beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

矢倉和三郎がハマグリとチョウセンハマグリを同種とみなした理由

矢倉和三郎の「介類叢話」(1922年)には動物学雑誌の1920年381号に掲載された「日本産蛤貝のフォームに就いて」という論文が再録されている。日本の各地沿岸で採集されたハマグリ類の殻の形態指標(殻長、殻高、殻幅)を計測し、その比率を計算して比較したものである。

これは恐らく、1917年に出版された世界的に有名な古典的学術書"On Growth and Form" by D'Arcy Wentworth Thompsonの影響を受けたものとも想像される。いわゆるアロメトリーと呼ばれる現象、つまり動物が成長するときに体の構成部分の大きさが相対的に異なる割合で変化することを言うが、具体的には人間の子供と大人で、頭の大きさと身長の比率を考えればわかりやすいだろう。

前に紹介した東北帝大の浜井も、その指導教授も1920年代から30年代にかけて、貝類について貝殻のアロメトリーの研究を続けていた。

矢倉は自分の測定データの数値解析の結果を踏まえ、日本産ハマグリには二つの「型」が明確に認められるが、それぞれが連続的に変化して境界線を引くことができないとし、同じ「種」が生息場所の違いを受けて変化した「生態的な変異型」と結論を出した。結果的に、この結論は間違いであったが、その論理がなぜ出たかを分析した話をここで述べる。

まず、矢倉の論文のデータ解析と論理が書かれた論文をスキャンして画像としたものを全文引用する。
e0094349_974961.jpg
e0094349_975956.jpg
e0094349_9872.jpg
e0094349_981472.jpg
e0094349_98226.jpg
e0094349_982933.jpg

矢倉が集めたハマグリ類の殻の大きさと産地の分布に注目すると、今では地域絶滅している場所が多いこと、そしてハマグリA型(つまりハマグリ)の殻長が10センチを超える大きなものが全国に見られたことがわかる。

B型(チョウセンハマグリ)では日向産の殻長121.5mmが最大であったが、これは現在でも見つけるのが難しい大きさである。日向市平岩のハマグリ漁師さんと茨城県鹿島灘の貝桁網漁をする電脳漁師さんに120mm超の貝が採れたら知らせていただくという話になっているが、共にまだ出てこない。

矢倉の論文の基本的な問題は、結果的であるが、ごく大きい殻を選び出して比較したことである。浜井のデータの再解析結果から見て、大きくなるほど2種の殻の輪郭は似てくる。矢倉は結果をグラフで図解していないので、下に図示する。
e0094349_9384376.jpg

白抜きの菱形がA型(ハマグリ)で、塗りつぶしのがB型(チョウセンハマグリ)である。

殻の大きさ(殻長)を横軸にとって、殻高と殻幅の比の変化を見ると、地域的に大きくバラツクけれども全体として同じ幅の中で変動している。矢倉は比較のベースに殻高を分母にして比率を出したが、それで比較するとこのような結果が出て、数値で2種間の識別ができなくなる。

殻の長さを分母にして相対的な高さ(縦横比)を比較すれば、このデータでも2種の平均値で統計的に有意差が出る。しかし、データの重なりが大きくて、集団としては識別できるが個体ごとの識別には使えない。統計解析(平均値の差の検定で集団が異なっているかどうかを判定する)が日本で実用化されたのは戦後であり、矢倉の時代は、数量データの解析をもとに科学的な論議はできなかった。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-23 09:29 | Meretrix ハマグリ
<< 臼杵の貝合わせ貝探訪 一ツ葉幽霊道路沿いの離岸堤の運命 >>