beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

平岩の港

昨日は雑誌の取材を受け、小倉ヶ浜を案内して現状を見てもらいました。

まずは定番の米の山から小倉ヶ浜の全景展望です。良い天気で海は穏やかです。
e0094349_820355.jpg

平岩港は小倉ヶ浜の最南端の岩礁が突き出たところに建設された一般港湾です。ここは、チョウセンハマグリの潜水漁をしている漁船の基地になっていると思います。ところが、漁港ではないことに気づいたのは最近になってからです。港とその防波堤を遠望することができますが、全国的に稀に見る良い砂浜の自然景観を損ねています。

小型船が1隻、平岩港から伊勢が浜まで疾走していました。しかし、ハマグリ漁の漁船の姿はありません。
e0094349_8331366.jpg

沖に向かって突き出た岩礁には周囲から荒波が回り込んで集中して砕けます。(高潮も津波も波高が一段と高くなる場所です)。このような破壊的エネルギーの集中する場所に港を建設することは無謀なことですが、海洋工学の目覚しい進歩があるので、建設できると思い込まれているようです。

荒波から港と航路を守るためにテトラポッドの防波堤が伸ばされ、それが漂砂を堰き止めて航路に堆積して、その浚渫工事費が日向市の乏しい予算を圧迫しているそうです(金額は見つけていません)。

海洋工学分野では、バクダイな研究費の投入で、漂砂の研究が著しく進んでいるそうですが、実際の海ではとにかく構造物を建設してみなければ砂がどのように堆積し、侵食するのか分からないようです。宮崎港などの航路の堆砂問題は工学的に予想できなかったためと弁解されているようですが、分かっていて問題を無視して建設が強行された疑いがもたれます。

小倉ヶ浜の砂浜南部では、この防波堤のおかげで堆積が進んでいるらしく、そのため北側の浜が痩せているかもしれません。その実態を定量的に調べたいのですが、最近撮影された空中写真が入手できません。宮崎市の砂浜海岸では人工衛星写真を購入して変化をモニタリングしているようですが、小倉ヶ浜でも空中写真が必要です(個人が購入するには高価すぎて手がでません)。

塩見川河口の両側と赤岩川河口の前に出て見渡しても、絶好のハマグリ漁日和であって、雛祭りを控えてハマグリに高値が付く時期であるにも関わらず、操業する漁船は全く見られませんでした。

平岩港の中に入って様子を見ると、昼の1時過ぎでしたが係留された漁船が岸壁にずらりと並んでいました。
e0094349_8374972.jpg

特別な休漁日であったのならばともかく、このように良いコンディションで漁船が遊んでいる状態の意味するところは、獲るべき相手がいない、ということでしょう。

平岩港の防波堤はものすごく頑丈に見えますが、砂の上に置かれた不安定な重量物はいずれ崩壊する運命が待っています。
e0094349_8412647.jpg

この堤防が堰き止めている砂の中にはハマグリの眼に見えないような小さな稚貝が一緒にいるでしょう。浚渫されて陸揚げされる砂のなかでどのくらい死滅しているのか?
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-05 08:43 | 海岸
<< タイワンハマグリとは何なのだろう 福井市自然史博物館収蔵の中国産... >>