beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

環境破壊的な林業

日本の林業には構造的な問題がいろいろあるが、環境を維持することよりも、目先の収益を優先した林業経営を財政支援し、行政が本来やるべき環境保全が「置き去り」にされていることが最大の問題と思われる。

複雑怪奇な補助金とインフラ整備と称する土建中心の場当たり行政が、林業だけでなく農林水産業全体の衰退をまねいていることは、行政の担当者や現場関係者にはよくわかっていることであろう。しかし、一般市民の眼に触れない山中で行われている林業がどうなっているのか、それが豪雨の際の土砂災害とどのように関係しているのか、たとえば高千穂鉄道を廃業に追い込む「とどめ」を刺したのは天災ではなくて「官災」だったこと、などは林野行政の失敗の尻拭いである「森林税」まで払わされている納税者には周知されていない。

林業経営の問題をカバーアップするために林野庁の天下り法人は「水源林造成」や「緑のオーナー制度」などと称する「詐欺」行為を重ねてきている。自然がつくってくれた天然の水源林を伐採、しかも植林作業のために山腹を丸裸に造成する行為が水源林の破壊であることは言うまでもないことであろう。それを水源ダム(宮崎県では発電用の複合利用が主体)の周辺で堂々とやっているのを見ると、あきれるしかない。

新緑の中で野生サルナシ類の開花・結実調査で林道をドライブするのは気持ちがよいことであるが、良い気分をぶち壊すのがデタラメに植林され、乱雑に伐採された山林の姿である。昨日、5月1日の快晴の山中ドライブで北方から日之影、諸塚の山林を見て、高規格林道と大型機械の組み合わせで急速に裸にされつつある人工林の姿をスナップしてきた。

杉畠の伐採中の現場には「架線作業中」の看板が立てられている。急斜面で切り倒された杉を林道の上に引き上げるウインチとワイヤーが設置されているから、その危険を知らせるためである。場所によっては作業中は林道の通行ができなくなる。
e0094349_755656.jpg

e0094349_79125.jpg
e0094349_792348.jpg

切り倒された杉は枝打ちされ、大型の林業トラックで運び出す長さに切りそろえられるが、そのために丸太を扱う大型の機械が勢ぞろいしている。
e0094349_7144378.jpg
e0094349_7145149.jpg

日本の大型林業機械は数の上では林業先進国よりも勝っているらしいが、植林されている場所が急斜面で林分所有が細切れで伐採のサイクルも何も計画されずに「経営」されてきているため、効率的・持続的な林業が営めないのは当然である。
e0094349_715485.jpg

急斜面の杉はチェーンソーであっと言う間に切り倒されるが、それは極めて危険な作業であろうと思われる。日本では林業現場の人身事故が頻発することが本に書いてあったが、このような危険な現場作業に低賃金で従事する人たちの高齢化(つまり後継者がいない)が進むのは当然であろう。
e0094349_72084.jpg
e0094349_7201823.jpg

伐採された後の斜面は綺麗な裸になっているが、周囲には切り落とされた枝や材木として不良な(金にならない)ものはうち捨てられている。後片付けをする余裕がない(環境負荷を気にしていられない)のだろう。

林業残渣、ゴミの山が谷間から川を流れくだり大雨洪水で海まで運ばれ、途中のダム湖の水面を覆い、海岸に大量に打上げられたり、漁港をふさいでしまう。大きな流木は架橋を破壊し、その復旧事業が国からの手厚い支援で行われて地元の土建業は潤う(県北では災害復旧事業が基幹産業化)が、公的な財政出動が認められない私鉄の鉄橋は壊れたままで放置されてしまった。

製材された杉の丸太の価格は太さや材質でかなり差がつくらしい。適材を適所で育てて自然の営みを効率的に活かす持続的な林業経営は誰も考えていないのだろうか。カナダやニュージーランドの人工林で生産されて輸入される丸太よりも値が高くなるような木材を日本で生産しているのが現状のようであるが、林野庁は輸入される材木が廉いことが日本の林業を圧迫していると「言い逃れ」をしている(過去には廉い南洋材が入っていたがそれは用途が異なる)。
e0094349_7282997.jpg
e0094349_7283983.jpg

大規模に丸裸にされた場所は国有林であろうか。マダラ模様に植林と伐採の場所が入り混じっているのは民有林と思われるが、国有林で林業をやっているとしたら、根本的におかしいことだろう。それも山頂や尾根筋、渓流の河畔まで植林・伐採をやっている。

丸裸の山林からは斜面の土砂が流出する。それとどのような論理でつながるのか分からないが、治山という名目で谷間を塞ぐ大きなダムが次々と建設されている。林野行政がつくるのが治山ダムとよばれていて、真っ白な出来立てがあちこちに出現する。これらの建設コストは相当なものであろう。
e0094349_743027.jpg

コンクリートのダムで岩石・土砂を溜め込むことは、いずれ老朽化したダムの崩壊で土石流の危険度を増大させるのではないだろうか。実際、すでに各地で治山ダムそのものが土石流で崩壊して人身被害を出している。

別枠予算で建設されている砂防ダムの方が圧倒的に数は多く、県内の美しい渓流にはほとんどどこでも数多くのダムが並んでいる。調査に同行したKさんは渓流釣りのベテランであり、谷間を走っている間中、流れのスポットでお魚の様子をうかがっていた。連休中でよい天気であるにもかかわらず、日之影の谷間を流れている渓流に釣り人が全く見られなかったのは、真新しい砂防ダムが上流にあったからだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-02 07:49 | 評論
<< 蕾がいっぱい、さて実は付くでしょうか 県道22号線のシマサルナシ >>