beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本産ハマグリ類の海外での記載論文を探る

日本国内で出されているハマグリ類の分類記載の文献が網羅できたので、次はそのルーツを国際的に探ってみましょう。ここでは、ハマグリと最も近縁な系統関係にあるシナハマグリを含めます。

海外の古い貝類学者たちは、世界中から集まっていた同類の分類を検討した結果をモノグラフとして出版しています。リンネやラマルクなど近代分類学の開祖が出版した本には画像がありませんが、その後、19世紀になってから画像入りのモノグラフが次々に出版されました。

ハマグリ類を含む重要なものは以下のリストに出しましたが、すべてオンラインで見ることが出来ます。

Hanley, S. (1842 to 1856) An illustrated and descriptive catalogue of recent bivalve shells. With 960 figures by Wood and Sowerby, forming an appendix to the Index testaceologicus. p. 95-100, 354.
http://biodiversitylibrary.org/page/10950050

Sowerby, G. B. (1851) Thesaurus Conchyliorum, or Monograph of Genera of Shells.
Vol. II. Monograph of Genus Cytherea - Fam. Veneridae - p. 611-648.
http://biodiversitylibrary.org/page/11075755

Deshayes, M. (1853) Catalogue of the Conchifera or bivalve shells in the collection of the British Museum [by Monsieur Deshayes] 1. Veneridae, Cyprinidae and Glauconomidae. Gen. 3 Meretrix. p. 34-41.
http://biodiversitylibrary.org/page/18353400

Reeve, L. A. (1864) Conchologia iconica, or, Illustrations of the shells of molluscous animals. Monograph on the Genus Cytherea. p. 155- 167.
http://biodiversitylibrary.org/page/10972181

Römer, E. (1869) Monographie der Molluskengattung Venus, Linné. Bd. 1.
Genus: Venus Linné. I. Subgenus: Cytherea Lamarck. 2. Section: Meretrix Lamarck.
p. 25-40.
http://biodiversitylibrary.org/page/12110258

以上の文献にハマグリ類の分類が扱われていますが、ハマグリ属の昔の名称はVenusからCythereaに変り、次にMeretrixになって現在に至っています。

ハマグリ類は多分10数種あると思いますが、名前だけのものを含めれば20種を超えます。その内で、温帯海域に生息するものはハマグリ (M. lusoria)、チョウセンハマグリ (M. lamarckii)、そしてシナハマグリ (M. petechialis) の3種類でしょう(沖縄は熱帯海域に含めています)。

上のリストの文献でDeshayesのものには図版がありません。Hanleyの図版は簡略化されすぎていて比較に使えませんので、それを除くSowerby, Reeve, Römerから温帯性の3種に相当すると考えられる図版のイラストを抽出しました。

それぞれがハマグリとチョウセンハマグリについて異なった見解を持っていることが良くわかりますが、シナハマグリは大体一致しているようです。
e0094349_1442655.jpg

RömerのXI図版の1図: M. lusoria var. (Chemn.) fusca Koch はおそらくチョウセンハマグリでしょう。

インドのハマグリ類の分類を発表したHornell (1917) が、日本産チョウセンハマグリの写真にハマグリの学名を書いて出していたのと全く同じことがここでも見られます。
{インド人もびっくり、インドに渡った日本のハマグリ}
http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/03/49/e0094349_104076.jpg

同XII図版の1図は典型的なハマグリの成体です。

チョウセンハマグリはDeshayes(1853)の記載で出てきた種ですが、その絵はSowerby(1851)に出ていたCytherea morphinaを当てています。これが我々が日本で見ているチョウセンハマグリと同一種かどうか、形態的に差異があるので若干疑問が残ります。模式標本の原産地はMare Chinense (中国沿岸)で、採集したのはCumingという有名な貝類収集家でした。
e0094349_14421426.jpg

RömerのIX図版の1cのシナハマグリとされたものはハマグリの若い個体に見えてなりません。
ちなみにシナハマグリの模式標本の絵がReeve (1841) Conchologica Systematica, or Complete System of Conchology Vol. 1 の中に示されています。
e0094349_15105469.jpg

イギリスとフランスは貝類学者たちの交流が盛んだったようですが、ドイツは違っていたようです。Römerの論文が不一致になっているのも、それぞれが独自の見解を保っていたからでしょう。

明治維新前後に日本の貝類を熱心に調べたのはドイツ人たちで、Dunkerや Lischkeなどが日本各地と近隣諸国で採集した標本をRömerが調べて見ています。ところが、イギリスとフランスの研究者はもっと古い時代の産地も分からない貝殻を見つめていたようです。

Roeding がハマグリを最初に記載した貝殻の所在は現在確認のため問い合わせ中です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-13 14:20 | Meretrix ハマグリ
<< 碁石ハマグリ 日本産ハマグリ類の学名の変遷 >>