beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

野生の鹿の存在と口蹄疫

Control and eradication of foot-and-mouth disease
Virus Research 91 (2003) 101-144 (Paul Sutmoller ほか著者多数)

この総説論文の13頁に野生の鹿が口蹄疫とどのように関わるかを論議している。
ちょっと長いが、該当する部分を引用しておく。

The recent FMD epidemic in the UK has led to the
concern that wildlife species (particularly deer) were
perhaps playing a role in the maintenance of the
epidemic. Similar concerns regarding deer are being
expressed in The Netherlands, which also had a FMD
epidemic in 2001 (Sutmoller, 2001).

The susceptibility of free-living deer in the UK was
studied experimentally in the 1970s following the 1967/
1968 epidemic (Forman and Gibbs, 1974; Forman et al.,
1974; Gibbs et al., 1974) and in the USA by McVicar et
al. (1974). It was observed that deer were susceptible to
FMDV by exposure to infected cattle and were able to
transmit FMD to their own species and to cattle and
sheep. In view of the limited geographical distribution of
wild populations in the UK at that time, it was thought
that deer would not be important species in the
maintenance of FMD in the event of an epidemic.

In the intervening period between these studies in the
1970s and today, the deer populations in many temperate
zones of the world have risen significantly. Consequently,
the validity of the earlier conclusions on the
role of deer in the epidemiology of FMD has to be reevaluated.

Deer range in fields between farms and visit premises
and yards with animal feed and slurry, etc. If FMDV is
present in the environment the chance that free roaming
deer become infected is many magnitudes greater than
the chance of exposure to infection of livestock in pens
or stables. Deer might act as sentinels for FMDV, but
this does not seem to have happened in UK or The
Netherlands. However, if FMDV were to infect the deer
population it would be difficult to control the disease in
that species. The spread of FMD in the deer population
would depend on population density and social organization.
Most likely FMD in deer would run its natural
course and peter out after several weeks or months.

If stamping-out of livestock were the method of
choice to control an outbreak, re-population of the
area with susceptible livestock would be risky, because
the virus may still be present in the area for some length
of time in the deer population. Alternatively, all livestock
in the area could be vaccinated or re-vaccinated,
preferably within 3 months to obtain an optimum
population immunity. The advantage of such an
approach would be that re-population of the area with
vaccinated livestock would not need to wait for the
disappearance of the infection in the deer population.

The opinion that FMD infected deer constitutes a low
risk because sick animals hide and probably die, is not
valid. Like cattle or sheep, susceptible deer are very
infectious prior to the development of lesions while they
still actively move and graze. Also deer with sub-clinical
or minor lesions will still roam around.

ヨーロッパの場合、野生の鹿と家畜の接触の可能性が低かったので、口蹄疫の鹿への感染とその後の問題について懸念、関心はあったが、特に問題視されなかったようである。しかし、この総説の著者は以下のように警戒を呼びかけている。

1970年代までの研究で、口蹄疫ウイルスに感染した牛との接触で鹿が感染すること、そして鹿の間だけでなく牛や羊へ感染を広げることが明らかにされている。しかし、当時の鹿の分布状況から考えて重要な要素とは見なされなかった。

1970年代以降、世界各地で野生鹿の集団が増大していることを踏まえて、鹿と口蹄疫の関係は再評価されるべきである。

野生の鹿は、家畜の飼料や汚物などがある農場の間を自由に移動しているから、その環境に口蹄疫ウイルスが存在する場合は、畜舎に収容されている(移動しない)家畜よりも桁違いに高い感染リスクがあるだろう。

野生の鹿の口蹄疫感染が家畜での感染の「先触れ」となる可能性が考えられるが、それはイギリスやオランダで観察されなかった。

鹿に口蹄疫が広がればそれを制圧することは難しい。広がり方は生息密度や群れの社会構造に依存する。
感染した鹿の集団からウイルスは自然に淘汰され、消えるるだろうが、それには何ヶ月もかかるかも知れない。

家畜の殺処分で口蹄疫の拡大を抑える場合、周囲の鹿が感染した状態であれば、清浄化した後にも鹿のウイルスが残っている可能性があり、再導入した家畜の感染リスクが残る。それを避けるためにはワクチンの反復接種が効果的であろう。

口蹄疫に感染した病気の鹿は隠れて死んでしまうからリスクは小さいという意見は、鹿が発病してからウイルスを周囲に出しながら活動、移動する期間がかなりあるので、正しくない。

今回の宮崎県における口蹄疫は都農町の山中で鹿の高密度分布域からはじまっている。今後、畜産農家での防疫により地域の家畜の清浄化が終わっても鹿の抗体保持状況の調査は欠かせないことになるだろう。

<追記>

動物衛生研究所のHPに口蹄疫に関する総説があった。(オンライン論文検索で見つからなかったものであるが以前からHPに掲載されていたのだろうか)

口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について(総説) (元 ウイルス病研究部・病原ウイルス研究室長 村上洋介) (山口獣医学雑誌. 24, p.1-26(1997) / 日獣会誌. 53, p.257-277(2000)に転載)

http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/FMD/sousetsu1997.html

1997年の論文であるから2000年の口蹄疫発生の前に書かれていたものが、2000年に転載されたようである。関連情報が詳細に書かれている。その中から一部を下に引用する:

(前略)
2) 日本の防疫
 わが国はOIEの口蹄疫清浄度区分でも最も高い清浄度に位置付けられている。このため,国際家畜衛生規則による輸入相手国の口蹄疫清浄度に応じて,農畜産物に輸入禁止,条件輸入などの制限措置を講じ,その清浄度を維持している。また,同時に関連法規に基づいて厳重な検疫体制が敷かれている。しかし,万一わが国で口蹄疫が発生した場合には,「家畜伝染病予防法」(法律第166号,昭和26年5月31日)並びに「海外悪性伝染病防疫要領」などの関連法規に基づき,移動制限と殺処分方式を基本とする防疫措置がとられる。病性決定までの措置や決定後の措置などもこの防疫要領に定められている。


(中略)

おわりに

 口蹄疫には,伝染力が強い,宿主域が広い,早期発見が難しい,及び,ワクチン効果に限界があるなどの防疫上の基本的な問題があり,世界の畜産業にとって,輸出国,輸入国のいずれの立場でも,最も重要な家畜伝染病に位置付けられている。このため,農産物の流通を著しく制約する口蹄疫に対しては,汚染地域では周辺国との協力で広域の清浄化計画が進行中であるとともに,清浄地域では周辺国あるいは経済圏単位で共通の防疫対策がとられている。一方,わが国は世界でも最大級の畜産物輸入国であると同時に,国際的には依然相当数の飼養家畜を有する畜産国でもある。こうした状況下で,口蹄疫が侵入,蔓延して防疫に手間取るような最悪の事態を想定すれば,国内畜産業は多大の直接的な経済被害を受けるばかりでなく,現在制限されている地域の畜産物との内外価格差を考慮すると,わが国の畜産業全体が極めて厳しい立場におかれる恐れがある。ワクチンを使用しない完全な口蹄疫清浄国の立場を保つことが,国内畜産業の安定の前提になっている。従って,万一本病が発生した場合にも,被害を最小限にとどめ常在化させることのないよう,口蹄疫の病性を理解し迅速,的確な対応をとる必要がある。
 (後略)
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-15 12:51 | 口蹄疫
<< 口蹄疫-我が目を疑うできごと OIEに提出された日本の口蹄疫... >>