beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一ツ葉幽霊道路沿いの離岸堤の運命

自動車運転免許証(1977年以来33年間無事故無違反、スーパーゴールド)の更新のついでに、久しぶりに一ツ葉海岸沿いの幽霊道路を走ってきました。昼間は明るいので幽霊は出ませんが、夜は車が走っていない暗い松の木に囲まれた、いかにも出そうな気味の悪い道路です。巨大な墓石のような建造物も見えます。

通行料金が安くなってもそれほど交通量が増えたとは思えません。なにしろ、肝心な大淀川を渡る路線と分断されてつながっていないし、内陸側に道路が数本平行に走っていて、この道路を走るメリットがあるのかどうか誰か役所に問い合わせて下さい。内陸の平行線県道のネック部分の殻幅工事が進められていますので、それが完成したら、さらに...無料にするべきですね。

海の景色が見える海岸道路を建設したつもりでしょうが、松が視界を遮り、松の無い場所では海岸侵食の景観が良く見える場所があります。パーキングエリアではもっと良く見えるかもしれませんが、離岸堤の現状写真を撮るために一時停車できるスペースを利用しました。
e0094349_19294477.jpg
e0094349_19295367.jpg

写真の部分が建設されたのはごく最近でしたが、その経緯などの説明と現場の写真が下のファイルにあります。
http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/setsumei/pdf/20070830.pdf

このような侵食が起こった直接の理由は簡単で、宮崎港の長大な防波堤という砂のたまり場を造ったから、その上流で移動・循環していた砂を堰き止めた結果でした。堆積する場所ができれば、有限な砂は別の場所で侵食となってバランスがとれます。
http://blog-imgs-11.fc2.com/m/i/y/miyamichi/20071128032452.png

侵食問題の間接的な理由は、一ツ葉道路を海岸の直近の砂丘だったところに建設したため、砂丘に溜まった砂が海に戻れば何とかなったのに、護岸で固めてしまったからです。つまり、防潮林と道路を守るために砂浜を犠牲にしたわけです。

次に、護岸を守るために沖に離岸堤を建設しています。南の一ツ葉海岸のマリーナや海水浴場の部分には古い離岸堤がありましたが、空中写真で経過を見たら、そこでは離岸堤が重量効果で沈んで消える前に堆積で埋もれて消えました。

パーキングエリアに近いところは傾斜誤岸、その沖に立派な離岸堤を作ったのです。この離岸堤は砂の中に埋没しないように、底に沈下防止用の特殊シートを敷いています。設計仕様では、恐らく数十年間は沈下しないことになっているはずです。ところが、強い台風も襲ってきていないのに昨年からズンズンと沈んでいるようです。役所の説明では設計ミスでも施工ミスでもないそうです。自然現象だから誰も責任はとりません。

たらいの中に水と砂を入れ、砂の上に小石を置いてから、たらいを軽く叩けば分かりますが、比重が大きい石は砂の中に沈みます。強い波浪や地震で離岸堤は砂の下に沈んでしまう運命が待ち受けているわけです。それを防ごうというのが沈下防止用の特殊シートというわけで、多分たっぷり特許料を含んで、ものすごい金額のはずです。離岸堤の建設コストがいくらだったかは突き止めていませんが、その中にシートが占める割合はかなり高いはずです。

さて、写真のように、はじめは綺麗な輪郭で建設された離岸堤が次第に変形して面白い造型となりました。来年くらいにはほとんどが沈んで潜堤となるでしょうが、その前に「かさ上げ」工事があるかもしれません。上にドンドン積み上げて、さらに沈みやすくするわけです。工事の受注者は笑いが止まらないでしょう。強力な台風が直撃するか、日向灘沖地震のマグニチュード7クラスで全体がバラバラになれば、災害復旧工事が待っています。

(参考)
アスファルトマットは、アスファルト合材の中に補強芯材と吊り上げ用ワイヤーロープを埋め込んで成型したもので、広く河川、海岸から海洋までの水理構造物に使用されています。
http://www.kaijyokouji.co.jp/ASweb/asmat.html
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-21 19:55 | 海岸
<< 矢倉和三郎がハマグリとチョウセ... 矢倉和三郎による「貝覆い」の解説 >>