beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貝殻模様をPCで描く

The Algorithmic Beauty of Sea Shells (The Virtual Laboratory) by Hans Meinhardt
1995年初版で、すでに4版まで出ている本ですが、貝殻の上に現れる模様をコンピュータに描かせるというのが主題です。その初版が出てすぐ購入しましたが、付録として付いてきたフロッピーのプログラムが理解できなかったので、そのまま現在に至っています。

これの真似事は世界中で繰り返し行われているようです。
カリフォルニア大学バークレイ校サイトに大学院生による研究成果の宣伝がありました。
Sea mollusks taste their memories to build shells
By Robert Sanders, Media Relations | 01 April 2009
http://berkeley.edu/news/media/releases/2009/04/01_seashells.shtml
e0094349_2138284.jpg

BERKELEY — University of California, Berkeley, graduate student Alistair Boettiger has amassed a beautiful collection of seashells, but not by combing the beach. He created them in his computer.

これは神経細胞ネットワークモデルとかいうものらしく、元祖の化学反応の波動モデルとは一味違うようです。

本物の貝殻の模様を左に、コンピュータで作ったイメージを右に並べています。その中段右端のペアの二枚貝はマルオミナエシLioconca castrensisですが、これに見られる大小の三角形が複雑に組み合わされたパターンは類縁とは関係なしに、数多くの巻貝と二枚貝に見られます。

先日門川の庵川干潟で拾ったハマグリのハンペラの殻にこのパターンが見事にできていました。殻の大きさは約2センチです。
e0094349_21463818.jpg

この模様が出るハマグリはそれほど多くありません。出ても殻のごく一部に限られていることが多くて、この殻のような見事なパターンは珍品です。

Hans Meinhardt の本の第2版には134頁の8.6図で三角形模様について形成理論が展開されています。この著者は、ある1点から二つの方向に分かれて移動する「殻の色素沈着」を進める部分(外套膜の縁で貝殻の石灰質を沈着させるが、同時に、部分的に色素を沈着させる)の存在と、それを一斉に停止させ、その後に改めて同じような色素沈着を繰り返すようなメカニズムをモデルとしています。

下の8.6図にはマルオミナエシとそれに近縁の数種で見られる三角模様の多様性・複雑さを示しています。
e0094349_10444092.jpg

色素沈着の1点からの2分岐とそのオン・オフの繰り返しというモデルは分かりやすく、その中で、更なる複雑化したパターン形成を理解する基礎となります。成長線(停止線)の前後でパターンのリセットが行われていることが明らかに見えます。

台湾沿岸で採取され、現地の貝類愛好家によって「新種」として記載されたハマグリ類の殻を昨年末に入手しました。下は、台湾沿岸で採れた、それ以前のサンプルの中の似たようなパターンの貝と並べた写真で、左端の貝がいわゆる「新種」です。色模様だけが根拠の新種分類記載で、過去の分類モノグラフをまるで参照していない、「トンデモ新種」です。2世紀前だったらこのような分類記載は普通に行われていたのですが、今の時代に見られるというのはタイムスリップしたような感じです。
e0094349_10484514.jpg

このようなパターンはハマグリ属の各種で見られ、約200年前にラマルクがzonariaという種名をつけました。

模様が派手で変化に富んでいることで、形態の差異を忘れさせる効果があるようです。複数の別種にこの種名が付けられているようですので、ラマルクがどの種を想定していたか決め手が無く、現在の分類上はシノニムとされるようになっています。

台湾の自称新種もおそらくすでに記載されているどれかの色彩変異でしょう。しかし、この台湾北西岸の集団は殻の形態がハマグリとほぼ同じで識別ができません。しかし、分子遺伝的に分化が進んでいて、別種と見なされるほど酵素多型の型が違っています。熱帯海域のハマグリの分類が整理されていないので、これをどう見るか、悩ましい相手です。

Sowerby: Thesourus Conchilyliorum (1851年)に掲載されているCytherea meretrix, Fig. 50はこの台湾産のハマグリとそっくりです。
e0094349_1142378.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-02-16 21:55 | Meretrix ハマグリ
<< 希少な色彩の組み合わせ 延岡市土々呂の櫛津干潟 >>