beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

合わせ貝の種の食い違い

貝覆い貝の種について調べていますが、その貝殻について海外(アメリカとイギリス)の出版物で認識されている種がMeretrix meretrix、つまりタイワンハマグリとなっています。

博物館が問い合わせに応じてくれないし、ニュージーランドの貝類研究者が書いた論文コピーが到着していないので、コペンハーゲン自然史博物館に収蔵されているはずのハマグリMeretrix lusoriaの模式標本に関する具体的な情報がありません。しかし、貝類専門家で図鑑をいくつも出版し、貝類収集の歴史についての本を出したPeter Danceが、2006年のAmerican Conchologistという貝類専門雑誌に投稿した記事に出ていたハマグリ類の種名が混乱していることには驚きました。

論文ではなく、雑文ですが、そのタイトルのスキャン画像です。
e0094349_18293974.jpg

この文には2組の合わせ貝の写真が掲載されていて、最初は伝統的なスタイルの貝殻の裏・表の写真です。この貝は明らかに日本のハマグリM. lusoriaですが、Danceが説明文でつけた学名はM. meretrixつまりタイワンハマグリです。
e0094349_18305844.jpg
e0094349_1831686.jpg

次のペアは内側の絵柄が異なっていて、伝統的な作法ではないようです。
e0094349_18353685.jpg
e0094349_18354496.jpg

おそらく、これが製作されたのは現代で、土産用にペアだけで販売されているもの、そして貝殻はシナハマグリM. petechialisと思われます。Danceはこの貝殻を M. lusoriaハマグリとしています。

Danceが引用していたMary Saul の本 "Shells An illustrated Guide to a timeless and fascinating World" 1974年Doubleday出版には下のような貝桶と合わせ貝、そしてペアの内側の絵柄を紹介しています。貝殻はMeretrix meretrixとされています。
e0094349_18485671.jpg
e0094349_1849423.jpg

Saulはイギリス在住でしたから、この本の写真で示された貝桶と貝殻はロンドンの大英博物館収蔵のものかもしれません。メールで問い合わせた返事では、大英博物館にはケンペル由来の貝桶・合わせ貝は収蔵されていませんが、1930年代に寄贈された貝桶が1個あるそうです。(Saulの写真で桶が1つだったので気になっていました)。

DanceもSaulも共に、日本のハマグリの殻を使って製作された貝覆いの貝をM. meretrixとしたのはとても不思議で、理解できません。19世紀に属レベルまで激しく混乱していたハマグリ類の分類は、20世紀にMeretrix属が安定し、種レベルで1940年代までに一応整理されています。

フランス自然史博物館の標本を中心にして分類を再検討したFischer-Piette et Fischer (1940-41)の論文: Revision des especes vivantes de Meretrix s. s. du Museum National d'Histoire Naturelle (Journal de Conchyliologie) で著者らはハマグリ類の形態の特徴を3つの輪郭で識別しました。下はその模式図に代表種(論文では亜種)を書き加えてあります。
e0094349_192171.jpg

前に紹介した、19世紀のハマグリ類のモノグラフを出したドイツのRoemerの分類とこれとは大体整合しています。フランス語で書かれているためか、このFischer-Piette et Fischerの論文は、その後ほとんど引用されないでいます。

上の論文では、meretrixは円形で左右対象に近い輪郭であり、lusoriaは横長で後方が伸び、輪郭が三角型に近づくという識別のポイントが書かれていて、日本のハマグリと南方のハマグリ類の基本的な差異を反映させています。これに従えば、SaulとDanceは合わせ貝をlusoriaとして当然だったはずです。しかも、日本の貝がlusoriaの分類に使われていた模式標本だったという点とも整合します。それをあえて無視して別の種の名前が付けられていることが理解できません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-11 19:10 | Meretrix ハマグリ
<< 大英博物館に収蔵された合わせ貝 やかましい連中 >>