beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫-我が目を疑うできごと

車の点検整備のため近くの自動車整備工場に出かけ、整備が済んでから帰宅途中で不思議な出来事があった。

本日、16日14時15分頃であるが、国道327号線の永田交差点、つまり交差点の所に農協の機械などが売られている敷地で、消毒ポイントの一つが設置されている場所(これは16日のブログの写真:http://pds.exblog.jp/pds/1/201005/06/49/e0094349_8582161.jpg)で、豚を満載したトラックが目の前を通過した(327号線を東郷町から国道10号線に向け)。こちらは交差点で赤信号、信号待ちであったが、一瞬の出来事で我が目を疑った。豚はトラックの荷台の中で、柵で囲まれていたが、オープンな状態で丸見えだった。豚に気を取られてトラックのナンバープレートを見ることや車種の確認はできなかった。

消毒ポイントは畜産関係の車両を消毒するために設置されている筈であるが、当のトラックがポイント内で消毒されて出てきたのだろうか。トラックを追跡して行く先を確認しておくべきだったが、首をかしげながら自宅に戻った。とりあえず、日向市の家畜防疫担当者にはメールを出しておいた。

日向市の場合、移動制限範囲から外れているが、この8番ポイントは搬出制限区域の中でギリギリの位置である。だからこの場所にポイントが設けられたのだろう。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000140108.pdf

このような場所で白昼堂々と、多数の豚が、トラックで、しかもオープンな状態で運搬されている、という事実はどのように理解してよいのかわからない。生きている成体の豚が搬送されていたので、屠畜場に向かっていたのであろうか。

移動制限に関する県の告示は下のファイルに書かれているが、地図では示されていない。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000140042.pdf
この告知には、搬出を制限する対象として牛や豚などについて「生体に限る」と注がついているが、なぜだろう。

豚が積んであったトラックは東郷町方面から東の方向に向かっていたが、東郷町は全域が搬出制限区域とされている。搬出制限というのは畜産農家の中の家畜を足止めすることではないのだろうか。それとも、域外に運び出してはならない、という意味であろうか。移動制限は完全な足止めであろうが、搬出制限の意味がよくわからない。

その意味、そして具体的に誰が何をしてはいけないのか、県の口蹄疫に関する情報に書かれていないようである。制限に該当する個々の農場の把握とそれぞれに制限の周知徹底を行っているのであろうか。

農水省のHPで記載されていた。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/syh_soti.html#hansyutu_seigen

『口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針』より

移動制限

範囲:発生農場を中心とした半径10km以内の区域
期間:最終発生例の殺処分完了後21日間
内容: 生きた偶蹄類の家畜やその死体等の移動の禁止
    と畜場及び家畜市場の閉鎖 等

搬出制限

範囲:発生農場を中心とした半径10~20km以内の区域
期間:発生から21日間
内容: 生きた偶蹄類の家畜の搬出制限区域以外への移動を禁止
    と畜用以外の家畜を入場させる家畜市場の開催を中止 等


4月20日確認の発生からすでに21日の期間が過ぎているので搬出OKなのだろうか。つまり二次感染を警戒していたが、それが無いことでウイルスの拡散は無かったと見なすのだろうか。分かりにくい制限規則である。

<追記 17日12時20分>

日向市市役所の担当者からメールの返信が届いた。以下にコピペする。

豚を積んだトラックについて‏
差出人: 71400000000000@hyugacity.jp
送信日時: 2010年5月17日 1:15:37
宛先: meretrix_lamarckii@msn.com

農業水産課の松濱 透です。ただいまの時刻は2010/05/17 10:01:25です。  

おはようございます。情報ありがとうございます。早速、畜産振興係の担当係長に早速見せて確認しましたので、報告させていただきます。 その豚は、東郷町からと思われますか、日本ハムが搬出制限区域に入ったため、同域内の出荷が可能となりました。 以上です。色々と気をつけていただいて、ありがとうございました。

合法的にことがなされていたということが分かった。何も伏せないで全文を出しておく。
(掲載してはまずい、合理的な理由があれば固有名など部分的に削除に応じます。)

ジリジリしながら出荷再開を待っていた農家の気持ちは分かるし、現行の法律にのっとって行われた合法的な行為である。これは豚にウイルス感染が起こっていないことを前提にした移動であるが、搬出された豚は感染の有無の検査で陰性だったのだろうか、また開放的な荷台の上で排泄していなかったのだろうか。たとえ出荷前の検査で陰性であっても、潜伏期であった可能性について心配しなかったのだろうか。

南の高鍋に新たな発生が広がっていることが報じられている最中であるが、感染域が南に移動したから北の日向市ではリスクが無くなったと判断されたのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-16 17:42 | 口蹄疫
<< 口蹄疫の緊急事態に対する早期対... 野生の鹿の存在と口蹄疫 >>