beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

モンスター出現

ハマグリ類は殻の最大長で10センチを超えるととても大きく見えます。今まで調べた範囲で、10センチを超えてさらに大きくなるハマグリの種類は限られていて、温帯性の3種:ハマグリ、チョウセンハマグリ、そしてシナハマグリ、さらに熱帯性の2種(沖縄本島で絶滅した種とフィリピン産の1種で共にまだ分類が確定していないもの)です。

ところが、福井市自然史博物館収蔵標本の中にモンスターが1個ありました。博物館の標本番号FKC-6001、古川コレクションの中でチョウセンハマグリと査定されていたものです。

殻長が139.9mmで、殻重量が589.4gもありました。
e0094349_19473426.jpg
e0094349_19474296.jpg

非常に残念なことですが、産地不詳、何時どこで採集されたものか分かりません。ただし、1948年に寄贈されたということで、それ以前に採取されたもののようです。

チョウセンハマグリであるかどうか、確信がもてませんが、一番近いことは確かです。採集者が何も手がかりを残していないのは悔やまれます。

その実物は見ていませんが、チョウセンハマグリで記録されている、信頼できる最大殻長は日向産126mmです。矢倉が記録した同種の最大は日向の121.5mmでしたが、ほぼ同じサイズの個体が手元にあります。

フィリピン産の大型ハマグリ類の個体が鳥羽水族館のギャラリーに殻長128mmと表示されています。
http://www.aquarium.co.jp/shell/gallery/taiwanhamaguri.jpg
これにはタイワンハマグリの和名とMeretrix meretrixの学名が当てられていますが、分類が混乱している種なのでハマグリ属の1種とするべきでしょう。

柏崎産のハマグリで確保されている最大の個体が119mmで、これが今のところ同種の最大です。もっと大きい個体があったという話を聞いていますが、実物を確認しないことには話になりません。文献上では、矢倉が全国から集めて測定値を残している最大のハマグリは今治でとれた107mmでした。手元には長崎県五島福江島で採取した107mmのタイ記録があります。

シナハマグリも大きくなりますが、手元には殻長104mmまでしかありません。ネットで見かけましたが、貝合わせの素材用に使われているシナハマグリの殻で120mm近いものがあるようです。

沖縄本島で絶滅したハマグリ属の1種では110mmが最大です。東南アジアやインド洋のハマグリ類ではフィリピン産の上記のものを除けば100mmを超える種は知られていません。

以上のように、130mmを超えたハマグリ類として、同属の他種すべてを圧倒し、群を抜いて最大の大きさを誇っているのがここで紹介した貝殻です。つまり、ハマグリの王者と認定しておきましょう。

{追記}
殻の外側表面が粗いこと、全体が三角型であることからハマグリ属ではないかもしれないとひらめき、もしかしたらメキシコハマグリさんでは、と調べてみました。すなわち日向碁石の代用品に使われる貝です。Tivela属はハマグリ属に近縁で、形態に大きな差異はありません。しかし、その実物を過去にしっかり見ていないので査定する眼力はできていません。ハマグリ碁石の里でメキシコハマグリの殻を見ることが出来るはずなので、明日2月1日に押しかけて確かめてみます。

カリフォルニア州のFish Bulletin No. 7 The life-history and growth of the pismo clam (Tivela stlutorum Mawe) by F. W. Weymouth (1923年)という研究報告が出版されていて、冊子は持っていますがオンラインで全文を見ることが出来ます。
http://content.cdlib.org/view?docId=kt3w100324&brand=calisphere&doc.view=entire_text
この中に貝殻の成長輪に関する部分で貝殻の写真がありましたので、それを貼り付けます。
e0094349_8475040.gif

論文には詳しい研究結果のデータが実に詳細に記録されていたので貝殻の大きさと重さの関係を見たら、最大で17センチくらいになり、重量は1キロ半程度です。14センチの重さが600グラムくらいなので、今回の標本とほぼ一致します。

はまぐり碁石の里ではメキハマ碁石が中心となっているようですが、メキシコの工場でくりぬいた原料を輸入し、日向で磨き上げて製品としているそうです。8年くらい前、最初に立ち寄った時は店でメキハマの殻を売っていたと記憶していますが、今日出かけて店内を探しても展示販売されていませんでした。

お店の人に頼んだら、碁石製作工場の奥から殻を出して売ってくれました。左右両方の殻が揃っているものはありませんが、穴が二つ開けられた殻長136mmと、開いていない116mmの計2枚を販売してもらいました。
e0094349_2041750.jpg
e0094349_204283.jpg
e0094349_204368.jpg

福井市自然史博物館の殻より横長でしたが、識別すべき特徴が一致しているので、めでたく確認できました。

博物館標本はチョウハマではなくてメキハマでした。これを寄贈した古川さんはそれと知っていたはずですが、標本ラベルはどうなっていたのでしょう。今回送っていただいた殻には、博物館の標本ロットごとに個別台帳が付いてきましたが、採集者オリジナルの個別のラベルが標本と一緒にこなかったので気になっています。

メキシコハマグリはチョウセンハマグリと同じように外海に面した砂浜海岸に生息しています。カリフォルニア南部からメキシコにかけて分布していて、アメリカの水産学者によって昔から研究されています。その学術情報はチョウセンハマグリの資源管理にとても良い参考となります。ということで、文献を読み直しています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-01-31 20:19 | Meretrix ハマグリ
<< 福井市自然史博物館収蔵の中国産... 福井市自然史博物館収蔵のハマグリ標本 >>