beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫ウイルスを隠し持つ動物

日向市南部の山中で自然農法を営むKさんがマルタニシを持ってきてくれたので、Kさんのお宅の周辺で起こっている口蹄疫について様子を聞いた。隣接する都農で口蹄疫の発生農場が再発していたからである。

Kさんの家にヤギが飼われているということを聞いたので、すぐに日向市の家畜防疫の係に連絡するようにとアドバイスした。ヤギ小屋は綺麗に掃除していると言っていたが、ウイルスは細菌とは違う。家から道路に出るところに消毒用の消石灰を撒くようにも言って追い返した(車は永田の消毒ポイントを通って消毒済み)。

未確認であるが、Kさんの家族からの伝聞で、日向市の最南部にある寺迫付近で感染の疑いがある農場が出たらしい。前に寺迫小学校でホタルの話の出前授業をやったことがある。その近くにワイナリーやゴルフ場がある。

ヤギが口蹄疫に感染すると症状がどのようになるか、県内で(おそらく国内でも)広報されていないだろう。

カナダの研究所から下の論文で注意を促している。英文の論文なので、日本語で要約を書いておく。

Kitching RP, Hughes GJ. 2002.
Clinical variation in foot and mouth disease: sheep and goats.
Rev Sci Tech. 21(3):505-12.

口蹄疫に感染したヤギと羊は症状が明確に出ない(仔は死亡率が高い)ので、感染が見落とされ、その結果感染拡大が起こりやすい。イギリスの2001年のアウトブレークでは症状が見られなかったがウイルスに感染した羊の輸送で広がった。未発生の地域に新しい感染が起こる場合、これらの動物からの例が過去に多い。防疫のために、これらの動物のウイルス感染が分かるようにするためのスクリーニングの技術開発が求められる。

症状が顕在しない感染動物がキャリヤーとなる問題に注意するべきで、恐らく、水牛の場合も同様であろう。口蹄疫の典型的な症状が出ていないので結果的に感染を見落としたことになっても、不注意だとか怠慢などと獣医を責めてはいけない。今後の課題として、症状が出ないで見逃されやすいキャリヤー動物に充分な注意を払うことである。野生の鹿も同様に扱うべきだろう。今の防疫指針では、疑わしい外部に見える症状を確認してからPCR検査に入るから、症状なしの検体は検査の対象にならない。

外で見て分かるような症状がないため、感染が見落とされている間にウイルスの拡散が起こるはずなので、空気感染から接触感染のブリッジとなる動物を注意深く監視しなければならない。川南を中心にした、ウイルスのエアロゾルが爆発的に増えている所から風に乗って拡散していれば、Kさんのヤギがすでにウイルスを吸い込んでキャッチしているかもしれない。そして、症状も出ないままでウイルスを体外に排出するようになるかもしれない。寺迫で発症した家畜がいたならば、Kさんの家はそのすぐ近くである。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-20 22:53 | 口蹄疫
<< 口蹄疫に関する移動制限と搬出制... 口蹄疫ワクチンの問題点 >>