beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ケンペルと貝合わせハマグリの接点

ネットで書籍を注文すると国内に在庫があれば数日で配送されて読める、本当に便利な世の中になったものだ。

NHKブックス「ケンペルが見た日本」(ヨーゼフ・クライナー編、1996)という本と、平凡社東洋文庫「江戸参府旅行日記」(ケンペル著、斎藤信訳、1997初版15刷-1977年が1刷)が相次いで配達され、一気に読んでしまった。元本である英語版のHistory of Japan が来るのはまだ少し日数がかかりそうである。

NHKブックスには欲しい関連情報が全くなしだったが、ケンペルが1691年と1692年に長崎と江戸を往復した旅行日誌にはかなり面白い情報があった。

桑名でマツボックリを燃やしてハマグリを焼いて食べさせる風景、瀬戸内海などで寄港した浜で潮干狩りをする人々を見ていること、そして2回目の江戸訪問中、旧暦の3月3日に宿舎となっていた家で雛飾りを見たことを記述している。ミニチュアの貝桶に言及されていないが、旅行日記とは別のところで記述があるかもしれない。旅行中は自由行動ができないように監視されていたし、行動範囲が極めて狭い範囲に制限されていたことが良くわかったので、ケンペルと実物の貝覆い貝との遭遇は結局なかったのかもしれない。

貝覆いのハマグリは17世紀後半までにヨーロッパではその存在を知られていたことは、1702年出版のランフィウスの本で分かっている。その後に分類に使われた貝覆い貝はドイツやデンマークにあったので、ポルトガル経由ではなさそうである。オランダが独占的に日本と貿易関係にあった江戸期の前半頃に、日本の文化情報の一つとしてヨーロッパに伝わったと想像される。ケンペルより前にオランダ東インド会社の幹部が長崎か江戸で貝を入手した可能性は考えられるが、文化的な関心と接点がなければこのような文化財の授受は起こらないだろう。ケンペルは自然史関連標本、特に植物を集めていたが、貝類にも興味があったはずである。

大名家などで婚礼調度品とされた大切な貝殻が江戸時代に海外流出したとは考え難い。また、360枚の殻が2つの桶に入ったセットとして持ち出されたような記述が見つからない。貝桶が文化財となっている日本の博物館は数多いが、海外の美術博物館などで収蔵しているところがあるだろうか。

ケンペルの旅行日誌は当時の日本社会の表面を知るよい記録であるだけでなく、とても面白いタイミングで日本に滞在していた。1回目の旅行中には、桑名付近で江戸から京都に特使として吉良上野介が向かっていた行列と遭遇していた。5代将軍綱吉(の側近柳沢吉保の)命を受けて京の朝廷から母親の桂昌院に特別な位階を授与してもらうための交渉の旅だったかもしれない。

ケンペルは江戸城内で謁見後、将軍と大奥の女性達などの前で所望され、歌を歌いダンスを踊るという芸人の真似事をさせられた。オランダ東インド商会に雇用された医者として、会社の貿易利権を守るためにプライドを押さえていた苦労がしのばれる。

赤穂浪士の討ち入りと富士山の噴火は、ケンペルが日本を去った後だったので、惜しくも見逃した。しかし、綱吉が出した「生類哀れみの令」の通達が、長崎で1692年にあったことを日記に書いているが、WIKIの説明と合っている。

長崎では、もともと豚や鶏などを料理に使うことが多く、生類憐みの令はなかなか徹底しなかったようだ。長崎町年寄は、元禄5年(1692年)および元禄7年(1694年)に、長崎では殺生禁止が徹底していないので今後は下々の者に至るまで遵守せよ、という内容の通達を出しているが、その通達の中でも、長崎にいる唐人とオランダ人については例外として豚や鶏などを食すことを認めていた。

野犬に襲われて怪我をした患者の手当てをしたケンペルは、その犬を処分したかどうか聞き、犬に危害を加えると人間が処罰されることを知って憤慨していた。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-26 18:21 | Meretrix ハマグリ
<< 平瀬貝類博物館写真帖 臼杵の貝合わせ貝探訪 >>