beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

英国DEFRAの口蹄疫に関する情報

英国は日本と同様に島国であって、過去に口蹄疫の大発生を経験している:2001年の2月から9月にかけて総計2,030 例の口蹄疫が確認され、また2007年にも小規模な発生があった。

2001年の口蹄疫について、ウイルスの感染経路に関する調査研究報告の詳細がオンラインで公開されている。これは現在宮崎県で拡大中の口蹄疫を封じるための参考情報になるだろう。

Origin of the UK Foot and Mouth Disease epidemic in 2001
 2001年、英国の口蹄疫大発生の起源
http://www.defra.gov.uk/foodfarm/farmanimal/diseases/atoz/fmd/documents/fmdorigins1.pdf

· There was a single index case for the UK epidemic
英国内で最初の発症が起こった農場が1箇所:Burnside Farmであったことが特定された。

· The source of the infection was infected meat/meat products
consumed by pigs on Burnside Farm (outbreak FMD/04)
感染源のウイルスの侵入ルートはBurnside Farmで豚が食べた肉または肉製品と考えられた。

· Disease was present at Burnside farm on 12 February and
was probably present at the beginning of February/late January.
確認されたのは2月12日であるが、2001年1月末から2月の初めに発症していたらしい。

· The movement of infected pigs from Burnside farm on 8
and 15 February spread disease to pigs in the Essex abattoir
(outbreak FMD/01) from which disease spread to a limited
number of other farms in Essex and Kent.
Burnside Farmの感染豚が2月8日-15日の間にエセックスの屠畜場に運ばれてそこで感染した豚を介して他の農場に広がった。

· Windborne spread from Burnside Farm resulted in the
transmission of FMD virus to sheep at Prestwick Hall farm
(outbreak FMD/06) and their subsequent sale through
Hexham and Longtown markets resulted in infection being
widely disseminated to other parts of the country by animal
or mechanical means.
Burnside Farmから出たウイルスが風に運ばれた感染によってPrestwick Hall farm の羊に感染し、その羊がマーケットで販売されてから動物あるいは他の移動手段で各地に広がった。

· There is no evidence of the existence of FMD disease in the UK, pre-dating the
development of disease at Burnside farm.
最初の発生以前に英国内で口蹄疫が存在していた証拠は見つからなかった。

· The source of the virus for the 2001 epidemic was most
probably infected or contaminated meat or meat products
but it is unlikely that the origin of this material or the route
by which it entered the UK and reached Burnside Farm will
ever be identified.
2001年の口蹄疫大発生の源はウイルスが汚染した(豚の餌として使われた)肉または肉製品であろうと考えられたが、それがどのようにして英国内に入って最初の農場に到達したか、その経路は不明のまま。

(訳者の注)
1 冷凍された状態でウイルスは感染力を長期間保持する。
2 問題のウイルスは東アジア(韓国、日本、中国)で2000年に発生したものと同じO型であった。
3 餌の肉、または肉製品は正規の輸入でなく、偽装された品目あるいは密輸入が疑われた。
4 羊は感染しても症状が顕著でなく発症が分かりにくい。


DEFRAが出している下のファクトシートのファイルに口蹄疫の感染経路がリストアップされている
http://www.defra.gov.uk/foodfarm/farmanimal/diseases/atoz/fmd/documents/factsheet2.pdf

• The following list shows some of the routes by which FMD
can be spread, but where good biosecurity measures can
help to reduce the risk.
 以下の項目はFMD(口蹄疫)が拡散する経路について示している
(効果的なbiosecurityの方策により感染拡大リスクの軽減を図る)

– Contaminated footwear, clothes or hands of people who
have close contact with infected animals, e.g. when
feeding or examining them.
  感染した動物に餌を与えたり、検査したりして密に接触した人の(ウイルスに汚染された)履物、衣類、手

– Equipment that becomes contaminated through use on
or near infected animals.
  感染した動物に触れたり接近してウイルス汚染した機材

– Any vehicle that enters or leaves premises especially those
areas where animals have been.
  感染動物が見つかった場所に出入りした車両

– Contamination from the carcass of an infected animal.
  感染動物の死体による汚染

– Contamination from any place where an infected animal
has been; from pastures, loading ramps, markets, roads, etc.
  感染動物が徘徊、移動し汚染された場所:餌場、寄せ場、市場、道路、その他

– Contamination from other animals such as dogs, cats, poultry
and foxes, which can carry infected material on their feet or
coats, but do not become infected themselves.
  発病はしないがウイルスを含む汚染物質を足や体毛に付着させて運びまわる可能性がある動物達:犬、ネコ、鶏、キツネなど

– Contamination through contact with infected animals
from neighbouring farms where adequate separation
distances are not in place.
  隣接する他の農場から十分な距離がとられていないため感染動物と接触する場合

– Animals eating infected animal products.
  感染した動物の製品を餌にする場合

(注、訳者による)
1 屠殺されて畜肉として人間が消費する部分以外の部分は様々な形で製品化されてペットや飼養される家畜の餌とされている。BSEの発生もこれに関係していたが、FMDでも同様の問題が起こっているらしい。
2 上のリストに漏れているが、ネズミや虫などが汚染された農場からウイルスを運び出す可能性がある。
3 風に乗って運ばれるFMDウイルスがあるかどうか、確証は見つからない(状況証拠から推測された)。
4 汚染された水に含まれるウイルスに要注意。イギリスでワクチンの製造・研究をやっていた施設の配水管からの漏水汚染で口蹄疫が発生した(ウイルスの遺伝子検査でワクチン用だったことが判明)。畜産農家は飼養動物の飲料水が安全かどうか、特に河川水を利用している場合は注意する必要がある。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-09 20:49 | 口蹄疫
<< 自縄自縛状態の官災 マスゴミと口蹄疫 >>