beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

矢倉和三郎による「貝覆い」の解説

1922年に刊行された矢倉和三郎著「趣味・研究 介類叢話」という本の復刻版が1994年に出版されている。定価がなんと22、000円(2200円ではありません):信じられないような値段であったが、昔悩んで神田の古書店から18、000円で購入したのが正しい決断だったと、今朝になって判明した。この本の最後に、探し回っていた矢倉の貝標本の行方が略歴の中に書いてあった。多分、「復刻に当たって」という扉の文章を書いた奥谷喬司さん(当時東京水産大学教授)が書いたような気がする。それが別の誰であったにしても、ここで深く感謝したい。

矢倉は、貝類ではなくて介類という言葉をわざわざ本の表題に使っている: malacologyではなく conchologyだと主張しているが、本を読めば生物学的、進化学的な興味と好奇心で突き動かされ、貝殻収集の趣味を超えて貝類の研究を独学で進めた様子が理解できる。特に日本産シジミ類の生物学は詳しい。

貝塚や貝貨、熨斗、螺鈿、真珠、そして貝類が中間宿主となる寄生虫症などについて、民族・歴史・考古学など貝類に関係するほとんどあらゆる事項を調べてまとめて記述するという離れ業をやっているのがすばらしい。その中にハマグリの殻を使って遊ぶ「貝覆い」についての詳細な解説があった。著作権はすでに時効だろうし、復刻版を見ることが出来る読者は少ないはずだから、その記述内容を埋もれさせないために、ここで貝覆いの部分を抽出して紹介したい。305-308頁の部分で、書き出しの1節は主題に関係ない事であったから省略した。
e0094349_92256100.jpg
e0094349_923478.jpg
e0094349_9231173.jpg
e0094349_9232171.jpg

この記述のおかげで、元禄時代の貝覆いに使われたハマグリは、大きさも色も特定のものが選ばれて使われ、さらに貝殻の外側表面の殻被が除去された事を知った。そのような貝殻を分類学の基準となる標本に使ったこと、それを後の研究者が容認したことには驚きあきれてしまう。conchologyとして貝殻のみを見て分類していた時代はともかく、生物学が学問として進んでmalacologyの時代になった19世紀後半にもこのような分類が無批判に受け継がれたことは不思議である。

{蛇足}

ハマグリの左右二枚の貝殻は別の貝のものと決して噛みあわない、というのは実際にやってみればわかるが嘘である。現実の世界は建前とは違うようで、貝塚出土の左右バラバラのハマグリの殻を時空を超えて再び合わせてみたらほぼ同じ大きさでは5%程度は違った相手の殻とかみ合ってしまうようである。

かみ合うピッタリの程度はいろいろであるが、ペアだと思ってしまうほど完璧なものも出てくるので油断できない。しかし、成長線を見比べれば、それぞれの貝の辿った履歴の差異が現れているので識別できる。

貝覆いでも成長線の個性が識別の目印になったはずである。冬の成長停滞の年輪や繁殖時の障害輪、そして一時的な撹乱(台風洪水など)の影響でできた様々な区切りの模様には個性が出ている。それが分かりにくいように、わざと殻の外側表面を磨いたのであろう。

貝塚の貝の多くは捨てられる前に一緒であった左右のペアが多かったはずである。発掘されて泥を洗い落とす過程でバラバラになる。考古学調査では左右を別々に仕分け、数を数えてレポートに書くが、その元のペアを復元するようなことは滅多にやっていない。考古学関係の論文や報告を見た範囲では、九州大学の小池教授が大昔に試みている。

小池さんは貝殻の成長線を読み取って貝塚出土のハマグリが食用にされた時代の環境を解析する古生物学の研究を進めていた。

貝殻からのメッセージ
http://www.cosmo-oil.co.jp/dagian/41/15.html

貝塚の中の二枚貝のペアの出方を指標にして貝層のまとまり具合を調べるようである。
Bivalve conjoin analyses: assessing site integrity
http://epress.anu.edu.au/terra_australis/ta24/pdf/ch05.pdf

上の論文の3頁目に下の論文が引用されていた。
Koike, H. (1979) Seasonal Dating and the Valve-pairing Technique in Shell-midden Analysis. Journal of Archaeological Science, 6:63-74

日本でも古生物・考古学で貝殻を扱う論文は色々出ているが、左右のペアの出現頻度に注目した研究は乏しい。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-20 09:18 | Meretrix ハマグリ
<< 一ツ葉幽霊道路沿いの離岸堤の運命 門川の庵川干潟 >>