beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

久美浜のハマグリ

島根県西部の益田市から鳥取県の東端の岩美町までの3月17日のドライブは、山陰道:国道9号線をひた走りで、時間短縮のため出雲から米子まで有料道路を使いました。

鳥取県に入ったところで大山が何とも言えない不思議な光景を見せました。天気が悪かったので写真がいまいちですが、残雪では無いようで、濃い霧が山腹に筋を描いたような印象です。
e0094349_19544282.jpg

鳥取の砂浜海岸では風力発電の風車がずらりと並んでいて、砂浜を見るために海岸に出ることがためらわれます。いつのまにか、ものすごい数の風車が建設されていました。
e0094349_19572148.jpg


岩美町の浦富海岸にある旅館に1泊、いまどき珍しい和式トイレを見てかなり感激しました。

旅行中のブログですでに報告したように大波が砕けている浦富海岸では何もできず、長距離ドライブの後の疲れを癒す休憩時間としました。

翌18日は兵庫県を突っ切り、京丹後市の久美浜に向かいました。京都府の海洋センターの藤原さんの仲介で、久美浜では現地の漁業者の加治さんにあらかじめハマグリを採取してもらい、それを受け取るという、きわめて効率的なサンプリングでした。

携帯電話で指定された場所に10時ごろ到着し、漁船のいけすに入れてあった大小のハマグリ約5キロ(200個体余り)を受け取りました。事前の打ち合わせの電話で、小さい貝が欲しいとお願いしてあったのですが、注文どおりに集めてもらえました。
e0094349_2017847.jpg

流通業を通してハマグリを購入すると、大きさが揃えられていることが普通であって、成長に伴う貝殻の形態変化のデータが得られないことになります。今回のサンプルで日本海のハマグリ集団の特性がより明確になります。(宮津市の阿蘇海産ハマグリのサンプルがすでにあるので、よい比較対象です)
e0094349_20191676.jpg

久美浜は入り江(潟湖)になっていて、小型漁船でハマグリ漁が行われています。

久美浜のハマグリ漁は8本又のヤスで海底をでたらめに突き刺して獲るそうです。現地の海水はかなり濁っていましたが、それは高い生産力を意味しているのでしょう。貝の生息密度が高いから、このような漁法が成り立つと思われます。なお、干満差がとても小さいので、潮干狩りは岸辺のごく狭い範囲でしかできないようです。
e0094349_20214374.jpg

ヤスにはコブが溶接されていて、刺さった貝が滑り落ちないようになっています。また、ごく小さい貝は抜け落ちるので、自動的に資源管理が行われます。
e0094349_20215147.jpg

加治さんの話では、久美浜のハマグリは、漁協を介して流通する量が全体に占める割合は小さく、漁業者が直接相対で売り渡したり、地域での自家消費が大きいとのことでした。つまり、漁獲統計の数字は実際の漁獲量よりはるかに小さいだろうという話でした。

久美浜の潟湖内でハマグリは広く全体的に分布していて、全体の資源量は相当大きなものでしょう。ところが、ここでも(恐らく熊本あたりから)移植放流をやっているそうです。加治さんやちょうど居合わせた漁師さんに話を聞いたところ、放流された貝はほとんどがすぐ死滅するそうです。現地で購入した貝は日本海産の特有の形質を示しているので、放流による遺伝子浸透は現れていないようです。

加治さんの情報では、久美浜に近い兵庫県の円山川のハマグリが昨年豊漁で、その影響を受けた久美浜のハマグリの値が下がったということでした。そして、驚いたことに、円山川のハマグリ漁場が海からかなり離れた(河口から約8km)上流の「玄武洞」付近と聞いて、早速玄武洞までドライブして現地確認をしました。玄武岩の洞窟群が川岸に並んでいる観光地です。海水がこのようなはるか上流まで差し込んでいるはずです。

豊岡市の郊外にある生鮮食品の卸売り流通センターを訪れて、水産部門の担当者から聞き取りましたが、円山川の玄武洞付近で漁獲されたハマグリは最終的に豊岡市内の鮮魚店で販売されているだろうとのことでした。次の行程が迫っていたので円山川産ハマグリのサンプル入手は見送りとしました。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-08 20:50 | Meretrix ハマグリ
<< 若狭、高浜町のハマグリの謎 赤腹 >>