beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリの模式標本はチョウセンハマグリだったかも

仕事始めの時期に申し訳ないことをしてしまいましたが、1934年に東北帝国大学の理学部生物学科でハマグリの殻のアロメトリーを研究した浜井のサンプルが残っていないか、万一の望みを託して問い合わせたら、東北大学大学院生命科学研究科(理学部生物)の占部教授と研究室の皆さんが探してくださり、結局残っていないことが判明しました。もし残っていたら、日本各地14箇所のハマグリとチョウセンハマグリの、その多くの場所で地域絶滅している試料を見ることができたので、とても残念でした。

Hamai, I. (1934) On the local variation in the shells of Meretrix meretrix (L.), with special reference to growth of organism. Sci. Rep. Tohoku Univ. S.4 Biol. 9, 131-158.

この論文で2種のハマグリは同一種として扱われていましたが、付表データを解析したら3箇所はチョウセンハマグリであることが判明しました。
e0094349_940739.jpg

Hamaiが記載した採集地の地名 (記号) (2006年時点)現在の地名
..............................................................................................
Yatusiro-Mati, Yatusiro-Gun, Kumamoto-Ken (G) 熊本県八代市
Ryokai-Mura, Sanmon-Gun, Hukuoka-Ken (E) 福岡県柳川市両開
Yatuya-Mati, Tikujyo-Gun, Hukuoka-Ken (A, F) 福岡県豊前市八屋(ハチヤ)
Ozi-Mura, Toyoura-Gun, Yamaguti-Ken (I) 山口県下関市王司
Kusatu-Mati, Hirosima, Hirosima-Ken (P) 広島県広島市草津 (*)
Turesima-Mati, Asakuti-Gun, Okayama-Ken (C) 岡山県倉敷市連島(ツラジマ)町(*)
Saijyo-Mati, Nii-Gun, Ehime-Ken (B) 愛媛県西条市 (*)
Tokusima, Tokusima-Ken (H) 徳島県徳島市
Kawagoe-Mura, Miye-Gun, Miye-Ken (J) 三重県三重郡川越町
Kankawa, Tiba, Tiba-Ken (K) 千葉県千葉市寒川(サムカワ)町 (*)
Hattori-Mura, Iwami-Gun, Tottori-Ken (L) 鳥取県岩美郡福部村 (現鳥取市)
Takamatu-Mati, Kahoku-Gun, Isikawa-Ken (D) 石川県河北郡高松町
Matukawa-Ura, Soma-Gun, Hukusima-Ken (M) 福島県、松川浦 (*)
Watanoha-Mati, Ozika-Gun, Miyagi-Ken (N) 宮城県牡鹿郡渡波町(?)
......................................................................................................
(*)では地域消滅したと思われる。(?)は未確認。

並べられた順番が地域でも採集日時でもなく、同じ場所で2日に分けたのを別の地名記号で示していて、この論文はデータ記載の整理がまるでできていません。

この当時はコンピュータが使えなかったし、電卓はもちろん手動の計算機もなかったと思われるので、おそらく算盤を使ったのでしょう。その結果、データ解析が不十分であったのはやむを得ません。

貝殻を測定した生データが表になって付けられていたので、整理して解析しました。地名の誤記や数字の誤植も分かる範囲で訂正しました。

下のグラフに全部のデータをまとめて示し、参考のために門川と柏崎のハマグリそして小倉ヶ浜のチョウセンハマグリのデータを書き加えました。殻の大きさで殻長20ミリ未満、21-40, 41-60, 61-80ミリの4つのクラスに分けて集計し、それぞれの殻の膨らみ率(殻幅/殻長),そして殻の扁平率(殻高/殻長):の平均値を求め、大きさが変化すると殻の見た目の形が変化することを図で示しています。
e0094349_9405740.gif

Meretrix lamarckii:  チョウセンハマグリ
   北太平洋 - WTH (渡波)
   東九州 - OKH (小倉ヶ浜)
   日本海 - TKM (高松), FKB (福部)

Meretrix lusoria: ハマグリ
  日本海 – KSZ (柏崎)
  北太平洋 – MKU (松川浦)
  東京湾 – SMK (寒川)
  伊勢湾 – KWG (川越)
  瀬戸内海 – TKS(徳島), SIJ(西条), KST(草津), TRS (連島)
  周防灘 – HTY (八屋), OJI (王司)
  西九州 – RKY (両開), YTS (八代)
  東九州 – KDG (門川)

この図から、ハマグリとチョウセンハマグリは殻の姿を変えながら成長するが、前者は丸っこい形から横長に変化して膨らみに大きな変化がないこと、それに対して後者は大きくなるに従ってよく膨らむが縦横比はあまり変化しないことがわかります。例外的には福岡県の両開(RKY, 有明海の奥)にあった集団は同じ比率を保って大きくなっていました。また、松川浦のサンプルは小さい稚貝ばかりだったので変化の傾向が異なりました。

結果的に、これらの2種は大きくなりながら、互いに似通った貝殻プロポーションの比率に近づくので、大きい殻でちょっと見ただけでは種の識別が難しくなります。図鑑の写真で殻の輪郭のイメージを作ると査定を間違える可能性が高いので、貝類図鑑では、このような形態変化が激しい貝は稚貝と成貝の違いが分かるように示す必要があります。

図をよく見ると、東京湾の千葉県寒川のハマグリ集団(SMK)は他の海域の同種集団と比べて横長になる傾向が強く、また膨らみが弱いので特異的です。それに近いのが伊勢湾の三重県川越(揖斐川河口付近)の集団(KWG)です。これら2地域の集団は、大きい個体の形態計測の数字だけで見るとチョウセンハマグリとほぼ同じ平均値です。(套線湾入の差異などでこれらの二種は識別できます)

さて、ここで気になっている本題とのつながりができました。

ハマグリの学名が決められた時に参照された貝はハマグリであったのか、それとも実はチョウセンハマグリだったのか、それが問題です。その模式標本は、日本からヨーロッパにもたらされた「貝合わせ」に使われた貝殻でした。貝殻の内側には金箔が貼られ、それに絵が描かれていました。(チョウセンハマグリの模式標本は中国の沿岸で採集された貝らしい。)

貝合わせに使われた貝殻は7~8センチの大きいものであったはずです。その大きさでは、ハマグリとチョウセンハマグリの形態はよく似ていて紛らわしく、またハマグリの殻が使われたとして、江戸時代のものと仮定すれば東京湾か伊勢湾産の殻が使われた可能性が高かったでしょう。つまり、形の上で識別が難しい、そして2種の套線湾入の明確な差異が読み取れない、殻の内面に装飾が描かれた殻を基にした(販売カタログで行われた)分類でした。

江戸時代の貝塚出土の殻の計測データが少ないのではっきりしませんが、貝合わせが盛んで当時の良家の嫁入り道具の定番だった時代に、大きい殻のハマグリの入手はとても難しかったでしょう。チョウセンハマグリの方が大きい殻が入手しやすく、また殻の厚みがあり丈夫であって、遊び道具としても扱いやすかったとも思われます。

2種のハマグリ類がどちらも貝合わせの材料になったと考えられますが、ヨーロッパに渡って分類の基準にされた貝がどちらであったのかというと、チョウセンハマグリだった確率の方が高そうです。その後、ハマグリとチョウセンハマグリが識別されて別種にされる過程で標準となった貝殻がどちらの種であったとしても、結果は変らなかったでしょう。デンマークの自然史博物館に保存されているハマグリの模式標本が実はチョウセンハマグリだったとしてもびっくりすることではなさそうです。

江戸時代の貝合わせの貝殻は各地の博物館や旧家などに収蔵されて残っているようです。大分県に2セット、熊本県に1セット展示されている貝合わせの貝があることをネット検索で見つけ出したので、現物のチェックをしてみるつもりです。(三重県や東京都などにもあります。)どのくらいの確率でどちらの種が貝合わせの貝殻となったのか、調べるのも面白いでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-19 09:44 | Meretrix ハマグリ
<< 門川の庵川干潟 ハマグリの学名を巡って >>