beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大英博物館に収蔵された合わせ貝

ケンペルが日本の貝覆いセットをヨーロッパに持ち帰った可能性は低かったようです。

ケンペルのコレクションは、その死後に遺族が一括して大英博物館に売却したことがわかっていますので、収蔵されているかどうか、問い合わせました。その詳しい返事が返ってきました:ケンペル由来の品目中に貝覆いはなし、別の貝桶が1個あるが、それはカラッポ、中に貝殻はない、そして単なる合わせ貝のペアが1組(プラス半端が3片)あるということでした。

ペアの貝殻は大英博物館サイトで画像と情報がオンラインで公開されています。学術情報として引用することは構わないということで、ここに引用しておきます。記載情報は簡略化しました。

British Museum, Department: Asia, Registration number: As.7358
http://www.britishmuseum.org/research/search_the_collection_database/search_object_details.aspx
e0094349_94228.jpg

Object types: painting,
Production: Made in Japan, Edo Period
-----------------------------------------
Description: Two parts of bivalve shell, for use in the shell game. Painted with scenes of noblemen.
Dimensions: Length: 8.7 centimetres
-----------------------------------------
Acquisition: Donated by Capt M J B Noordhoek Hegt, Given on 7th July 1871.
Biography of Capt M J B Noordhoek Hegt (1821 - 1894):
Dutch trader in Japan 1862-1894; builder of the Gaiety Theatre in Yokohama.

幕末、維新時代の商館長だったオランダ人が、混乱期のドサクサに流出した合わせ貝を入手してお土産にしたようです。

貝の内側に描かれた絵柄は貴族のオッサンたちが3名、噂話でもやっているような風情の典型的なものです。左の貝には金箔が貼られているのですが、右は銀塗りで黒ずんでいます。大きさが3寸クラスで「小」です。これはどこかで見たのと同じと思ったら、臼杵のヤマコ美術博物館に収蔵されていた貝覆いの貝と同じです。
写真を再度示しておきます。
e0094349_9553420.jpg
e0094349_9554432.jpg

臼杵の合わせ貝は、セットから100個くらい不足しているそうですので、絵柄と大きさ、時代も合っているし、もしかしたら不足分はオランダ人の手に渡ってしまったものかもしれないと空想したくなりました。しかし、金銀の塗り分けの左右が逆ですから、同じセットではなさそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-12 09:58 | Meretrix ハマグリ
<< 天下一 合わせ貝の種の食い違い >>