beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

OIEに提出された日本の口蹄疫レポートの不思議

World Organization of Animal Healthというフランスに本部がある国際機関(OIEと略称)が全世界の口蹄疫やその他の動物の疾病に関する情報を取りまとめて発表している。

今回の日本(宮崎県)の口蹄疫に関する情報は最初の4月20日の緊急報告から5月10日付け(12日提出)の第4 経過報告までの5つの報告がOIEのサイトで開示されている。

日本から情報を発信しているのは農林水産省のDr Toshiro Kawashima (CVO, Animal Health Division, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Tokyo , Japan)とある。

Immediate notification (20/04/2010)
Follow-up report No. 1 (23/04/2010)
Follow-up report No. 2 (28/04/2010)
Follow-up report No. 3 (05/05/2010)
Follow-up report No. 4 (10/05/2010)

5月12日の追加報告4号の全文を下のURLの頁でみることができるが、いくつか不思議なことに気づいた。
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9235
この報告の提出日は5月12日であり、5月4日から11日までの53例のNew Outbreaksの詳細が各事例ごとに表としてまとめられている。

まず、不思議に思ったのは「現状」(outbreak status)について53例の全てがContinuing (or date resolved not provided)、つまり発生中(または処理完了日は示されず)である。

今日新たに農水省のHPで出された「宮崎県における口蹄疫の発生事例の防疫措置の状況」の情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/boueki141.pdf
で見るとわかるが、この53例のほとんどで防疫処置(殺処分と埋設)が完了していない。ところが、OIEに出された報告のまとめでは53例の合計で豚39960頭と牛3316頭がdestroyedとなっている(個別の事例でも同じ)。to be destroyedつまり、殺処分予定数というのを簡略に表現したものかどうか分からないが、違和感を覚えた。サマリー表だけを見たら報告時に防疫処置は終わっていると勘違いされないとも限らない(よく見れば個々の事例の防疫が完了したとは書いていない)。

疫学的なコメントが下のように書かれていた。

Epidemiological comments

Fifty-three outbreaks were found between 6 and 12 May 2010. The total number of outbreaks is 76.

Since all the outbreaks occurred within the movement control areas established on 20 and 28 April, it is considered that the infection is managed to be contained in the limited areas.


4月20日の確認以後、5月5日より前の2週間の合計は23例だったものがその後の1週間で53例増えて合計76例になった事実が述べられている。新しい事例は全てが4月20日(都農、川南)と28日(えびの市)に設定された、限られた地域で発生したので、感染は制限区域内に押さえ込まれている(managed to be containedの意訳)という報告である。

この報告は、確かに現場で起こっている事実を正確に伝えているのだろうが、移動、搬出制限区域内で急速に発生事例数が増えている事実について言及していないし、それを問題視していないように(も)思われる。

この報告を見ている海外の専門家や畜産関係者は、日本の防疫の取り組みの実際について懸念(疑念)を抱くに違いない。

そして、一番不思議なことは、最初の発生日として報告されている(Start date 26/03/2010)と最初の確認日(Date of first confirmation of the event 20/04/2010)の大きな時間差だろう。 これを見たら、周辺国でも発生し、10年前に同じ宮崎県で経験している日本で、口蹄疫の防疫体制が存在しなかったのか、と驚くはずである。

4月20日の最初の報告で(Start date 07/04/2010)と記載してあった。つまり当初は4月7日が発生開始日と考えられていたものが、5月12日の報告で3月26日に修正されたものである。ちなみに、1回目と2回目の追加報告で初発日は3月31日とされ、3回目の5月5日の報告でさらに3月26日に繰り上げられた。31日のものは農水省サイトの第6例から変更された事情が分かるが、26日は何であったのか、分からない。

データは公表されていて、世界中の関係者が見ているのに、肝心なポイントがあいまいでよくわからないことはよろしくない。検査結果などが確定するまで伏せておくことはあるだろうが、新事実やそれに伴った経過情報の変更を分かるようにしていないのは、なぜであろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-14 18:25 | 口蹄疫
<< 野生の鹿の存在と口蹄疫 日向灘で口蹄疫ウイルスの海水汚... >>