
古いファイルを探してアンボンの写真を見つけ出したので、貼っておきます。訪れたのは1993年でした。
e0094349_18533269.jpg
e0094349_18534051.jpg
e0094349_1853486.jpg
e0094349_18535862.jpg


現代の日本文化を世界に伝えるネット情報の中で、俳句と達磨と日本食の伝統についてきめ細かに紹介している面白いブログを見つけました。

WASHOKU - Japanese Food Culture and Cuisine
Japanese Food throughout the Seasons - Regional Japanese Food Culture !
and
HAIKU to go with it !
Anthropology Notes about Traditional Japanese Food
Japanisches Essen, Japanische Küche . . . . . Washoku Saijiki

達磨博物館のGabriele Greve博士の俳句と和食歳時記のブログです。

その中にハマグリの項があって、日向市の碁石の話、黒木碁石店のサイトの日本語説明文が英語に翻訳されていました(元サイトとのリンクが切れています!)
http://washokufood.blogspot.com/2008/07/hamaguri.html

このブログの貝合わせの画像がとても良いので、リンク表示でなく、ここに貼らせてもらいます。
e0094349_14101227.jpg
e0094349_1410206.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-12-31 14:10 | Meretrix ハマグリ
<< インド人もびっくり、インドに渡... 山口県萩市のハマグリ >>