beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリはハマグリでした

タイトルを見て突っ込みを入れたがる人がいるかもしれませんが、ハマグリについて重要な事実が判明しました。ハマグリの模式標本は疑っていたチョウセンハマグリではなくて、ハマグリです。なんだ、やっぱり。

デンマークのコペンハーゲン博物館からの画像はまだですが、模式標本の写真が出ている論文のコピーが送られてきました。

Cernohorsky, W.O. 1974. Type specimens of Mollusca in the University Zoological Museum, Copenhagen. Records of the Auckland Institute and Museum 11: 143-192.

上の論文にハマグリの模式標本についての記述と写真が掲載されていますので、その部分をスキャンしておきました。
e0094349_7415850.jpg

この論文でsyntypeが1個しかないこと、その殻の大きさは殻長が73.7 mm, 殻高が60.0 mmであることが書かれています。

現在使われているハマグリの学名Meretrix lusoriaの原点を遡ると、リンネ(1758年)Systema Naturae の100番で Venus Chioneという名前の中にRumph. Mus. t. 42, f. G があります。
e0094349_89637.jpg

リンネが引用したRumphiusの本に出ているt. 42, f. G (Chama laevis)の画像はどうしようもないほど単純化されています。リンネがその実物を見たかどうか怪しいものです。
e0094349_816473.jpg

下のRoeding(1798年)の「販売カタログ」リストでVenus lusoriaとされているものが公式に認定された「最初の」ハマグリの学名に関する記載「論文」となっています。
e0094349_894459.jpg

Roedingの記載にはGmelin(1791年):sp. 16 β;そしてChemnitz:6, t. 32, f. 340の2つが参照されています。

Gmelinが記載したsp. 16 β というものは、リンネのVenus Chioneから区分されたものです。下のように、Gmelinの記載には画像がなくて、その記述にはすでにリンネが記したRumphiusに加え、(Pet. aq. amb. t. 18, f. 20)、そしてRoedingも記した (Chemn. Conch. 6. t. 32, f. 340)があります。 
e0094349_810256.jpg

(Chemn. Conch. 6. t. 32, f. 340)という引用は公式に学名表記の参照元として認定されていない(貝類図譜)であるMartini and Chemnitz Conchylien-Cabinet の第6巻、32図版の340図を見よ、という意味です。この貝類図譜は全11巻で、ハマグリが出ている第6巻(1782年)はChemnitzが出版しています。

Chemnitzはドイツ語でハマグリの殻が日本で貝覆いに使われていたことなどを詳しく記載しているようですが、ゴシック文字のドイツ語古文は読解が難しいので、資料を送ってくれたMoolenbeekさんに英語に翻訳をお願いしています(その詳細は後で)。それよりずっと前にRumphiusが日本の貝覆いについて詳しく記述しています。前の記事を参照してください。
http://beachmollu.exblog.jp/11875954

Chemnitzが出した図譜のハマグリの画像は下です。
e0094349_8565194.jpg

Rumphiusのハマグリ画像に比べればまだましですが、これを元にして種が認定・分類されたわけです。

以上をまとめれば、Roeding(1798)が記載したVenus Lusoriaという種名が最初の学名として認められた背景には、Chemnitzの標本の存在とその図譜に出ている画像、その貝殻に貝覆いの絵が描かれていたことの記述、を根拠として種が特定できた、という筋書きのようです。

その絵の描かれた貝殻にチョウセンハマグリが使われていた可能性を追求していましたが、結局ハマグリの殻が使われていたことが判明したので、「意外で、面白い話」にはなりませんでした。

デンマーク博物館の模式標本に話を戻せば、殻長が73.7 mm, 殻高が60.0 mmという大きさは、貝覆いの標準サイズ(小クラスで約9センチ)にかなり劣っています。また、描かれている絵は平安時代かその後の古い話が題材になっているようですが、絵のバックにあるはずの6角形の模様があるかどうか分かりません。つまり、デンマークにある殻が何年頃にどのような経緯でもたらされたものか、その詳細を知る必要があります。

私のヤマカンでは、貝覆いセットとして作られたものではないかもしれません。デンマークからの返事待ちが続きます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-24 09:16 | Meretrix ハマグリ
<< 春の花 柳の花粉集め >>