beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫ワクチンの問題点

口蹄疫の拡大速度が防疫処理速度を上回って、未処置の積み残しが増大(割合は横ばいだが絶対数は増加)して、ついにバンザイした対策本部が最後の手段、禁じ手のワクチンの使用に踏み切った。

ワクチンの備蓄は知っていたが、それを具体的にどうやって使うのか、またその効果とマイナス効果がどのようなものか、政府の発表ではさっぱり分からない点がいくつもあったので文献を調べてみた。

専門分野ではないし、書いてあることの意味を読み取る点で誤解や理解不足もあるだろうが、自分なりに気にしていたことをまとめておこう。関係する一般的な文献として以下のものを先ほど読み終わった。すべてオンラインで全文が公開されている。

アメリカ農務省のAnimal and Plant Health Inspection Service (APHIS)サイト:
http://www.aphis.usda.gov/

この政府機関の中にFoot-and-Mouth Disease Vaccine について説明したpdf文書がある。
http://www.aphis.usda.gov/publications/animal_health/content/printable_version/fs_fmd_vaccine_07.pdf

この文書の内容と日本で農林水産省が和文で出している情報(下のURL)を対照して読むと、ワクチンの使い方、そして行政的な段取りの意味がわかる。(日本語だけでは手順の意味がわからない)

国が備蓄している口蹄疫(O型)に対するワクチンについて
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/bitiku.pdf
口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針(平成16年12月1日公表)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_bousi/pdf/fmdsisin.pdf


さらに、下のURLの学術的な総説論文を読み込めば、過去の具体的な事例や、効果の検証実験データについてのまとめがわかる。

Strategy for Emergency Vaccination against Foot and Mouth Disease (FMD) 1999年
http://ec.europa.eu/food/fs/sc/scah/out22_en.pdf

A review of emergency foot-and-mouth disease (FMD) vaccines.
P. V. Barnett and H. Carabin (2002) Vaccine, 20, 1505-1514.
http://202.112.160.60/kty/yw/119.pdf

Review - FMD vaccines
T. R. Doel (2003年) Virus Research 91, 81-99.
http://www.lib.cau.edu.cn/oldtsg/kty/yw/118.pdf

日本語では、動物衛生研究所に1997年に発表された文献がある。下にワクチンの部分を一部引用:
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html

口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について(総説) (元 ウイルス病研究部・病原ウイルス研究室長 村上洋介) (山口獣医学雑誌. 24, p.1-26(1997) / 日獣会誌. 53, p.257-277(2000)に転載)

ワクチンの使用は国が必要と判断した場合にのみ指示によって使用することができる。このため,わが国では不測の事態に備えて近年の流行株の抗原性状を勘案してワクチンが備蓄されている。しかし,上述したように口蹄疫ワクチンは不活化ワクチンで,その効果は,例えば豚では豚コレラワクチンの様に優れたものではない。また,ワクチン製造に用いているウイルスの抗原性が,流行株と同一である確率は理論的には低く,著しく異なる場合には効果がないか,あっても弱いので感染を阻止できないという問題や,ワクチンによる免疫成立までに日数を要するなどの問題がある。さらに前述したように,免疫持続期間が比較的短いこと,幼獣の免疫応答が弱いこと,ワクチン接種後の抗原変異や移行抗体の問題など多くの問題もある。また,ワクチン接種しない清浄国の地位を保つことが,畜産物の国際競争力を維持できるという経済的な理由もある61)。このため,ほとんどの先進国では,口蹄疫の発生があった場合にも迅速な殺処分を防疫の柱とし,ワクチンの使用は,発生が多く殺処分のみでは防疫が間に合わない場合に一時的に地域を限定して蔓延を防止する,いわゆる周辺ワクチネーション(戦略ワクチン)を実施することにしている5,36,87,94)。

今回のような緊急事態で用いるワクチンは動物の感染予防のためのものではなく、できるだけ早い時間に未感染の個体に免疫を獲得させて感染の広がりを一時的に足止めする、というものである。つまり、ウイルスの発生源となっている個体の増大を押さえながら時間稼ぎをし、防疫処理(病変が出た、そしてそれと一緒にいて、すでに感染していると見なされた動物の殺処分)を進める。

リング・ワクチネーションと呼ばれ、外から内側に封じ込めることが原則となる。火事場の周辺の火種を取り除く、つまり「防火帯」を作る手法であるが、宮崎県でこれからやろうとしていることは、まさに泥縄で、火事場の真ん中に入って消火活動をやろうといった感じになるだろう。つまり、移動制限区域の半径10キロの円内では高密度のウイルスがエアロゾルになって飛散しているだろうし、川南から新富に飛び火したのが風で運ばれたエアロゾルだったとしたら、一気に10キロの拡散が起こっている。その中だけでワクチン接種と聞いてとても驚いたが、10から20キロの範囲では感染する可能性のある個体を通常の屠畜で取り除くという作戦のようだ。その感染の有無は遺伝子検査ではなくて「見なし」でなされるようである。万全を期して、買い上げて全部処理すれば殺処分と同じであるが、それではお金になる製品とならないで費用だけかさむから、やらないことにしたらしい。

緊急的なワクチン接種では、予防的なワクチンが2週間程度でウイルスに接触しても発症しないレベルとなるのに対し、3-4日程度で発症を押さえる効果が出てくるという実験結果があった。火事場では2週間も待っておられないから、食用としていずれ出荷する場合と異なり、いきなり強力な不活性ワクチンを筋肉注射で接種して、感染してもとにかく発症(さらなるウイルス生産・放出)を止める、というわけである。

緊急ワクチンが接種された動物はキャリヤー(生きていながらウイルスをばら撒く)となるリスクもあって、いずれ殺処分が待っている。抗体の識別問題(ワクチンのものかどうか)は個体識別でわかるのと遺伝子マーカーがすでに付与されているらしいので、上の日本語総説で述べられた問題点の一部は軽減されている。

さて、ワクチンによる防疫対策を緊急避難的に行うことが実際に機能するかどうか、今、諸外国の関係者は注意深く成り行きを見守っているだろう。ヨーロッパでは過去に似たようなことが行われたが、日本のようなやり方は多分初めてである。実験室では再現できない規模、状況で行われるので、その一部始終は今後の口蹄疫勃発対策の重要な情報となる。

上に紹介した総説論文には野生動物、特に鹿については論じられていない。前のブログ記事で紹介したように、鹿がキャリヤーとなる可能性が高いので、宮崎県のケースではこれを無視したまま、現行のマニュアルどおりに進めたら、この地域で畜産の再構築を行う大きな障害、つまりウイルスの再侵入の可能性が残るかもしれない。感染動物の防疫処理が終わり、清浄化の確認のための疫学的調査で家畜だけが対象とされ、鹿(そして念のため猪)のウイルス抗体の調査をしなければならないだろう。しかし、現在の防疫対策の関係者の間で、鹿の存在はシカトされているらしい。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-20 15:16 | 口蹄疫
<< 口蹄疫ウイルスを隠し持つ動物 口蹄疫でなぜ防疫のための殺処分 >>