beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

若狭、高浜町のハマグリの謎

福井市自然史博物館サイトにある出版物のアーカイブには、福井県内の海岸で打ち上げられた貝類の分布状況を調査した結果が報告されています。

福岡 修・石田 惣・中川登美雄 (2008): 福井県沿岸に見られる打ち上げ貝
Drift Molluscs on the Coast of Fukui Prefecture, Japan
福井市自然史博物館研究報告 55:123-138
http://www.nature.museum.city.fukui.fukui.jp/shuppan/kenpou/55/55-123-138.pdf

Drift Molluscsといえば、海流に乗って漂流するカイダコやルリガイなどが思い浮かべられるので、打上げられた貝類についての良い英語ではないでしょう。

つまらない突っ込みはさておき、打上げられた貝類のリストにハマグリが含まれていて、福井市の九頭竜川の河口付近の砂浜海岸(三里浜)一帯と若狭・高浜に多いという結果が示されていました。

高浜の若宮海岸ではハマグリが特に多いとして表で二重丸がついていました。以前、現地で打上げの貝殻を見た時にチョウセンハマグリはあったもののハマグリは見かけなかったし、砂浜海岸が外海に開けていて波が荒くてハマグリが成育できるような環境では無いと思われたので、このデータがとても気になります。

3月18日の久美浜訪問の後に高浜に移動し、国民宿舎・城山荘にチェックインし、夕日が落ちる前の海岸を歩いて見ました。城山荘の西側が若宮海岸ですが、宿から離れている上に、海岸に突堤が密に並んでいる景色を見てパスし、東側の海岸を1時間ほど歩いてチェックしました。

ところが東側でも護岸からT字突堤がずらりと並んでいて、城山荘の周辺の岩礁と砂浜が織り成す綺麗な景観をぶち壊しています。
e0094349_1084728.jpg
e0094349_1085519.jpg

海岸通にこのような標語がありましたが、住民の心がけだけでよい景観が守られる筈がありません。
e0094349_10152662.jpg

サーファーが数名、波に乗っていましたが、このような障害物を避ける必要があります。
e0094349_109245.jpg

海岸の砂が波打ち際だけ異様に白いのが気になります。
e0094349_10104960.jpg

海水浴シーズンには砂浜のゴミも打ち上げられた貝殻も清掃されて見られないでしょうが、様々なゴミが山のようにあり、汀線には小型の貝類、ナミノコガイやワスレガイの類が目立ちました。

チョウセンハマグリの小さなハンペラの殻はありましたがハマグリは今回もみつかりません。
e0094349_10133218.jpg
e0094349_10134129.jpg

ハマグリをはぐくむようなまともな川はこの海岸にはなくて、3面張りの水路があるだけです。
e0094349_10173163.jpg

アオサギが数羽いましたが、両岸も川底もコンクリートで、魚の隠れる場所などありません。
e0094349_10183526.jpg


ハマグリが生息していて、その殻が周辺に打ち上げられているような「気配」も「徴候」も何もなしですから、かつての調査でハマグリの殻の打ち上げがあったという話が眉唾物のような気がしました。

ところがどっこい、事実は小説よりも奇なり:まったく不思議で、奇怪です。この高浜町の城山荘のすぐ近く、1kmも離れていない病院の敷地から縄文時代の自然貝層が発掘されていて、その中にハマグリの殻が多数、見つかっています。その報告書(下記)を自然史博物館でいただき、出土ハマグリの殻も見せてもらいました。

博物館専報 第1号 「高浜貝層」 (1993) 165 pp.
福井県高浜町地下の自然貝層に関する調査報告文が、6篇掲載されています。貝層から得られた貝類が、モノクロ図版とともに説明されています。

この場所が縄文時代にどのような地形であったのか、その手がかりが見つかりませんが、ハマグリなどが生息していたこと、そして色々な南方系の貝類が成育していたことから内湾的な環境で砂泥質の海底が現在の陸側にあったことが想像できます。出土したハマグリは殻高が高くて丸みを帯びている日本海産の特徴を示しているようです。

富山湾などの自然貝層や貝塚出土のハマグリの殻は、個体変異の範囲や、大小の形態変化が測定できるような個体数が保存されておらず、現生ハマグリとの比較ができません。そこで、福井市自然史博物館に収蔵されている、高浜貝層のハマグリの殻は日本海沿岸での、古い時代のハマグリの集団的な特徴が読み取れる今のところ唯一の貴重な存在です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-09 10:38 | Meretrix ハマグリ
<< 空振り三振丸 久美浜のハマグリ >>