beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリ類の色彩型

ハマグリ類の殻には同じ集団内で個体による多彩な色彩・模様が現れるので、個体変異が認識されていない時代には色違いの個体がそれぞれ別種にされていました。また、種類が異なっていても同じ模様が出現することがあるので、分類が錯綜して、現在でも混乱したままです。つまり、色分けで分類されていた複数の種が一緒くたに同種にされたりしてきました。さらに、成長に伴い、形態も変化するし、色も変化します。古い文献に「ハマグリ類は二枚貝でもっとも分類が難しい」というコメントが残されています。

海洋生物地理分布ゾーンが異なる沖縄を別にすると、日本の沿岸に分布するハマグリ類はハマグリとチョウセンハマグリ、そして移入種のシナハマグリの3種だけなので、それらを識別することは、見慣れさえすれば、それほど難しくありません。ところが、あちこちのサイトで出ている画像をチェックして見ると、かなり高い頻度で種の査定がバラバラになっています。オンライン図鑑と称するサイトで間違っているのもあるので要注意です。

海外のサイトでハマグリ属の画像を眺めると、事態はさらに深刻で、デタラメに名前が付けられたハマグリ類のオンパレードです。

下のURLは見つけたばかりのサイトですが、国際的なネットワーク上で生物多様性に関する情報を集積して画像、文献、博物館標本などにリンクさせていながら、専門家のチェックがしっかり入っていないような状況が見受けられ、困った事態になっています。ハマグリ属Meretrixでサイト内検索をすると日本を含む各地のハマグリの仲間の画像が出てきます。

http://zipcodezoo.com/default.asp
ZipcodeZoo works to bring the natural world to armchair, amateur, and professional naturalists. Our focus is Applied Biogeography: understanding plants and animals in their place, perhaps even your backyard.

中国と日本でハマグリ類の分類が整合していないため、分類以外の分野、たとえば水産分野の研究情報が混乱していますが、熱帯産の同類では種の認識そのものが怪しいことになっているものが少なくありません。

話を色彩型の問題に戻すと、それぞれの種に特有な型も見られるように思われます。

今日の午後、小倉ヶ浜の最南部でチョウセンハマグリの殻を拾い集めていました。昨年の夏には大量斃死もあり、弱って打ち上げられて死んだ個体が多かったのですが、今日はツメタガイの穴が見られる、捕食による死亡個体の割合が高くなっていたので、少し安心です。(ただし、病原体がウイルス性の場合、温度変化に敏感なのでこんどの夏にはまた大量死が待っているかもしれません:ハマグリインフルエンザ、略して「ハマフル」と仮に呼んでおきます)。中国などのハマグリ類研究情報では、ウイルスや寄生性原虫類などによる疾病問題が多数出ています。

今日は、遠くから見ても一発でハマグリと分かる色彩型の合弁死殻が1個だけ転がっていました。
e0094349_1982028.jpg

この殻は殻長約65 mmで、年輪ごとに断続する濃い色の帯が見られます。未成熟の間は密に茶色の色素を沈着させていますが、成熟サイズに近づくと不連続になって、(色素沈着を休む)白い領域が広がり同心円状で平行の縞々となります。

チョウセンハマグリでは、このような周期的かつ断続的な色素沈着パターンがあまり見られない(大きくなると全く色素を沈着させなくなる個体が多くなる)ので、この型であれば識別が容易です。

下の写真はチョウセンハマグリの死殻です。手に取らないとどちらの種か確認できない色彩型です。
e0094349_19135257.jpg

チョウセンハマグリにも、ハマグリには見られない色彩型があります。

今日拾った殻にもありましたが、茶色の中に薄い色の太い帯紋が2本見られるパターンで、出現率はかなり低いものです。(これに似た、茶色の帯がスダレ模様となる型は両種に共通して出ます。)
e0094349_1917757.jpg

この模様は、ハマグリとチョウセンハマグリに共通の「太い濃色の2本の帯紋」が薄い色の背景に対して目立つパターンの逆転、つまり写真の「ネガ」のようになっています。その様子は画像処理ソフトで遊んでみると良くわかります。

「栗色ネガ chestnut negative」と勝手に名前をつけました。

{追記} チョウセンハマグリの色彩型にも同心円・平行の濃い色の縞模様が出る個体がありました。
e0094349_16393073.jpg

6日の午後、小倉ヶ浜で見つけた殻長約78mmの打ち上げ死殻です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-03-05 19:20 | Meretrix ハマグリ
<< 2010年日本海沿岸ハマグリ調査 ヘイケボタルの幼虫 >>