beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

臼杵の貝合わせ貝探訪

昨日は大分県臼杵市のヤマコ臼杵美術博物館を訪れ、所蔵されている貝覆いセットの実物を見てきました。これは、貝合わせで検索していたら、面白いニュースが目に止まったからでした。

大分のニュース (大分合同新聞)[2010年1月9日]
できた!貝合わせ 臼杵の保育園で (写真:着物姿で対戦する園児=8日、臼杵市)
 臼杵市末広のすえひろ保育園(佐々木正円園長)で8日、毎年恒例の「新春貝合わせチャンピオン大会」が開かれた。
 貝合わせは平安時代の遊びで、ハマグリの貝の内側にかかれた絵や文字のペアをつくっていくもの。年長組の園児が昨年11月から練習を始め、12月に予選を実施。チャンピオン大会では勝ち上がった7人が対戦した。
 園児は着物姿で対戦し、貝の外側の模様を注意深く見ながら、貝をめくった。ペアがそろうと、周りで対戦を見守っていた園児から「大当たり」との掛け声が上がった。


臼杵市を含む大分県の南東部には石灰岩の地層が広がっている。佐伯市の番庄川の流域には石灰岩の路頭や鍾乳洞があり、河川水にも石灰分の溶出があるからだろうが、ホタルの餌のカワニナの繁殖環境が優れているように思われる。

臼杵市は江戸時代から石灰岩を産出し、郊外には国宝の石仏がある。そこに民間の美術博物館があって、臼杵藩稲葉家由来の調度品などが展示されている。その中に貝覆いのセットがあることがウエブサイトのパンフレットに書かれていたので、ハマグリかチョウセンハマグリのどちらが材料となっているのか検分することにした。

臼杵藩稲葉家 - ヤマコ臼杵美術博物館 - 大分県臼杵市
http://www.yamako.net/usuki/u_inaba.html
案内パンフレットファイル:http://www.yamako.net/usuki/pdf/usuki_p01.pdf

丁度この博物館では、企画展:「青貝工芸~貝よりはじめよ!」があった。  

当館所蔵の谷文晁筆『群蝶渡瀾図』及び蝶螺鈿刀掛をセットで公開する新春恒例の展示に加え、臼杵・津久見地域の青貝細工(薄い貝片を使用する漆工芸)をコーナー展示します。
臼杵地域に伝わる青貝細工(主に飲食器)を公開してきましたが、今回は初出品の文具3点も含め7点になります。


展示期間:平成22年1月1日(金)~平成22年1月31日(日)
ところ:ヤマコ臼杵美術博物館 TEL 0972-65-3080

青貝とはヤコウガイの殻の真珠層を薄片にして切り出した螺鈿細工のことである。ヤマコ博物館の学芸員さんはヤコウガイに限らない(技法の名称)と説明してくれたが、ヤコウガイの英語の名前がgreen snail というように、ヤコウガイの殻は独特の虹色に光る真珠層の発色を見せるので、古代から貝螺鈿の中心的な材料とされ、アオガイという固有名で呼ばれている。

中尊寺国宝・螺鈿八角須弥壇(復元):http://www.iwanichi.co.jp/hukugen/hukugen_1.jpg

1980年代の韓国の経済発展とソウルオリンピック特需で韓国の螺鈿家具、工芸細工のためのヤコウガイの殻価格が急騰し、産地の全域(奄美以南、フィリピン、インドネシア、パプア・ニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツなど)で極端に乱獲された。

ヤコウガイについての生物学的な研究はその頃まで皆無だったので、初期生活史の解明を試み、その結果は下の本の中で記載した。
Yamaguchi, M. (1993) 第15章 Green Snail, 497-511頁、 A. Wright and L. Hill 編著: Nearshore marine resources of the South Pacific全710頁.
Institute of Pacific Studies, Univ. of the South Pacific, FFA and ICOD
サンゴ礁に生息する水産重要種である巻貝、ヤコウガイについてその生活史を実験室での飼育で明らかにして記載し、さらにその資源生物学的な特性についての知見を集大成した。この貝は、近年の価格の高騰を背景にして、インド洋と西太平洋のサンゴ礁で乱獲されて枯渇しているので資源回復のための種苗生産・放流実験が進められている。

沖縄の伝統工芸の一つだった青貝の螺鈿細工は材料の枯渇で廃れてしまった。ヤコウガイやタカセガイ(高級貝ボタンの材料)の資源枯渇は潜水漁業の乱獲が主な原因で、種苗生産と放流によって資源回復が期待されていたが、その後どうなっただろうか。

話をハマグリに戻して進めよう。

天保5年(1834)臼杵藩主稲葉家の十ニ代幾通(ちかみち)に輿入れした中津藩奥平家の鈼子(さくこ)姫の嫁入り道具だった貝覆いのセットがヤマコ美術博物館で展示されていた。180組360枚のうち100枚近くが不足しているそうである。江戸末期の廃藩の頃の混乱中に失われたのかもしれない。

稲葉 - 江戸大名公卿net: http://www1.parkcity.ne.jp/sito/178.html

12代・幾通(ちかみち)10代雍通の三男 母は某氏     
生没・文化12年(1815)~天保14年(1843)家督・文政4年(1821)相続

江戸時代の大名と旗本に関する情報は下のサイト「旗本大名の世界」に詳しい。
http://homepage3.nifty.com/ksatake/

臼杵の稲葉家は1600年から幕末・明治までの2世紀半余りに14代続き、藩主(予定者を含む)の正室の嫁入りは12回あったものと仮定すると、平均22年ごとに一度の割合であったろう。これが平均的な数字であったと仮定し、全国の大名家約200-300と三千石以上の大身旗本の数をほぼ同数とし、荒っぽく見積もって500家で25年ごとに婚礼・嫁入り道具の新規需要があって、どのケースでも貝合わせが新しく製作されたとすれば、毎年20セット程度の需要があったことになり、江戸時代に製作された大名・旗本関係の貝合わせセットは累計5,000セット程度ではないだろうか。

母親から娘に代々受け継がれたりした場合があったかもしれない。しかし、江戸時代の豪商も真似たかもしれないし、中堅の旗本の家でも需要があったかもしれないので、全体数としては、少なくとも数千組から多くても1万組を超えるとくらいと想像される。

鈼子(さくこ)姫の嫁入り道具だった貝覆いの貝はハマグリであった。
e0094349_1152432.jpg
e0094349_1153363.jpg
   
学芸員さんが陳列ケースから取り出して見せてくれた殻の写真を下に示す。
e0094349_115471.jpg

e0094349_11334181.jpg
 
殻の大きさは殻長が9センチ弱でよく揃っていた。
e0094349_1161345.jpg

並木誠士(著)「江戸の遊戯 貝合せ・かるた・すごろく」青幻舎、2007年、には上の図が示されている(国立国会図書館所蔵、斉藤玉山著(江戸時代後期)からの引用)。

貝の大きさが3寸5分(106mm)-3寸2分、3寸3分-3寸1分、3寸(91mm)、までとなっていて、これは貝箱の大中小に相当する貝殻のランク分けと考えられる。臼杵に嫁いだ中津の姫様が持ってきた貝は最小サイズの規格でギリギリの大きさだったようである。

チョウセンハマグリだった確率が高いだろうと想像していたので、江戸後期の貝覆いにハマグリが使われていたことはやや意外であった。このハマグリは9センチ弱の大きさで揃えられていたのであるが、19世紀前半でも、この程度の大きさのハマグリが入手できたことを意味するのだろう。

この貝の原料がどこで調達されたものか考えると、学芸員さんに聞いた話で、婚礼は江戸で行われたということから、東京湾産のハマグリが使われた可能性が高いようである。全体的な形の特徴が横長であることも、それらしく見える。わずか4個しか見ていないので殻の表面の色・模様の出現頻度は分からないが、全部の殻を丁寧にチェックして、形態指標を計測し、色彩型の頻度分布を見れば産地が東京湾であったか否か、見当がつくかもしれないので、ヤマコ美術博物館の学芸員さんの取り組むべき良い研究テーマとなるかもしれない。

この学芸員さんに、幼稚園でもやっている模擬貝合わせをなぜ博物館で来館者にやってもらわないのかとたずねてみた。実はやってみたくて企画案を出したが、材料の入手が難しくて実現できなかったとの返事で、日向市の蛤碁石の里にも問い合わせたそうである。

アメリカ東部の町フィラデルフィアの自然史博物館Academy of Natural Sciences | Natural History Museum in Philadelphia. (http://www.ansp.org/) では、毎年地元の貝類愛好家団体が主催して博物館で開催されているPhiladelphia Shell Showのアトラクションの一つが貝合わせである。

Shell Matching Game
Think all shells look alike? Play the Shell Matching Game. Ongoing.
http://www.ansp.org/shell/schedule.php

臼杵からの帰り道で車の走行距離がぞろ目になったので、記録撮影:
e0094349_1164170.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-01-24 11:06 | Meretrix ハマグリ
<< ケンペルと貝合わせハマグリの接点 矢倉和三郎がハマグリとチョウセ... >>