beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

和名ブラザースの往復書簡

ネット上を徘徊すると、時々思いがけなくも面白い巷の情報が転がっています。

日本海と太平洋などで集団遺伝的に分化しているキヌバリとチャガラ(ハゼの仲間の和名)について、AKIHITO天皇ほか著の地理系統についての論文が最近出版されたことを受けて、魚に詳しいダイバーでナチュラリストのねよしさんが、「富戸の波」サイトで詳しい、学術的に上質な突っ込みを入れていました。
http://www.onsenmaru.com/log/log-2009/log-090404.htm

また、同じサイトで、「和名ブラザースの往復書簡」というやり取りが公開されています。
http://www.onsenmaru.com/database/newtopics.php
この中には(主に魚の)和名の付け方についての対立意見が、それぞれについて面白い実例を元にして、しっかりと論理的にかみ合わされて討議されています。

この対話は、単純化すれば、(魚の?)和名の命名は外観・生態を重視するべきか、地名や人名を付けるのがよろしいかどうか、が論点となっています。まだ最終の締めくくり「議論を終えて」が書かれていませんが、個人的には地名や人名を海産生物の和名につけることは極力避けるべきだと考えているので「ねよし」さんの意見を支持します。

「それに最初に深く関わる人(研究者や第一発見者など)が好きな名前を思い入れを込めてつければいいと思います。」という「しげる」さんの意見は、広く現実に実行されてきていることでしょう。しかし、その「思い入れ」というのが曲者です。

貝類の和名では、突っ込みを入れたくなるもの、変更を強く主張したいもの、などがあります。しかし、図鑑などで使われて「標準」和名として定着してしまっているものでは、変更による混乱と不利益が生じるので、涙を呑んで使わざるをえません。ところが、1970年代以後の図鑑の中で行われた貝類の全体的な和名の変更、すなわち従来の和名の後に「カイ」や「ガイ」をつけて、貝類であることを「明らか」にしたことは、多くの貝類の和名をグチャグチャにしました。研究者が思い入れなどを暴走させたら、その結果がトンデモないことになります。

チョウセンハマグリが朝鮮半島に分布しているかどうか、まだ最終的な確認ができていませんが、チョウセンフデやチョウセンサザエなどの熱帯産の貝類が朝鮮半島の沿岸に分布していないことは確かでしょう。

チョウセンハマグリの和名は江戸時代の「目八譜」で使われていて、その命名のいわれを突き止めるに至っていませんが、漢字で「朝鮮」蛤と記載されています。シナハマグリとタイワンハマグリもそれぞれ困ったネーミングですが、チョウセンハマグリは特に困ります。

チョウセンハマグリの学名はMeretrix lamarckii です。これはDeshayesというフランスの貝類学者がラマルク大先生に献名したようですが、その学名の意味を考えると敬意を表したのかどうか疑わしくなります。つまり、直訳すると「ラマルク・娼婦」となります。ところがMeretrixという属名はラマルクが設定したものでした。Deshayesがこの学名をチョウセンハマグリに付けた時に何を考えていたのか、もしかしたら敬意を装っただけかもしれない、というのは考えすぎでしょうか。

チョウセンハマグリのラマルクという種名ですが、それが付けられた以前の学名はCytherea morphinaです。Cythereaという属名もラマルクが提唱したもので、これもMeretrixと同様に怪しい意味のラテン語です。これらの言葉でネット検索すると、日本人の大多数は意味がわからないでしょうが、良い子には見せられないような情報がわんさか出てきます。

リンネが付けたVenusまでは二枚貝の学名として許容できますが、放送禁止用語に相当するような学名を遠慮なく使ったラマルクという人はどのような人格の持ち主だったのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-22 22:19 | 評論
<< 観音滝と大谷川上流の森林公園 学術情報の普及 >>