beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向灘で口蹄疫ウイルスの海水汚染は起こっているか

口蹄疫の発生した畜産施設、農場をGoogleマップとして地図上に示された有益な情報が出されている。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?cd=2&ie=UTF8&oe=UTF8&brcurrent=3,0x3538ad27167ffc61:0x28f8f7ca786b192a,1&msa=0&msid=103101097783275073929.000485d8ff7f0abb64dbf&ll=32.150037,131.157532&spn=1.046428,1.650696&z=9&source=embed

これを拡大して見ると、作者がコメントしているように各ポイントの位置はそれほど正確ではない。
しかし、口蹄疫が発生している地域全体の様子を鳥瞰できるので、農水省が出している地図
(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/hassei12.pdf)
よりもずっと役に立つ。

国土地理院の地図閲覧サービス、ウオッちず(http://watchizu.gsi.go.jp/)では、画面の位置をクリックすると緯度と経度が出てくるが、GISソフトを使って精度の高い地図上で各発生地点の住所の緯度・経度を打ち込めば地図上に正確に表示できると思われる。宮崎大学あるいは県庁の担当部署で、これをすでにやっているのならば、個人情報は伏せて公開するべきであろう。

グーグルマップのデータポイントを見ていて気がついたことであるが、都農から川南にかけて集中的に発生している場所には海岸に近い場所も含まれているし、地域を流れる名貫川と都農川沿いの場所も見られる。つまり、ウイルスに汚染された排水が、これらの川から海に流れ出ている(た)可能性は否定できないだろう。

海水中でウイルスがどうなるか、滅失までどのくらい時間がかかるか、よく分からないが、日向灘の沿岸部の海水が汚染されていると、それがサーファーに付着して運搬される恐れはないだろうか。

今朝の小倉ヶ浜でも遠くは北海道のナンバープレートを付けた車が駐車場内にあった。ゴールデンウイーク中は全国から多数のサーファーが日向市の小倉ヶ浜から宮崎市までの日向灘全体を訪れただろう。もしも、サーファーがウイルスの運び手となって拡散していたら、と想像もしたくないが、可能性はゼロではなさそうである。

<追記>

海水中の口蹄疫ウイルスの感染能力が保持される長さについて実験データは見つかっていないが、それに関する一般的な総説論文で見ると、海水の物理化学条件はウイルスを保存する傾向が強いかもしれない。

Review
Control and eradication of foot-and-mouth disease
Paul Sutmoller 外、2002年
http://warmwell.com/sutbartsumpt.pdf

3.1.3.1. Persistence of FMD virus in the environment.
An important factor in the transmission of FMD virus is its
relative stability under the right environmental conditions
(Cottral, 1969). Relative humidity levels above
55%, cool temperatures and approximately neutral or
slightly alkaline conditions favor prolonged survival of
infective aerosols and on fomites (Sellers et al., 1971b;
Donaldson, 1986).


上のように書かれていることが正しければ、エアロゾルとして、または汚染物体に付着したウイルスの感染能力が長くなる条件は湿度が高くて温度が低く、弱アルカリ性の環境と考えられる。これはまさに海水の特性である。

防疫の観点から、万全を期するため、日向灘の都農、川南周辺の沿岸を訪れた県外、特に近隣各県のサーファーに注意を呼びかけて、畜産関係施設との接触を避けるように呼びかけるべきだろう。

ウイルス汚染の恐れが考えられる沿岸流がどのように流れたか分からないが、日向市の小倉ヶ浜から宮崎市までは一続きの海である。最近、小倉ヶ浜ではミズクラゲが砂浜に漂着しているので、それが沿岸流の流動範囲の目安になるかもしれない。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-13 12:21 | 口蹄疫
<< OIEに提出された日本の口蹄疫... 今朝の小倉ヶ浜 >>