beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高をくくると腹をくくる羽目に陥る

高をくくる、つまり敵と戦うときに相手に関する情報を過小評価すると敗戦につながりかねない。

海外のニュース記事で日本の口蹄疫問題をどのように報道しているのか調べてみたら、特定はされていないが(多分取材を受けた日本の)専門家筋の意見(expert opinion)をもとにしたらしいアメリカの記事を見つけた。その一部を下に引用する。

Foot-And-Mouth Disease outbreak reported in Japan
Submitted by Satish Karat on Sat, 04/24/2010
http://topnews.us/content/217930-foot-and-mouth-disease-outbreak-reported-japan

Experts feel that the epidemic may not cause
much damage to the country’s livestock industry.
During the last outbreak of the epidemic in the
year 2000, 740 cattle were slaughtered and this
was the first outbreak of this disease in 92 years.
The epidemic was controlled timely and did not
cause a lot of damage.


上のレポートは、2000年の口蹄疫が740頭の牛の殺処分で早急に終息し、被害が小さかったことを踏まえ、今回も日本の畜産業が大きな被害をこうむる懸念は少ないと専門家が予想していた(高をくくっていた)ことを伝えている。

これは農水省の公式発表の4日後の報告であるから、発生当初の日本の専門家・関係者が感染拡大について高をくくっていたことを反映させているのではないだろうか。

今日も新たに感染の疑いが出た農場が増えていて、えびの市の牛に陽性反応が確認され、68例目となった。(各ニュースサイト参照)これは、おそらく現地の防疫体制をすり抜けた2次的な感染であろう。これも当初の発生箇所を中心として設定された移動制限区域(20キロ圏内)の中での発生であるが、隣接した鹿児島や熊本では畜産関係者が首をすくめているに違いない。

すでに誰が見ても明らかであるが、現地での殺処分の能力が完全に後手に回っていて、毎日処理される数より新たに増える数がはるかに勝っている。昨日農水大臣が約束した獣医師などの増員(倍増)で十分なのだろうか。辛い不毛な殺処分に関わっている多くの農場・畜産関係者と獣医師や自衛隊員の防疫作業の苦労が報われず、感染拡大が続いている。

すでに発生した農家の悲惨さはもとよりであるが、未発生の農家は恐怖におののきながら、辛い思いを長期間強いられている。農水大臣は、腹をくくって「非常事態宣言」をやるべき段階にあったはずだが、(効果があがっていない)当面の対策のわずかな強化と農家への補償金の積みましでお茶を濁してしまった。当初の判断ミスを犯した専門家のアドバイスが尾を引いていて、霞ヶ関の官僚と専門家の間ではまだ楽観視されているのだろうか。

2000年の宮崎県と北海道で発生した口蹄疫について農水省の専門家達の英文報告がオンラインで公開されている。

K Sugiura, H Ogura, T Okura, M Mase (2006)
Response of Japan to the introduction of exotic animal diseases
Veterinaria Italiana, 42 (4), 443-458
http://www.izs.it/vet_italiana/2006/42_4/p_12_Sugiura.pdf

K. Sugiura, H. Ogura, K. Ito, K. Ishikawa, K. Hoshino & K. Sakamoto (2001)
Rev. sci. tech. Off. int. Epiz., 20 (3), 701-713
Eradication of foot and mouth disease in Japan
http://kashvet.org/pdf/fmd_eradication.pdf

Summary

An outbreak of foot and mouth disease (FMD) was recorded
in Japan in the spring of 2000, the first for ninety-two years.
Between 25 March and 11 May, four farmswere infected.
However, the disease was eradicated without resorting to
vaccination, through a campaign of culling, movement control
of cloven-hoofed animals in areas surrounding infected premises,
and intensive clinical andserological surveillance. Japan regained
FMD-free status by the end ofSeptember 2000. The authors
describe the nature of the outbreaks, the eradication measures
implemented, and the clinical and serological surveillancemethods
used. The possible sources of infection are also examined.
Finally, the direct and indirect economic losses are presented.

ワクチン接種で拡大防止する必要が起こるまで事態が悪化しなかった防疫の取り組みの成功例として国際雑誌で詳細に報告されている。

この2000年の防疫対策:殺処分にかかった直接的な費用は、対象となった牛、宮崎県で3農場の計35頭と北海道の1農場705頭の補償と処理コストの合計で3億円余りとされている。

発生の経過の詳細が記録されているのを見ると、宮崎県の1農場が他の2農場の感染源となったらしいこと、最初の感染は中国から輸入された飼料のムギワラが疑わしいこと、北海道の感染源は特定できなかったこと、などがわかった。当時は中国のムギワラが宮崎と北海道で多量に使われていたが、感染が起こらなかった鹿児島でも同様であった。

時系列で見ると、宮崎県で最初に発生した農場で2000年3月8日に牛の異常が見つかり、検査の結果同月25日に口蹄疫の感染が確認された。つまり症状が出てから17日後に確認であった。その間は防疫態勢がとられていなかっただろう。宮崎で二次感染が確認されたのは二つの農場でそれぞれ4月3日と9日、そして北海道では11日であった。報告には二次感染の経路について行われた追跡調査の記述は見られない(人が運んだことはまず間違いないだろう)。

宮崎県の3農場で殺処分が完了したのは感染確認の翌日で、北海道では4日後の4月15日と記録されている。つまり、感染が疑われた牛すべてが処分されるまでの日数は短く、その後にさらなる感染が起こらなかった。ウイルスの拡大・拡散は3月中に起こっていたが、幸い二次感染が少なく、それもすぐに防疫対策が講じられたのであった。

今回は豚が感染し、しかも初期に発生している。牛に比べ豚がウイルスを激しく拡散させることは専門家と関係者には周知であったようで、一番恐れられていた事態が起こったわけである。それにも関わらず、中央では前回2000年の成功例を踏襲してマニュアルに従って処理すれば防疫はできると思われていたのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-11 13:14 | 口蹄疫
<< 今朝の小倉ヶ浜 自縄自縛状態の官災 >>