beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

糸ヶ浜(大分県日出町)のハマグリ

日向市を3月14日朝出発して、用事があった臼杵市経由で正午頃に糸ヶ浜に到着しました。10号線で回り道をしなければ、ドライブで約3時間の距離であり、日帰り調査が可能な場所です。

ここは前に数回訪問しています。
http://beachmollu.exblog.jp/3558818

海浜公園・海水浴場として整備されていて、バンガローでキャンプもできます。
また、隣接した場所にリゾートホテルもあります。
e0094349_2045468.jpg

別府湾の北側に位置して開けた湾であるため、波浪の影響を受けて砂泥質干潟となっています。
e0094349_2054316.jpg
e0094349_2055095.jpg

日本中で同じことをやっていますが、ここでもなぜ砂浜を自然な状態に残しておかなかったのか、理解に苦しみます。砂浜海岸はコンクリート階段にしないと気がすまない土建行政が蔓延しています。

干潮時に空気中に露出した岸辺近くには泥が堆積し、ウミニナ類の群集とスナガニ類の集団が見られます。
e0094349_208953.jpg

このあたりにはツメタガイ、シオフキ、アサリ、トリガイ、カガミガイ、バカガイそしてマテガイなどの死殻が転がっていました。貝殻の破片などを棲管の上に付着させたゴカイの仲間が特に多かったのが印象に残りました。
e0094349_2092788.jpg
e0094349_2093533.jpg
e0094349_2094756.jpg

e0094349_20103244.jpg

e0094349_20202358.jpg

澪筋の周辺に転がっていたハマグリの死殻を拾い集めましたが、死んでからの時間がかなり経過した大型の殻が合弁でゴロゴロしていたので大収穫です。小さい死後間もない合弁の殻もありました。
e0094349_20134364.jpg

帰途の4月1日の午後の干潮に立ち寄った時には大きい殻は少なく、小さい殻を集中して集めました。
e0094349_20135445.jpg

以上の2回の採集で、糸ヶ浜のハマグリの合弁の死殻が大小のシリーズで100個以上確保できたので、集団としての殻形態と色彩・模様の特徴を定量的に示すことができます。

この海岸にはウミネコ(多分)の集団が住み着いているようです。砂の上に糞や羽毛が散らばっていました。
e0094349_20182313.jpg
e0094349_20183683.jpg

ゴカイ類の糞塊が砂のとぐろを巻いていたり、
e0094349_20211529.jpg

モミジガイが砂に潜っていたり、
e0094349_20214892.jpg
e0094349_20215644.jpg

また、大きなフジナミガイの死殻が目立ち、その稚貝の殻も多く見られました。
e0094349_20253573.jpg

フジナミガイとムラサキガイはどのような棲み分け関係になっているのか気になり始めました。

糸ヶ浜のハマグリは漁業権は設定されていなくて、地域住民による潮干狩りの対象になっているようです。今回は、潮はよく引いていましたが、行きも帰りも寒い風が吹いていた悪天候のせいか、以前の訪問時に見られたような大勢の潮干狩り風景は見られませんでした。

潮干狩り風景が見られなかったのはハマグリが減っているためのような気もします。ためしに生きている貝を探ってみたところ、全く見つかりませんでした。ただし、~2才の稚貝の死殻がかなり多かったことから、再生産は続行しているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-05 20:31 | Meretrix ハマグリ
<< 油谷湾と菊ヶ浜(山口県) 守江湾 >>