beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宮崎サファリパークの教訓

日向市の某NPOから講演依頼があったので何の話題がよいか考えていた。

そのNPOの総則3条:二酸化炭素削減やエコ、エネルギーやクリーンエネルギー、食の安全問題などお互いに学びあい、協力しながら地球環境を守るためさらに人権擁護、平和の推進を図る運動をしていくことを目的とします。

この前段の2項目(環境と食)と後段の2項目(人権と平和)がどのようにつながるのか理解できないので、何を話したらよいか悩みます。とりあえず、自然環境の保全ということが関心事項なので、講演のテーマとして、日本では認知度が低いジオパークについて紹介してみようかと考えた。自然環境とは生き物だけでないことを理解してもらえることを期待して、日向市民の認識を改めてもらうために取り上げてみたい。

ジオという言葉はエコという言葉と並んで重要であるが、一般市民の間でエコは良く使われているのに対して、ジオは破綻した英語学校と混同されるくらいだろう。

「ジオパークとは何か」(岩松 暉、月刊地球, Vol.31, No.2, 108-113.)という評論がオンラインにある。http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/what_is_geopark.html
岩松さんは鹿児島大学の応用地質の教授を退職された後も活発な文筆活動を続けていて、上の記事以外にもジオパークについて色々な角度から詳しく述べているので、以下にそれぞれの記事のハイライトとなっている部分を取り出して紹介する。

「今なぜジオパークか」(岩松 暉『地質ニュース』No.635, 1-7, 2007)
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/geopark_now.html
4.ユネスコのジオパーク
 このガイドラインを要約すると,ユネスコのジオパークは次のようなものである.
①地質学的重要性だけでなく,考古学的・生態学的もしくは文化的な価値もある1ないしそれ以上のサイトを含む地域である.
②持続可能な社会・経済発展を促進するための経営計画を有する(例えばジオツーリズム).
③地質遺産を保存・改善する方法を示し,地質科学や環境問題の教育に資する.
④公共団体・地域社会ならびに民間による共同行動計画を持つ.
⑤地球遺産の保存に関する最善の実践例を示し,持続可能な開発戦略へ融合していく国際ネットワークの一翼を担う.


「地質遺産と応用地質」(岩松 暉 日本応用地質学会中国四国支部創立15周年記念総会シンポジウム講演概要集, 2-15)  6.地質遺産とジオパーク
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/heritage.html
かつて私が応用地質学会九州支部長だった時代に、支部が創立20周年を迎えた。そこで、『応用地質』誌に「明日の応用地質学会九州支部」という駄文を書いたことがある。その中で、次のようなキーワードを列挙した。すなわち、地方の時代、国際化、環境デザイン、防災、海洋、メンテナンス、情報、技術革新、実力主義である。もっとも、これらを九州支部が実行したかどうかということになると若干問題もあるが…。また、記念論文集など自己満足的な内輪の出版物の代わりに、『九州の大地とともに』という易しい普及書を刊行し、子供たちに応用地質学の有用性をアピールした。

「自然回帰とジオパーク」(岩松暉 東京新聞サンデー大図解ボツ原稿)
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/tokyo0.html
子供たちだけでなく、高齢者にとってもジオパークは魅力があるのではないでしょうか。団塊の世代は高学歴で知的好奇心に富んでいますし、地学が必修だった世代です。地方出身者が多く、自然回帰傾向も強いのです。ジオツーリズムは受け入れられると思います。手つかずに残っている自然をうまく活用して地域の活性化につなげたいものです。

最初にあげた「ジオパークとは何か」の記事を見ていたら「宮崎サファリパーク」という言葉が出てきた。そのような動物公園が宮崎県にあったこと、それが日本で最初に設立されたサファリパークで、わずか10年余りで廃業されて跡地はゴルフ場になっている。岩松さんはこれを取り上げてジオパークの事業推進に当たっての他山の石としている。

③サステイナブル Sustainable
 今年(2009年)中にユネスコ認定の世界ジオパークが出現するであろう.その時は世間の耳目を集めるに違いない.しかし,一時のブームに終わらせてはならない.かつてわが国最初のサファリとして宮崎サファリパークができ,年間入園者100万人を記録したが,10年で閉園した.今は,野良猫ならぬ野良クジャクがはびこっているとか.ジオパークは教育と結びついているのだから,細く長く続ける必要がある.ロングテール・モデルである.
<注> 野良クジャクの件は又聞きなので真偽のほどは分からない.もしも違っていたらお詫びする.


野良孔雀については何も分からなかったが、宮崎サファリパークのその後や動物達の行方などについてネット上に色々な情報が見られる。しかし、どのような理由でこの施設の運営が行き詰まって廃業に追い込まれたのか、詳細を論じた情報は見つからない。

1975年 11月1日 東急 宮崎サファリパーク開園
1986年 11月30日 宮崎サファリパーク閉園(→ゴルフ場に転換)

文献検索で出てきた宮崎サファリパークに関する情報があった。それを見たら公園内の植栽の維持管理に大きな問題があったことが伺い知れる。

小野 佐和子・清水 裕常(1977):自然動物公園の植栽について : 宮崎サファリパークを例として. 造園雑誌 40(3), 59-63
http://ci.nii.ac.jp/els/110004660153.pdf?id=ART0007387194&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1272370284&cp=

これを見たら、動物達が公園内の樹木をひどく荒らしていて、植栽の維持管理が難題となっていたらしい。(現在大分県にあるサファリパークはどうやって存続しているのか分からないが、宮崎では未経験だった人工環境の公園内で動物と植物の共存・調和が取れなかったのではなかったのだろうか)。

現在の宮崎県の山間部などでは、猿、鹿、そして猪などが闊歩する[サファリパーク]となってしまっている。下のブログは県外からの移住者を迎えるための情報サイトにあった。

西米良村の来んね、住まんね情報:2009年08月25日(火)  サファリパーク???
http://ha-tom.org/konsuma/index.php?e=1015

小川地区から村所地区に行く時にとおる『殿様街道』
久々に通ってみました・・・

すると目の前に現れたのは・・・鹿
無視して通り抜けると、数百メートル先に
鹿・・・また鹿・・・また鹿・・・
結局、村所につくまでに4頭の鹿に遭遇しました

改めて鹿の多さを感じた1日でした

鹿さんとっても可愛らしいけど、農作物を荒らしたり、山の木や花を片っ端から食べるのはやめてね


農作物などを荒らす動物の集団を育て、餌付けをしているのは人間であるが、それを敵視して駆除事業を続けるのも人間であり、生態的に調和させて動物たちと共存できない人間はエコを語る資格がないのではないか。

宮崎サファリパークの破綻がどのような経過で進み、何が原因・理由で起こったかが詳しくわかれば、その教訓をその後に活かすことができたかもしれない。失敗を隠蔽することはさらなる失敗を続けるだけになる。

シーガイアのオーシャンドームとか、廃墟となるのが近いと思われるETOランドなどのユニークで意欲的な大型の大衆娯楽施設が宮崎県内で破綻し続けるのは何が問題であるのか、じっくり考えるべきであろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-28 08:23 | 評論
<< ダムの周囲の山林が丸裸 しおり越の展望台 >>