beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本産ハマグリ類の学名の変遷

貝千種(カイチグサ)という貝類図譜が大正4年(1915年)に出版されています。某古書店で貝千種の4巻揃いに90万円以上の販売価格がつけられている希少本ですが、オンラインで見ることができます。http://biodiversitylibrary.org/page/25208321

この図譜2巻の図版34の162図としてハマグリが出ています。その目録によれば:
ハマグリ 学名Meretrix meretrix Linn. 伊勢産とありました。
e0094349_14141541.jpg

この図はあまり良くありませんが、同じ巻の96図のホラガイの図などは芸術的です。
e0094349_1415979.jpg

平瀬與一郎の息子の信太郎が出版した貝類図鑑(日本貝類図譜、英語版と日本語版があり、松邑三松堂、1934年出版)はその後に出版された数多い貝類図鑑のさきがけとなったと思われます。それが分類順に整理されているのは、前に父親の出した図譜が動物分類学者に突っ込まれたからかもしれません。

永澤 六郎 (1915) 動物学雑誌 27巻 233頁:平瀬與一郎編輯, 『貝千種』第二輯, 記載順序の全然分類式にあらざること, 田中理學士の『日本産魚類圖説』と同じ, 圖版合計二十枚, 各枚少きは一種, 多きは八種, 合計百五種を載す, 芸〓堂發行, 定價不詳, 傳聞にては二圓五十錢….

動物学を専門にした「学者」と貝類収集から分類学を勉強したアマチュア研究者の軋轢が1世紀前からあったような気がします。Meretrix meretrixを学名として使う場合には、リンネが記載した1758年の SYSTEMA NATURAE ではVenus Meretrixでしたから、記載のルールに従えば大元の記載者名Linn.(リンネの省略)はカッコに入れて表記することになります。貝千種ではその約束事に従っていませんが、息子の出した1934年の貝類図譜では正しく表記しています。

下は1934年の図譜に掲載されたハマグリ, Meretrix meretrix (Linne)の写真(34図の8)です。産地の情報はありませんが、殻の大きさとして殻長93, 殻高 74, 殻幅 45mmと記載されている、かなり大きい個体です。
e0094349_14164984.jpg

平瀬父子の図譜では共にハマグリは1種だけでした。ところが、平瀬信太郎の貝類図譜の1年前、1933年に出版された「水産動植物図説」(大地書院)の貝類を執筆した瀧巌はハマグリとチョウセンハマグリを区別しています。

この本は古書店の在庫があって購入可能ですが、貝類の情報源としてあまり知られていないものなので、ハマグリ類2種の部分をスキャンした画像を貼り付けておきます(クリックすると読みやすくなります。
e0094349_14174168.jpg
e0094349_14175072.jpg
e0094349_14175819.jpg

江戸時代の貝類図譜で朝鮮浜栗が認識されていたことは以前のブログで紹介しましたが、その学問的な記述はこれが最初でしょう。ハマグリの学名は古いままですが、チョウセンハマグリの学名Meretrix lamarckii Deshayesが日本の文献で最初に出たのはこれかもしれません。

黒田徳米はVENUS(貝類学雑誌)の雑録として(1941年、11巻、106-109頁)「ハマグリ(文蛤)の学名に就いて」を出版しました。この文で、従来ハマグリに対して使われていた学名Meretrix meretrix(Linne)は日本産ハマグリに当てはまらないことを指摘し、ハマグリにはMeretrix lusoria (Gmelin)、チョウセンハマグリにMeretrix lamarckii (Deshayes)、その当時に植民地としていた朝鮮半島に生息するシナハマグリMeretrix petechialis Lamarck の3種をMeretrix meretrixから区別しました。

黒田はその後に南方系のハマグリ類でタイワン産の標本をタイワンハマグリと和名を与え、その学名をMeretrix meretrixとしたようですが、黒田の台湾産貝類目録が参照できないので、詳細はわかりません。台湾にタイワンハマグリがいるかどうか微妙な感じです(前のブログで指摘)。

戦後の1947年に出版された改訂増補「日本動物図鑑」(北隆館)では平瀬のハマグリの記述に黒田が追記したのがあります。
e0094349_14203437.jpg

現在のハマグリの学名表記はMeretrix lusoria (Roeding) です。Gmelinはリンネの記載種Venus Chioneという種の中から、後にRoedingが名前を与えたVenus lusoriaに相当する種を分離しましたので、上の図のような学名が出ているわけです。

チョウセンハマグリはこの動物図鑑には記載されていませんが、黒田の記述でシナハマグリが載っています。
e0094349_14213869.jpg

シナハマグリがチョウセンハマグリと同種かもしれないという記述が非常に面白いことですが、これから見て、黒田はチョウセンハマグリの特徴をしっかり把握していなかったようです。なお、中国ではこの種を今なおMeretrix meretrixとして認識しています。ついでに指摘しておくと、シナハマグリのラマルクによる原記載はCytherea petechialisでした。ラマルクが作ったCytherea属が廃止され、代わりにMeretrix属が同じくラマルクによって提唱されるという、わけの分からない歴史があるので、学名の混乱は相当なものです。属名は変更されましたが種名はそのままで記載者も同一人物であるので、学名表記の記載者をカッコに入れるかどうか微妙なところです。

チョウセンハマグリの原記載はJ. E. Gray が1853年に出版した、実はM. Deshayesが執筆したCatalogue of the Conchifera of Bivalve Shells in the Collection of the British Museum Part 1, Veneridae, Cyprinidae and Glauconomidae.という文献です。チョウセンハマグリの学名表記で一部ではGrayの名前がありますが、それは文献の責任者が不明確であるためでしょう。

黒田徳米は平瀬父子に続いて日本の貝類研究の発展に大きな功績を残したのですが、ハマグリ類に関しては混乱したままでした。それもそのはず、ハマグリ類の分類は国際的な混乱の尾がいまだに続いています。日本と周辺のハマグリ類について参照した文献が混乱していたのですから仕方が無かったことです。

黒田徳米の後を継いだ波部忠重の集大成「日本産軟体動物分類学 二枚貝綱/掘足綱」(北隆館、1977年)には現在に継承されている分類記載があります。
e0094349_14224126.jpg

上にある沖縄のタイワンハマグリは黒田の1960年「沖縄群島産貝類目録」(琉球大学発行)で(ハマグリ)としてカッコつきの記載があったものを指すと思います。
e0094349_1448259.jpg

図のハマグリとチョウセンハマグリは殻頂の位置がおかしく、これを元にして査定すると二種を間違う恐れがあります。また、この図ではオキシジミの図の番号が間違っていますが、図版の校正ミスでしょう。

上のハマグリの地理分布の情報で、不思議なことに北海道南部があります。これまで調べた情報では、北海道の各地の貝塚からハマグリの殻は出ていますが、現生集団が北海道にあるという形跡がありません。分かっているかぎり、最北端のハマグリ集団は陸奥湾の奥、むつ市の沿岸にあります。また、現生チョウセンハマグリ集団の分布範囲は太平洋側で宮城県、日本海で能登半島西岸です。

沖縄産チョウセンハマグリの標本は国立科学博物館に収蔵された標本に含まれています。それが見落とされたのかどうかわかりませんが、沖縄本島沿岸にかつてチョウセンハマグリが成育していたようです。科博だけでなく、貝塚出土の貝殻にもあり、さらに地元の貝類収集家が分担して記載した「沖縄の貝・カニ・エビ」(平田義浩が貝類を執筆、風土記社、1973年)にはハマグリとチョウセンハマグリがあります。
e0094349_14245387.jpg

中城湾で養殖されたというのは、熊本県から移植されたハマグリのことでしょう。チョウセンハマグリは元から沖縄にいたが近年に消滅したと思われます。

上のハマグリが曲者です。たしかに良く似たものが沖縄に生息していて、ペリー艦隊の琉球滞在中の生物調査で採集された貝類の中に出てきますし、首里城などの貝塚から貝殻が出土しています。

チョウセンハマグリの古い学名とも考えられるCytherea morphinaという貝がJ. C. Jay (1856) の報告書 (Report on the shells collected by the U. S. Naval Expedition to Japan) にあります。しかし、Jayが報告した他の3種(Cytherea meretrix, C. petechialis, C. formosa)については現在のどの種に相当するのか不明確で、解明はこれからの課題です。特に3つの中のシナハマグリの学名で呼ばれた種がシナハマグリであるかどうか、現物を見ないとわかりません。

何はともあれ、複数のハマグリ類と有明海から移植されたハマグリのすべてが沖縄本島では消えてしまって見つからないので、過去の標本を調べて確かめながら、沖縄にはどのハマグリ類がいたのかいなかったのかをはっきりさせることになりますが、まだ前途多難です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-12 14:26 | Meretrix ハマグリ
<< 日本産ハマグリ類の海外での記載... 蜃気楼は大ハマグリが吐くそうです >>