beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫、間違った風評対策が初動を遅らせる

3年前の鳥インフルの時にウエッブ上で有意義な情報発信を続けた元国会議員でリゾート法の産みの親の一人、笹山さんのブログから一部引用します。

Sasayama’s Weblog  2010/04/21 水曜日
今回宮崎県で発見の口蹄疫ウイルスの感染ルートは?
口蹄疫感染動物の肉は、それ自体、更なる感染源となる

最後に、今回の宮崎・口蹄疫、風評対策を重視したあまり初動が遅れたということはありませんでしょうか?

このあたりで、国なり行政なりマスコミは、風評対策なるものの功罪を検証したほうがいいものとおもわれます。

TVなどで流される口蹄疫に関する以下のメッセージ「人には感染しない。感染牛は市場に出ない。万一食べても人体に影響ない。 」ですが、もう一つの大事なポイントである「感染牛の肉はそれ自体口蹄鉄ウイルスの感染源になる」というのが抜けています。

風評被害にポイントを置きすぎて肝心のポイントが抜けているお粗末さを示しているといってよいでしょう。

牛肉消費減を呼びかねない風評対策のために、「口蹄疫感染肉は食べても人間には感染しません」と「口蹄疫感染肉は決して市場には出回りません」の相矛盾するメッセージを共に風評対策として大衆に伝えることの矛盾とおろかさに、そろそろ、気づくべき時です。
 (まま)

農水と県のHPでは、相変わらず、笹山さんが指摘した矛盾に気がつかず、ネット上では同じメッセージが繰り返されて、風評被害を増幅中である。

今回も農水が10-20キロ圏の畜肉出荷促進を対策方針に出した時点で、官僚が勘違いしていることが証明された。この搬出制限、と言うゾーンに向けて感染が拡大中、つまり、ウイルスの拡散中、潜伏期がタイムラグになっているから、ウイルスがすでに来ているかもしれない場所で、症状が出ていない家畜の肉を加工工場に搬出せよ、という行政命令を出した。日向市内で豚さんがせっせと搬出されていたことはすでに紹介した。

3週間の待機時間が過ぎたら搬出制限域から搬出ができる、というルールは、当然ながら、移動制限区域内で発生が抑えられている、拡散していない、という前提がある。

搬出を始めてすぐ、日向市に隣接する都農の寺迫で発生し、移動制限の中心が北に10キロ近く移された。行政ルールに「そのまんま」従うことの愚かしさに県庁のトップもやっと気がついたようであるが、現場は混乱している。

ウイルスの拡散、感染、発症の1週間から10日のタイムラグを考慮に入れていないルールに気がついたら、そこで合法的に手を打つ、つまり行動速度を調節、言い換えれば即刻の殺処分が決まっていても遅らせるような柔軟な手法を制限区域からの搬出の方に向けるべきである。

日向市でも特例を県に要請、と言うニュースを見たが、国も県も市町村もそろって特例、つまりルール違反せざるを得ないと考えられる行政ルール、そして誤った広報は改善されねばならない。

最後に、感染した肉を食べても人体に影響が無いのだから、バーゲンセールをしてもらって高級牛肉を食べたい、と言った筋があった。どうぞ、その人と大臣と、知事が並んで、感染牛のステーキを食べるシーンをてれび放送での広報に使ってください、公共放送の使命は正確な情報発信です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-26 16:40 | 口蹄疫
<< 自然界の野生生物と共存するウイ... 口蹄疫と国家権力の行使 >>