beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

学術情報の普及

世界的に自然史関連の学術論文・情報のオンライン・アーカイブが急速に充実しているおかげで、日向市という科学・学術の世界から遠く離れている日本の片隅、情報格差の底辺にいても、ほとんど困らない状態になっている。

特に欧米ではBiodiversity Heritage Libraryサイト (http://www.biodiversitylibrary.org/Default.aspx)が強い助っ人となっていて、自然史の黎明期の超レア本を「無料で」ダウンロードできるのがありがたい。日本国内では数少なく、海外の図書室でも館外帯出禁止となっているような貴重・希少図書(古典的な図鑑・図譜など)を自分のPCの画面で見て、必要であればプリントもできる。つまり、古書店のカタログの価格を見てため息が出た書籍が身近になってしまった。

日本海のハマグリ類について情報を集めていて、各地の自然史博物館サイトで収蔵標本のカタログや報告書などをオンライン閲覧できたことは、研究を進める上できわめて効果的であった。たとえば、福井市自然史博物館サイトでは開設された初期の報告書や研究論文、そして収蔵標本のカタログなどが、ほぼ全てpdfファイルとして公開されている。いずれはどの学術研究施設でも同様な情報公開が進むだろうと期待しているが、大学関係、特に国立のものがもっとも遅れるのではないかと思われる。それは、利用者本意の運営ではなく、管理者の都合を優先している文部科学省の会計ルールが強い障壁となっているからである。

図書館とか図書室に収蔵されている図書・文献・資料などは、参照する利用者があって学術情報が有効に利用されるから存在意義がある。そのために、組織的にきちんと管理・運営することは司書の大切な役割であろう。しかし、管理することが目的化されるためか利用者の便宜は管理・運営者の視野に入っていないようである。今回、某有名大学の出先の研究所にある古い文献のコピーを入手しようとして、あきれてしまった。

1945年という出版年と、ローカルな研究施設から一時的に出版された雑誌に掲載されていたので、これまで調べて見た範囲の文献・報告ではまったく参照も引用もされていなかった、レアな報告がたまたま某古書店のカタログに掲載されていた。本文が数十頁の別刷りで、写真図版が10枚付いているものが4200円という値段にビビッて、出版元の研究所の図書室でコピーして送ってもらえないか、と考えた。

問題の研究所は機構再編で名称も研究分野も今では昔とは大きく違っている。しかし、図書室は存続していることが研究所サイトで見つかったので、問い合わせメールを出してみた。その返事がびっくり:大学本部の図書館の相互利用担当に申し込んでください、という。

さらに本部の担当者から来たメール案内で、申請書をファックスあるいは郵送で出せば、コピー代金は前払いで通知し、その確認の後で発送する。面白いことに、送付だけでなく通知のための郵便料金も加算されるのである。これは20年以上も前の情報化時代以前のシステムが今も持続していることを意味している。唯一、文献複写依頼の申請書がダウンロードできることが「シンポ」している。

大学では研究連絡などの通信文書を郵送する場合、1通ごとに会計書類を作成させられたので、あきれて郵便は全部自己負担にしていた。たとえば論文別刷りを多数送り出す場合など、送付書類を作るだけで何時間もかかってしまう。(同じことが今ではpdfファイルでメール添付して、あっと言う間に片付く)

大学に在職中は、大学図書館に欲しい文献がない場合、図書館の係りに必要書類を出しておけば他大学や研究所から取り寄せてくれたので特に面倒はなかった。しかし、その陰で、事務職員が多大な時間の浪費をやっていたわけであった。(本人達は職務を規則どおりやって給料をもらっているだけ)

<以下に大学図書館の係りから来たメールを紹介します(実名は伏せています)>

 複写申込についてご案内いたします。

 複写のお申込は,お手数ですがお近くの公共図書館を通じ、FAXまたは郵送でお願いいたします。お近くに図書館がない場合は、添付ファイルで送らせていただきました文献複写申込書にご記入の上,FAX(xxx-xxx-xxxx)または郵送でお送りください。

 お申込みいただきましたら○○○研究センター図書室に複写依頼をいたします。文献をお送りできる用意ができましたら料金をお知らせしますので、現金書留で下記住所まで料金をお送りください。料金が到着しましたら、複写物を送らせていただきます。

 以下に文献複写お申込の流れと料金についてご案内させていただきました。どうかよろしくお願いいたします。またご不明な点がございましたら、相互利用掛までお問合わせください。

-----------------------------------------------------------
<文献複写の流れ>
文献複写申込  別紙の用紙に記入して郵送またはFAXでお申込みください。

↓料金通知到着  複写物の用意ができましたらハガキで料金をお知らせします。

↓ * FAXでの料金通知をご希望の場合は申込時に書き添えてください。

料金の支払い  複写料金を現金書留でお送りください。料金が到着しましたら、複写物を発送します。

<文献複写申込みについてのお願い>
・ 申込書は1件につき1通作成してください。
・ 書名、雑誌名は省略せずにフルタイトルで記入してください。
・ 欧文の場合はできるだけタイプ打ち、和文は楷書でわかりやすく記入してください。
・ 所蔵典拠を記入してください。
【例】NACSIS-Webcatで確認の場合 書誌ID ○○大学OPACで確認の場合 所蔵場所/請求記号参考調査済の場合はその旨と回答をあわせて記入してください。
 
*料金通知後1ヶ月を経過しても、送金、ご連絡がない場合はお申込を取り消しさせていただきますので、ご了解ください。  

複写料金  モノクロ 1枚40円   カラー 1枚100円
送料 実費
通信費(料金通知はがき又はFAX)  50円

---------------------------------------------------------------

4200円(送料300円プラス)が安く感じられたので、オンラインでクレジット決済のできる古書店に注文してしまいました。

現金書留で送金するように指示があったが、これは会計法上の問題はないだろうか。
受益者負担であっても、通信費を相手方に請求することは正当だろうか。
複写料金は機械の原価償却と消耗品の代金を合わせても高すぎないか。
そもそも、前払い制度というのは研究者を信用しないということであるが、貧乏で払えないことを想定しているのだろうか。(古書店でも学術的な図書は後払いが普通)

学術研究のための情報収集のコストを個人に負担させるシステムを維持するのは学術後進国ニッポンの貧しさだろう。同様なことを欧米の大学図書館に依頼したら、即無料でコピーを送ってくれる。

上の研究所のスタッフで研究分野・興味を共有している人がいたらコピーをお願いしたはずですが、残念ながら知人も同業者もいませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-21 09:17 | 評論
<< 和名ブラザースの往復書簡 ポポーの花 >>