beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫の緊急事態に対する早期対処緊急時計画

FAOのサイトで、口蹄疫緊急時対策の準備リストが用意されている国の名前のリストを見つけたら、日本が含まれていなかった。農林水産省は、10年前に運よく早期に解決した実績を誇りにしていて、内部マニュアルだけでOKと思っていたらしい。

FAOの出しているFMD CONTINGENCY PLAN
Preparation of Foot-and-Mouth Disease Contingency Plans
FAO Animal Health Manual No. 16(2002)

この文書を日本語に翻訳しないといけない、と思ってチェックしたら、昨日鹿児島大学の岡本教授がされてご自分のサイトでアップしていた。その一部分であるが、下に引用する。

口蹄疫緊急時対策の準備
第6章 口蹄疫の緊急事態に対する早期対処緊急時計画
(仮訳) 鹿児島大学 岡本嘉六
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Animal%20Health/Contingency%20Plans%20CHAPTER%206.htm

口蹄疫根絶戦略に影響を及ぼす疫学的特徴

口蹄疫のために選択された制御と根絶の戦略に影響を及ぼす多くの疫学的要素とその他の要素が存在する。それには以下のことが含まれる。

● 口蹄疫ウイルスの7つの血清型の間には交差免疫が全くない。血清型の中に、免疫低下に導く可能性がある様々な抗原変異が存在する。

● 口蹄疫は伝播力が最も強い家畜伝染病の一つであり、急速に蔓延し得る。したがって、早期警戒は、まだ局所段階の間に侵入を発見するために不可欠である。重大な社会経済的影響なしでこの疾病を封じ込め、最終的に排除するには、早期の決定的は対処が求められる。効果的であるためには、決して数日ではなく、数時間以内の活動が成功を左右することから、可能な限り短時間で制御措置を講じなければならない。

● 豚はこの疾病の重要な増幅宿主であり、牛は良好な指標宿主であるが、羊はほとんど臨床症状を示さず、その移動と輸送によってウイルスが広がることから比較的短期間での保有宿主と考えられている。

● 人間は口蹄疫に感受性がないが、しばしばウイルスを機械的に伝播する。

● 感染動物は、臨床的徴候を示す数日前からウイルスを排出することがある。

● 回復した牛、アフリカ水牛および羊は、様々な期間ウイルスの保有者となる。

● 野生反芻動物や豚の集団は、感染のための病原巣となり得る。

● 動物相互の直接接触が最も重要な伝播方法であるが、ウイルスはかなりの期間(とくに温帯気候において)環境中に生存し、媒介物による機械伝播も無視できない。

● 口蹄疫ウイルスは、ある種の肉製品と乳製品中で長期間生存し、それらを豚に与えることがもう一つの伝播経路であり、とくに病気の国際的、大陸間の広がりにおいて重要である。

● 温帯気候において風によりかなりの距離に広がることができる。また、多くの環境で地域的な空気伝播も発生する。コンピュータによるモデル化はこの広がりをある程度予測でき、地域割りや発生動向調査に役立てられる。

● 熱帯性気候において、直接接触は最も重要な伝播様式であり、家畜の移動と取引きの様相を把握することは、口蹄疫の制御と根絶の戦略の枠組みとして重要である。

● 不活化ワクチンが口蹄疫に対して広く使われているが、満足できる予防効果を栄養とする場合、ワクチン株は優勢な野外ウイルス株と慎重に一致させなければならない。予防接種は少なくとも80%の有効性を確保しなければならす、真の有効割合を検証するために良好な調査情報が不可欠である。

● いくつかのウイルス株は、一種以上(たとえば、豚や牛)に対する嗜好性が強いものがあり、予防接種キャンペーンの計画に重要な意味を持っている。

● ワクチンによって得られた免疫は、長期間持たない。予防接種とワクチン再接種のキャンペーンは、慎重に的を絞り、包括的かつ一貫性を持って適用する必要がある。

● 予防注射された動物の一部は、その後同じウイルスに暴露されると無症状で経過し、臨床症状の発現に免疫となった時においてさえ、ワクチン接種14日後までは感染を広げることがある。

● 感染とワクチン接種による抗体を識別できる血清学的検査(NSP ELISA試験)が現在、利用可能になっており、集団予防接種に基づく制御と根絶の計画の定期調査をより正確なものにできる。

● 殺処分は予防接種よりも一般的に迅速に口蹄疫を根絶できるが、短期間には非常に費用が嵩み、大量の資源を必要とする。厳密な獣医学的問題は別として、国民の理解と環境問題を考慮に入れなければならない。組み合わせた戦略は多くの場合とても有効である。

[PR]

by beachmollusc | 2010-05-18 08:15 | 口蹄疫
<< 口蹄疫でなぜ防疫のための殺処分 口蹄疫-我が目を疑うできごと >>