beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

しおり越の展望台

昨日のサルナシ調査で走った山之口・五郎太線は、北郷区から東郷町に入った部分で少しだけ残っていた未舗装部分が昨年度中に工事完了して、全線が幅4mの基幹林道となっていました。また、昨年までボコボコだった東郷町区間は全面的に補修されて綺麗になっています。ただし、路面には周囲の崖から崩れ落ちた落石と土砂がいたるところにあり、せっかく見事に完成したドライブコースが走りにくくなっています。

途中に下の写真のような看板がありますが、北郷区の部分では伐採中の杉林がありました。水源林造成という事業は、国費を投入し、大規模林道を山に張り巡らし、皆伐で禿山を作ることであると理解しています。

ドライブ中にタヌキとイノシシは見ませんでしたがムジナがいたことはすでに報告しました。
e0094349_19391229.jpg

昨年走った時に気がつかなかった展望台が、しおり越という標高600m余りの峠の一番高い場所にありました。K君がそれを目ざとく見つけたので、車を止めてパノラマ展望を楽しみました。K君いわく、ここは初日の出を見る絶好の場所だが、途中の道が...。(迫の内側から登れば問題はなさそうです)
e0094349_19414921.jpg

東に日向市がパノラマとして見渡せます。展望台ののすぐ南下には東郷町の迫の内集落があり、谷間の谷津田が綺麗です。また耳川の姿も所々に現れます。美しい春の新緑はスギ畠の合間・隙間に見えます。秋の紅葉や春のツツジと山桜などの景観を作っていたら、観光名所になりそうです。

K君は眼下に一面に広がったマダラに見えるスギ畠の景観を見て、何か言いたげでした。中国の木材市場が開拓されつつあると思われますが、それを受けて日向の森林が伐採されて一面に禿山となる日は近いと思われます。広島に本社がある中国木材という大手の製材会社が日向市に進出する話はどこまで進んだのだろうか。
e0094349_19444470.jpg

おまけの画像はツツジに絡みあっていたフジの花、オレンジと紫の花の競演、あるいは狂演というべき姿を見ました。
e0094349_19464577.jpg


<タヌキの尻尾>

森林インストラクターというお上が認定する資格があることを知りました。その概要を当該の(林野庁天下り)サイトで調べてみました。

 「社団法人 全国森林レクリエーション協会」は,昭和62年に農林水産省の許可を得て設立された公益法人です。
 当協会は,森林資源の有効活用,森林の環境保全等との調和の観点に立って,森林のレクリエーション利用の推進と林業経営の活性化等に寄与するとともに,国有林野等の利活用に関する調査研究等を行うことにより,地域社会の発展に資することを目的として活動しています。
 また,当協会では,平成3年から「森林インストラクターの資格認定(農林水産大臣・環境大臣登録事業)」を実施しています。

http://www.shinrinreku.jp/top/index.html
資格試験の要項を見たら、森林について詳しく知らなくても、試験にでそうなことを暗記すれば軽くパスできそうです。潜水士という資格は実際に潜水できなくても筆記試験を受けて取得できますが、それと同じようなものでしょうか。お上が認定する資格の独特の怪しさが感じられます。試験で実技を野外でやらないし、専門家がチェックする態勢になっていないようです。

さらに、子ども樹木博士、という講座?がありました。
http://shinrinreku.jp/kodomo-n/introduce09/index.html
その活動紹介コーナーというウエブページを覗いてみたら、あらまあ、何もありません。

事業仕分けの皆さん、独立行政法人がすんだらこの社団法人もチェックしてください。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-26 19:46 | 日記
<< 宮崎サファリパークの教訓 シマサルナシとウラジロマタタビの蕾 >>