beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

碁石ハマグリ

今日は久しぶりに小倉ヶ浜の最南部の様子を見てきました。

海は良い凪でサーファーはゼロ、駐車場はカラッポでした。
e0094349_17244253.jpg
e0094349_17245032.jpg

バームが出来ていますが、特に書き残すべきことも見つからず、戻り道で「はまぐり碁石の里」に立ち寄って、かつて海の底の砂の中に埋まっていた貝殻を浚渫して採取していたらしい船の姿を記念撮影しておきました。
e0094349_17272179.jpg

白の碁石の材料となる貝殻は新鮮な貝ではだめで、砂の中に堆積した半化石が使われます。従って、資源は有限で、すでに採りつくしてしまい、今ではメキシコハマグリPismo Clamという貝が代用に使われているそうです。ハマグリ属ではありませんが、近い親戚筋のTivelaという属の二枚貝です。

将来的に見て、この船の出漁はないようで、朽ちるのを待っているような風情ですが、歴史的な遺物とも言えるので、日向市がハマグリ博物館を作る時に活用するべきでしょう。

日向市は、日本一の柱状節理海岸の馬ヶ背、ユニークな礫岩のさざれ石、日本一の砂浜である小倉ヶ浜をアピールするべきジオパーク、そして世界唯一のハマグリ碁石産業についても、歴史的・学術的な情報発信をやって世界に誇ることが出来るはずです。役所の中でのんびり・忙しくやっている皆さんが眼を覚ますのは何時のことになるでしょうか。

世界一デカイと自慢しているカリフォルニアのPismo Clamの画像がありました。
写真を下のサイトから借りてきました。
http://www.worldslargestthings.com/california/clam.htm
e0094349_1750320.jpg

Reinforced concrete
approximately 8 feet tall, 2.5 feet wide
molded in the ‘shut’ position


柱状節理で世界的に有名なジャイアンツ・コーズウエイ(巨人伝説を生んだ柱状節理)
自然科学のとびら Vol.10, No.1  神奈川県立生命の星・地球博物館  Mar, 2004
http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/10-1/hirata.html
北アイルランド北部の小さな田舎町ブッシュミルズ(Bushmills)は、アイリッシュ・ウィスキーの産地として知られている。その郊外の大西洋に面する切り立った海食崖に、1986年に世界遺産に指定されたジャイアンツ・コーズウエイ(Giant's Causeway)がある。

下のギャラリーサイトにその良い写真があります。
http://ic2.pbase.com/u47/jflogel/large/33978808.GiantsCauseway7.jpg

沖縄、久米島「畳石」(県指定天然記念物)も同様な柱状節理の断面です。
2004.08.11 久米島畳石で見せられた現実
http://okinawa.mo-blog.jp/suki/2004/08/post_13.html
なんとこの畳石昔はこの4倍くらいの面積があったそうです。その人の話によればすぐ近くの久米島と奥武島をむすぶ橋の建設によって海流が変わり、畳石が砂に埋まりだしたそうです。私も見て最初に「えっこれだけ」と思いました。

その橋が下の写真です。今工事中です。工事関係者に聞いたところ拡張工事だそうです。「えっ拡張必要なの?」と思いました。現在の交通量から推測すると、近くに住んでいる人も同じ感想を言うと思います。

日本は本当に観光開発がへただと思います。この畳石を保存するために「畳石の周りを埋め立て」などとならないことを願います。

[PR]

by beachmollusc | 2010-01-14 17:36 | Meretrix ハマグリ
<< ハマグリの稚貝標本を追って 日本産ハマグリ類の海外での記載... >>